タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

私はどこの国の人?

この前にスピーチが好きなアフリカ人の話を書きましたが、

あの晩のある方のスピーチの話をちょっと・・・。


そのガーナ人のオッサン(勝手にオッサン呼ばわり!)は、今回ごん兵が受けた試験の監査員で

人相、体形 共に ”オレ様は偉い人” オーラをプンプン匂わせていました。

スピーチもまるで、独裁者並み! 周りをぐるりと見回し、にらみを利かせます。

そしてアメリカ人の政治家ごとく、あちこちの人を指差す。

「俺たち(ガーナ人)は、人の助け(白人)を受けなくても十分やって行ける! そうだな!」 

と、鼻を膨らませて力いっぱい演説。

(ごん兵  「いや、まだ無理だよ・・・」と ボソッ)


うわ~っ!苦手なスピーチ・・・・。 と、私は聞き取りスイッチを完全にOff。(得意!)

聞いている人たちの表情を観察してました。


そして、彼のスピーチが終わって他の人たちが次々にスピーチをしてたんですが、

あれ?

気がつけば、またあのオッサンが立って演説してる。 ワイングラスなんか持っちゃって・・・。


そして、実はこのスピーチ。。。私は聞くつもりなかったんだけど、どうしても耳に入ってきてしまった・・・。


「違法で鉱山で採掘しているチャイニーズ! あれをなんとか食い止めなければいけない!!」

「チャイニーズがビザなしでこの国に入って来ているのは、移民局が中国人からお金をもらっているせいだ!」

「彼らの不審な関係(中国とガーナの移民局)を徹底的に突き止めなければダメだ!なっ!そうだろう!」


022.gif047.gif022.gif

と、こんな感じで彼は非常に熱く語ってました。(怒っていたとも言う)


実は、中国人の違法採掘は確かに鉱山関係の大きな問題でもあると言うことは知ってました。

なぜかと言うと、あるドライバーが私に向かって

「マダムの国の人はいっぱい鉱山で働いてますよ。 違法でね・・」

なんて言ったことがあったんです。

まだ来て間もなかったし、アジア人はみんな”あそこの人”だと思われているような雰囲気があって
私も何度もチャイナ、チャイナって言われてました。


で、その監査員のオッサンが語っている時、ごん兵が耳元でコソコソ。

「手を上げて、”私はチャイニーズではありません” って言っておいたほうがいいよ」


・・・・う~ん・・・

実はですね、

そのオッサンが何度も ”チャイニーズ” って言う度に、ガーナ人の視線をビシバシ感じていたのは確かです。

みんな絶対に私がチャイニーズだと思っているな・・・。  と。

でも、もちろん何も言いませんでしたけどね。


ただ・・・・


翌日の口答試験(インタビュー)で 試験管だったそのオッサンがごん兵に言ったそうです。

「もしかして昨日の夜、君の奥さんは気分を害しただろうか?」  ってね。

はは~っ!やっぱりね。おっさんは私がチャイニーズだと思って話していたんだね。
でも、チャイニーズだと思いつつも、目の前にしてあれだけ見下した演説を出来るのがすごい。


やっぱりね、アジア人はみーんな同じに見えるらしいし
あれだけ威勢のいい国だからそりゃあみんなに知られるのは当然ですけどね。

この前もガーナへ戻ってきた時、空港の職員に 「ニーハオ!」って言われたしね。

でもね~・・・・間違えられてやっぱりなんとなく良い気分がしないのは、私の偏見・差別でしょうかね。


実は、翌日に小さなお土産屋さんに入った時

店員二人がコソコソ言ってるのが聞こえました。

店員1「チャイニーズだな」
店員2「コリアンだよ」    

なので、振り向いて二人に言いました。

「私はチャイニーズでもないし、コリアンでもないよ~」

すると、二人は 「でもアジア人だよね・・・・」  と。

ごん兵がそこで
「アジアでも国はいくつもあるよ。どこだと思う?」 なんてクイズ出した!


店員1 「う~ん、アジア、アジア・・。  あっ!タイ? 」

ブッブ~!

店員2 「あ、わかった!ベトナム!」 


私「・・・・・・無 言 015.gif・・・・・・」


そこでごん兵助け船を出します。

「ほら、アジアで一番技術が進んでいる国はどこだい? トヨタ、ソニー、他にもいっぱいその国の製品だよ」


すると、店員はしばらく考えて・・・(考えんなよ、コラ!)

 「あ~っ わかった! トーキョーだね!」  


・・・まあ、良しとしましょう・・・ (ちゃんと訂正しておきました)


でも、日本を出て何度も痛感することは

「日本人で良かった~!」  ってこと。

親日家の人も多いし、Sushi(寿司)が大好きなんだよ~と言う人も多いし、
やっぱり、日本人は好感もたれているんだな、ってことを感じます。

そうやって日本人だからと言うだけで好感を持ってもらえることは、旅をしているといろんな面で助かります。


今まであちこちでいろんなことに貢献し、日本の人気株を上げてくれた多くの人たちに感謝ですね。

私もその一人になりたいものです。
(未だに子供たちの中には日本はアメリカにあるもんだと思っている子もいるけどね・・・あはは)



さて、

演説大好きなオッサンですが、2回長々とスピーチしたにも関わらず

また誰かのスピーチを聞くと自分ももっと話したくなっちゃうようで、結局あれからまた2回、合計4回もスピーチしてました。
最後はかなりお酒が回ってたようで、顔真っ赤にして何だか野獣っぽくなってたし・・・。

そして

翌日のインタビューの試験の席では、試験官のくせに何度も豪快にあくびをしていたらしく

「まるでHippo(カバ)のような豪快なあくびだったよ。」 と、ごん兵言ってました。037.gif



いつも応援ありがとうございます!
良かったらクリックお願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-09-17 19:20 | ガーナ出来事