タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

いい加減な料理

昨日の ”なんちゃって料理教室:お菓子編”

生徒のエレンは予定よりも30分も早く到着するほどの意気込みで到着! やる気マンマンです。



で、お茶飲んでから、早速クッキー作り。


とりあえず、私が材料を出してあげて、エレンが混ぜ混ぜ。


そしてものの20分くらいで、ほ~ら!
ぜんぜん、美味しそうじゃないけど・・・。
b0208620_18215023.jpg

後はオーブンへ入れるだけ~060.gif


なんて簡単なんでしょう。


しかし・・・・ 


なんでこう外国のクッキーって形作りが雑でいい加減なんだろう。


日本のクッキーと言えば、ハート型で型抜きしたり、冷蔵庫で冷やして包丁で5ミリに切ったり、とか、本当に几帳面さが現れているクッキーがほとんどです。

だけど、外国(私は主にNZとかオーストラリア)のクッキーのレシピを見ると、形作りのところでは

” スプーンですくってトレイに乗せる ”


と、言う大雑把さ!


でも、はっきり言って、ほとんどのクッキーの生地がとても柔らかくて(=バターの量が半端じゃない)、薄くならして型をくりぬくなんて出来ないのが、あちらのクッキーだからそれは仕方ないけど。



まあ、私は決して几帳面な性格ではないので、大雑把なNZのレシピが結構好き。

冷蔵庫で冷やすとか休ませるとか、そうゆう細かいことは一切なし。

”ガガーッと混ぜるだけ~060.gif


で、私は、スプーンを出すのが面倒なので、片手で適当に丸めてポトンと落とすと言ういい加減さ。


だけど、出来上がりは、ほらっ
b0208620_18402966.jpg

(上のトレイとは違うけど、2回に分けて焼いたので同じクッキーです)


この雑っぽさが逆に美味しそう! (でしょ?)
隣のクッキーがくっついちゃっても、それもいいの、いいの。 のーぷろぶれむ!


と、エレンに指導しておきました。




そんなわけでクッキーは焼けたんですけど、私の内心は

” ランチ食べて行くつもりなのかなあ・・・” 

” たぶん、そうだよなあ・・・”


朝9時過ぎに来て、クッキーはあっと言う間に焼けたのでお昼までにはまだまだ時間がある。
彼女はここから車で3時間のところにある実家に3日間帰るらしいので、たぶん長居はしないだろうなーと思っていたんですが、どーも居心地がいいのかいろんな話をしながらソファでゆったりしてテレビなんかも楽しそうに見てる。


”こりゃ、ランチ決定だな”


と、思ったので、とりあえず粉はあったのでそれで焼きましたよ、超特急で。。。
ほら、ベーグル。
b0208620_18492264.jpg


だけど、これに乗せたりはさんだりする野菜も何にもないので バターとジャムで食べていただきました。

そして、隠し持っていた いざと言う時用の、日本のカップスープの素も出しちゃった!(それも最後の一袋)007.gif 


エレンは、そのコーンスープを美味しい美味しい!と喜んで飲んでいました。(そりゃそうだろう!)




そんなわけで、無事なんちゃって料理教室は終わり簡単ランチも食べていただき、エレンは焼いたクッキーを家族へのお土産として全部持って喜んで帰って行きました。


きっと彼女にしては物足りないランチだったと思うけど、夜になって

「無事に実家に着きました。今日はとても楽しかったです。ありがとう」

と、言う彼女からのメールが届いたので、まあ、良しとしよう。




で、私ベッドに入ってから、 「あ~っ!」  と気づいてしまった。


クッキーにいつも入れる、シナモンとコンデンスミルク入れるの忘れたよ!!!!!!!


どーりで、ちょっと出来上がりがいつもと違ってたはずだ。。。 (気づくのが遅すぎ!)


エレンには黙っておこう・・・



読んでくれてありがとう!
応援おねがいします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-04 19:21 | ガーナ出来事