タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

海の殺し屋に会えたか?!

さて、運よくシャチが内海までやって来たというニュースが舞い込んできたので、ガイドのお兄さんはボートをぶっ飛ばし町の近くまでやってきました。

でも、シャチたちは更に内海の入り江の方へ向かって行ったらしく、私達は彼らを追いかけていきました。



ところで・・・

シャチは別名を ”海の殺し屋”。英語ではOrca:オルカ、 別名:Killer Whale:キラー ウェールとも言われています。
肉食で海洋の食物連鎖の頂点に位置し、武器を使う人間を例外にすると自然界の天敵はいない!んだそうですよ、皆さん。005.gif034.gif

テレビなどでシャチが浜辺で遊ぶ子供のアザラシなんかをバックリ食べてしまう映像なんかを見たことある方もいるかもしれませんが、彼らのあの獲物を狙う姿はまさに ”殺し屋”と言う名前にふさわしいです。

まあ、彼らだって生きて行かなければならないわけで、あれだけの身体を維持するためにはかなり食べないことにはもたないんだから、仕方ないですけどね。


ちょっと話は飛びますが、私昔大好きだった映画が「フリーウィリー」と言う人間に飼われているシャチを子供が海に逃がしてあげるというもので、それを見た時にはシャチがそんなに怖いクジラだとは知りませんでした。
綺麗な体しているし、サメみたいな凶暴そうな目つきもしてないしねえ。


ま、そんなわけで、初めて本物のシャチに会えるのか!? と言う感じでかなり興奮気味な私達でした。


本来のツアーの終了時間が近くなっているので、皆なんとか帰る前にひと目シャチを見たい!と皆目を凝らして探していました。


すると誰かが、 「いた~っ!!」 

海からにょっきりヒレが見えます。
b0208620_1155734.jpg

シャチは群れで移動するのが普通でこれは親子のようです。


身体全部が見れないのは仕方ないけど、やっぱり本物が目の前にいると言うのは感動。
b0208620_11113715.jpg



シャチはほんの数分こうやって泳いでるんですが、またしばらくするとススーッと海の中に入ってしまってなかなか出てきません。だから次に彼らが姿を出す場所がまったくわからず、私達はみんなあっちこっち見て探します。

他のボートもやってきて私達と同じようにシャチが姿を現すのをじっと待ってます。
b0208620_11143019.jpg




結局そこで30分以上シャチを観察したんですが、気がつけば時間がかなり押してまして陽もだいぶ傾き始めてしまってました。
仕方ないのでそこでシャチとはお別れ。


・・・・・あれ? 今何時?・・・・

・・・・7時・・・・



005.gif005.gif005.gif

すーっかり忘れてたよ!
私達、その晩はトフィーノから20分ほど走ったところにある海辺のレストランを予約してあったんだった!!!

そこは、最終オーダーが8時で、私達は7時30分に予約をしていたんですが、ボートが浜辺についた時点で既に7時半!!!!
慌ててツアーデスクのお姉さんに電話をかけてもらい、超特急で行くので待ってて欲しいと伝言し、宇宙服なんて脱ぎ捨てるようにしてそこを去りました。


通常80キロ制限の道を120キロでぶっ飛ばし005.gif着いたのはほぼ8時!

駐車場からも全力疾走で走り、レストランに駆け込んだ私達の姿ったらかなり激しいもんでした。


でも、レストランのウェイターの人たちは笑顔で迎えてくれ(内心はイライラ度高かったはず)、ちゃんとオーダーを取ってくれて無事食事をすることができました。


「は~あ~~~よかったね~~~042.gif
と、全力疾走とストレス度マックス後のビールは最高に美味かった!!!068.gif
b0208620_11265570.jpg




腹をすかせ食事にむしゃぶりつく私達とは正反対に、前のカップルはもうラブラブ世界へまっしぐら!010.gif016.gif053.gif053.gif
b0208620_11284323.jpg


本来はそうゆう場所なんだろうな・・・015.gif
ま、でもいいや、結構満足だったからね。
その前に、私達の汚いいでたちから言ってラブラブのロマンチックモードは無理!ははは



そんなわけで忙しい一日は終了しました。
b0208620_11382059.jpg



つづく

読んだついでにここクリックお願いします。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-12 11:39 | 旅~アメリカ&カナダ