タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

大統領亡くなる

寝込んでたごん兵、結局仕事を3日も休んでしまい、今日めでたく(?)出勤。

昨日の朝も熱があったので、またクリニックに行ってきたんですが

ごん兵の隣でまだコンコン咳をする私を見たドクターは

「ついでに、奥さんも念の為血液検査しておきましょう」

と、心配してくださり、私もぶっつりと針刺されてきました。 (二人とも問題なし049.gif



さて、話はポーンと飛びますが、

一昨日だかに、ガーナの大統領が亡くなったそうです。


私たちはガーナのテレビは見ないし、新聞もないので詳しいことはわかりませんが、病気だったということ。


クリニックに行ったらガーナテレビが流れてて、亡くなった大統領の過去の映像が音楽と一緒に流れてました。

話によると、1週間くらいは国民は喪に服すらしいけど、私たちの周りでは特に変わったことはなく、通常運行してます。


ところで


このあたりの葬式ですが、なんだかとっても ”賑やか!”。

黒い服を来た人たちが集まっているので、かろうじて葬式だとわかるものの、あれが黒じゃなければ


”何かのお祝い行事?”

と、勘違いしちゃいそうな雰囲気。

巨大なスピーカーからいくつも置かれ、踊りだしそうな軽快な音楽が流れ、村中に、、、いや隣の村まで届く勢いの音量。


それにしても


ガーナの人って、(たぶんアフリカ人全体にいえるかも)、


大音響大好き!!


よく、このキャンプ内でも週末になると、食堂近辺で音楽を流しているけど、そこにいたら絶対人の話は聞こえないくらい大音響。


食堂から100mほど離れている私たちの部屋にも、ドアを締め切っているにも関わらず


若者が聞く ドスッドスッドスッ!070.gif と、言う音と振動が伝わってくる。


それが夜11時とか12時まで続くからたまんない。

朝4時に起きて仕事に行く人たちがいることはまったく考えていないのか? と不思議に思う。


そして昨日の夜。


平日だというのに、またどっかからドスドスが聞こえてきた。 どうやら近くの村からのよう。


そして、夜中3時に目を覚ますと、まだ ドスドスドスッ!!


なんと、結局朝までずーーーーーーっと音楽鳴りっ放し!!!!


村から大体2キロくらい離れているけど、ここまで聞こえてくるくらいだから、村の人たちはそれはそれはうるさいんだろうなーと思うけど、だれも文句言わないんだろか??

それとも、あれは騒音と感じていないのか??

とっても不思議。。。。



ちなみに、

ニュージーランドなんかでは、近所でうるさくしていたり、楽器や音楽の音が迷惑だと、

「ノイズコントロールセンター」と言う、騒音苦情センターみたいなところに電話かけると、担当者がその場所に行って注意してくれるシステムがあるんですが、あれはとっても便利だった。

一応、自分の住所名前はセンターの人には言うけど、無名で相手に注意が行くっていうシステムで、例えば何回か注意が続くと、その音の元(楽器、音響システム(DCプレーヤーとかね)を持っていかれてしまうというほどの徹底振りです。


ま、所変わればいろんな常識感じ方が違ってくるのは、当然だとは思うけど


私、あんな騒音の中にいたら、絶対耳がおかしくなると思う。


賑やかな居酒屋で大声でしゃべりすぎてから(あ、若い時にね)、どうも耳がおかしくなってうるさい音聞くと耳がキーンとなってしまう体質になってしまった私には、絶対無理な環境だな。


おかげで私、朝3時前からドスドスを聞きながら結局眠れず・・・・。


そして、その音楽、朝6時にはなぜか静かにおさまっている、、、と言う、とーーーても迷惑な話。


なんで音楽を流したのか理由はわからないけど、ごん兵は、

「大統領が亡くなったからじゃないの?」  

なんて、適当なこと言ってました。


大統領の葬儀はいつかわかりませんが、きっと盛大な式になるんだろうな、と想像できます。


そして、またその葬式にかこつけて、村では大音響が流れるんだろうか・・・・・。

葬式くらいは、静寂な静かな音楽流せばいいのに、、、、なんて、思うのはオブローニの発想なんだろうな。




さて、今日は久々に学校行ってきます!

応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-07-26 18:42 | ガーナ出来事