タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

キャンプに侵入者

この前、キャンプの話を書きましたけど、こんなことがありました。

朝、火を起こして朝食の準備をしていたら、遠くから

モォオ〜〜〜〜〜〜ッ!!!

と、言う牛の鳴き声が聞こえてきて、振り返ると親子がこっちに向かってノッシノッシと歩いてきました。

超でっかいので、私はちょっとビビリだったんだけど、ごん兵に

「乳牛は好奇心旺盛だけで、性格は穏やかだから大丈夫」

と、言われたので、さっさとお湯を沸かし目玉焼きなんかを作ったりしてたんだけど、ふっと気配を感じて振り返れば

私の背中から2メートルのところで、じーっと見つめる牛の親子が。。。。005.gif005.gif

ちょっ。。。。。。 牛さんよ、、、ちょっと近すぎだと思うんですが。。

確かにごん兵の言う通り、奴らは本当に興味深そうに私たちの行動を観察し、車のニオイを嗅ぎ、前の晩に捨てたちょっと悪くなったチンゲンサイを食べ、私たちを襲うわけでも脅かすわけでもなく、周りをウロウロしてるだけ。

そして、しばらくすると、どんどん仲間も集まり始め気がつけば20頭くらいの牛に囲まれてしまってました!

で、だんだん、奴らも調子に乗ってバターとか取ろうとしたり、熱いお湯の入った缶をひっくり返したり、あまりにも接近し過ぎて大変なことになっちった。
おちおち朝食食べていられるような状態じゃなくなったので、さっさと片付けて帰ることにしました。
紅茶なんて立って飲んでたからね、私。

b0208620_00111742.jpg
b0208620_23344033.jpg
スパゲティーの空き缶を脇に置いておいたら、なんとそれを口に入れちゃった牛がいてびっくり。
ゴリゴリなに食べてんだ???と思ったら缶だった!! 

すぐに吐き出してたけど、缶は見事にペチャンコ。
そして、その吐き出した缶を、違う牛が「なにそれ?オレも食ってみたいー」 とまだゴリゴリ。あ〜あ。。。

さすがに飲み込みはせず、味のしなくなった缶を吐き出してましたけどね。

帰る支度して火の始末をしたあとも、牛たちは何があるのかとにかく近づいてきて、火の周りにあった大きな石をクンクン、 
そして、まだカンカンに熱い石にペロッと口をくっつけちゃって、ブハッッ!!!!と慌ててたのはかなりウケました。(ホント)
好奇心旺盛にもほどがあるぜ。

あんなにでっかい牛を間近で見た事がなくかなり最初は腰が引けてた私も、帰る頃には好奇心旺盛でちょっとおバカさんのこの牛たちが
妙に可愛く感じちゃったよ。

でも、あんな風にきれいな水と新鮮な草のある広大な土地の中で一日ゆ〜らゆ〜らと生活している牛たち。
それ考えれば、彼らが出すミルク、そしてそれから作られる乳製品はそりゃあ美味いはずだ!と、納得。   

。。でしょ?


読んでくれてありがとう!
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-03-22 00:27 | ニュージーランド

キャンプ

私たちが帰って来てから、毎日夕方になると雷とともに大雨が降ってます。

あれ? 私たちが留守の1ヶ月の間、一度しか雨降らなかった(それもほんのちょっと)とか言ってたのに。。。

あ〜、私ってやっぱり雨オンナなんだな、、、と勝手に思ってます。
(むかーし、私が参加するゴルフコンペの度に雨だったので、みんなから雨女って言われた 057.gif015.gif

ここでの雨は今まさしく恵みの雨なので、大歓迎なんだけどまだ貯水池がたっぷりになるにはほど遠いのか

”今日も断水!” 002.gif 

さて、、、

ニュージーランドで撮った写真を整理していて、ある写真を見てふっと思ったことがあります。

それはこれ

↓↓
b0208620_22184145.jpg
はい、見ればわかる通り、お外でご飯。バーベキューです。

「今日、キャンプ行くか?」 と急遽決めてものの1時間ほどで荷物とテント詰め込んで出かけたんです。
冷蔵庫にあった羊の骨つき肉と鶏肉と、チンゲンサイをパッパと詰め込んで、家の近くの国立公園の山の麓でキャンプ。

こんな光景は、別に珍しくないことだけど、

これが、ガーナだったら。。。。

これはキャンプとか言う楽しいアクティビティーではなく、ごくごく当たり前の ”日常” になるんだな〜〜 (こんな豪華に肉は食べられないだろうけど)

と改めて思ったわけです。

丸太や枝を毎日集め、火を起こし料理をする。

と言う、この行動は、ある国では『たまにやるワイルドなアクティビティー』 =『楽しいこと』になり、
ガーナのような国では『生きて行く為の手段』= 『大変な仕事』になる。
キャンプなんて、日本じゃわざわざ大金払って、テント、BBQセット、寝袋なんかを揃えて「キャンプすること」をあえて楽しいこととして選ぶ。

でも、誰に聞いても毎日は絶対やだ〜って言うはず。
たまにやるから、そして珍しいから楽しいんであって、これが毎日の生活だったらやってらんなーい!と日本のキャンプ大好きな家族のみなさんは思うんじゃないかな。私だって1泊でもうたくさん!って感じだったし。

そう思うと、人間って不思議なもんだなーと思います。

あえて、大変なこと、不便なことを選ぶことがあるってこと。

もしかして、人間の細胞の中にSMっけが入ってるんじゃねーの? とか思っちゃう。037.gif  。。え、思っちゃわない?

キャンプ大好きな男(ごん兵)だって、さすがに歳とったせいかたった1泊だったのに、帰ってきてシャワー浴びて自分たちのベッドに寝た途端
「あ〜、キャンプって楽しいけど、やっぱりベッドで寝るのがいいよな〜」とつくづく言ってました。

b0208620_22492936.jpg
b0208620_23081045.jpg
特に、ニュージーランドはこんな風に適当な場所で熊や蛇なんかを恐れる事なく、キャンプできるっていうとってもラッキーな国なんで、誰もいない山の中で寝ても大丈夫! おまけに運(あと腕)がよければ、そこの川からマスなんか釣ってディナーにできる。
そうなると、ますます楽しいアクティビティーになる。  でも、1泊でたくさん。037.gif

ちなみに、
ちょうど私たちがキャンプした晩は、空には月も雲もなく、ミルキーウェーがはっきりくっきり見えて、私の言語許容量内では表現できないほど素晴らしい満点の星空を見る事ができました。  でも、地べたに寝るのも1泊でいいや025.gif。。。(翌日二人とも身体のあちこちが痛くて大変だった〜)

と、キャンプすること、について、ちょっと違った側面から考えてみたってわけー。
だから、なんだ? って言われても困るんだけども。

ま、私の場合、そんな 風に比べたり、考えたりすることで、少しでもここでの不便な生活を楽しめるようになればな〜と思ったりしてるところがあります。

断水も楽しめ!汚い水で身体を洗うことも楽しめ!不便を楽しめ! 


。。。。。。。。。。。。077.gif (考え中)。。。。。。。


いや〜っダメだ。やっぱ楽しめなーい!! あはは。

私の頭がガーナ生活に戻るにはもうちょっと時間がかかりそうです。


訪問ありがとう!
よかったら押して行ってくださいまし。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-03-17 23:21 | ニュージーランド

時差ぼけ

皆様、こんにちは。

ブログアップをせずに1ヶ月以上、、、、。
それでも覗きに来て下さった方々、大変申し訳ありませんでした。

一昨日の夜、無事ニュージーランドからガーナに戻ってきました。
なんだかいつもよりもひどい時差ぼけ。。025.gif025.gif

ガーナの家に帰って来た途端、知人から電話があって、

「水不足で日中は断水だから、夜の数時間水が出てる内にバケツでも鍋でも使って水を確保しておきなさいよ!」

と、ありがたい忠告を頂きました。  

そして水道の水を開けば、 ”濁った茶色の水!”

これが唯一の水なのね。。。
あ〜あ、アフリカ生活に戻ったんだなーーーと、実感させられる一瞬。

水の出るうちにシャワー浴びちゃえ!ってんで、荷解きもせずにシャワーを浴びたんだけど、水の臭さ、洗った後の髪の感触(油がくっついているような感じ)に、ごん兵も私もどよよ〜〜んとした気分になったよ。

どうやら私たちがいる間、ずっと雨が降らなくてとにかく暑かったらしい。
このあたりの水道水をためている池の水位がかなり下がっているらしく、その水もきっとどろんどろんに濁っているんだろうなーと、水道から出て来る茶色の水を見て簡単に想像できます。

あ〜、ニュージーランドは良かった。
水も空気もきれいで、久しぶりに見る青い空と、透き通った水のながれる川にひたすら感動してました、私たち。
b0208620_19295753.jpg

最初に家でシャワーを浴びた時なんて、

「ひや〜〜あ!水が臭わない、きれい! そんでもって、なんか髪が別物、ツルツル〜!!」 と、叫んでました。

ほんのわずかな事でも感動してた私たち。 でもそんな感動ができるのもここガーナに住んでいるから!
ありがたく思わなきゃね。。。。あれ? そうなのか?


あと、もっとも感じるのが、この湿度の違い。

はっきり言って、ニュージーランドはちょっと乾燥しすぎ?ってほどカラっカラなので、私の天然パーのクルクル髪もなんかさらっと落ち着いてたり、肌なんか乾燥してカピカピな感じになっちゃってました。毎日クリームたっぷり塗らないとだめ。
天気が良くても動かなければろくに汗もかかないので、ドロドロの汗を毎日かいているガーナの私たちからすれば、思わず
「今日は汗かいてないからシャワー浴びなくてもいいんじゃね?」とか言っちゃうほど。 あはは。 

で、ガーナに帰って来た途端。。。

なにこれ? ってほど、私の髪は軽快に踊りまくりめくれ上がり、肌もなんかベタベタ〜〜。
シャワー浴びても、水が汚いからすでにベタベタ〜。。。  涙 007.gif 

まあね、でもこんなのも慣れていくんです。

ただ、
この時差ボケと、環境の違いに慣れるには、もうちょっと時間を頂きたい。


b0208620_19313881.jpg
あ〜、こんなきれいな水がここガーナに流れていたら。。。。。

みんな顔突っ込んでゴクゴク飲んじゃうんじゃないの?
でも、みんな汚い身体や服や食器を洗うから、こんなきれいな水もすぐに汚れるんだろうなー。

ちなみに、この川で魚釣りちょこっとしたんだけど、魚、、、泳いでるの見えます、はい。
引っかかっただけで、釣れなかったけどね。

さて、そんなこんなで、またガーナから日常をお届けします。
よろしかったまたどうぞ。


人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-03-16 20:05 | ガーナ出来事

フェンス作戦

私たちが住んでいるこの社宅(っていうのかな)は、かなーり古いって話は愚痴とともに散々言ってきましたけど
さらに、たいていの家にあるフェンスさえもなくなってます。

過去にフェンスが存在したんだろうなーと、言うコンクリートの棒がおっ立っているけど、フェンスはきっとだいぶ前にぶっ壊れたか、誰かが持って行ったかと思われます。

で、フェンスがないことで、たびたび困る事が発生しているので住宅担当者、言い訳大臣役立たずのコリンにフェンスをつけてもらえないか、と相談したら、返事は予想した通り、「あ〜、お金がないからねえー。モゴモゴ。。。(いつも言葉の最後は口ごもって何言ってるかわかんない)」 との事。

万が一、役立たず王コリンがオッケーと言っても、作業に入るまでには簡単に1年はかかるとここに長く住むオブローニに言われたので、家のごん兵、勝手にフェンス手配して作り始めちゃいました〜!!!

ここガーナで何か仕事をお願いすると、日が暮れるどころか、年を越してしまうノロさなんです。
だから、ガーナ人の尻を叩いて仕事をさせるよりも、さっさと自分たちでしてしまった方がストレスもないし、技術的にも遥かに上手にできるよ〜!と同じく、自分たちでフェンスを作ったお向かいさんのカナダ人夫婦にアドバイスも頂いたので、さっそく着工だ!


持って来たフェンス。 
b0208620_23512476.jpg
b0208620_23522831.jpg
昨日の休み、3時間くらいかけて、一人でせっせと取り付けてたけど、なんせ敷地が広いのでとても1日や2日で終わる作業ではない。
とりあえず、やり方をコフィに教えて彼に頑張ってもらうそうです。

でも、これでこの裏山↑↑からブタが降りて来る事もなくなるぞい!

ええ、実は人間よりも遥かにでっかい灰色のブタが降りてきたことがあるんです。
猫に餌をあげてたら、なんか強烈な鼻息の音が聞こえ、白猫ブルーが飛び跳ねて逃げたんです。
また犬でも来たか?と見たらば。。。。。  ありゃま、、、、でっかいブタ〜!!!!
裏山の奥に住むガーナ人が飼っているんだそうですが、あまりにもでっかく、そして猫を威嚇しててびっくり。

あと、小学生くらいの子供たちがキッチンの裏戸からこっそり入ろうとしていたのも見つけたことがあって、そのあと家のパイナップルが盗まれてたこともあったんです。

それから、もう一つ最低なのが、、

隣の家(毒を盛られてなくなった銀行マネージャーが住んでいた空き家)には常に警備員がいるんですが、彼らってば、何故か家のそとの水道水を飲みに来たり、そこで茶碗洗ったり、してるんです。

更に!

なんと、お手伝いのコフィに聞いたんですが、彼らわが家の敷地内で ウ○コ もしてるんだそうだ!!ひえ〜!!

夜に草むらでするのは蛇とかいるので嫌なんでしょう。
あと、ちょうど私たちの家の後ろは草がなくて、でも大きめの葉っぱがあっていい具合に尻が拭けて、周りからの死角にもなるのでちょうどいいのかと。。。。。オイッ!
だからって人ん家ですんじゃねーよっ!  047.gif047.gif047.gif

私はコフィに聞くまで知らなかったけど、今まで何度もあるそうでその度にコフィがスコップで片付けてるっていうんだから驚き。

でも、そういえば、朝洗濯物を干している時に、たまーに風の向きによってウ○コのニオイがしてきてたなあ。。。 (オイ、私!)
まあ、でもそんなのはここでは普通っていうか、そこらへんでの立ちションはもう普通も普通。それが日常。ゴルフ場でも林で大をしている人いるしねー。

でも、それを聞いたごん兵。。。。。そりゃもうドッカン!031.gif047.gif 

絶対フェンスだ!!!と言うことになったわけです。

あ〜、これでフェンスが完成した暁には。。。。。。いよいよ。。。。
ムフフ。。。
ワンちゃんですかあ〜?  


あ、そうそう。
フェンスは、もともとあったコンクリートの棒にくっつけているんですが、なんとたわわになっているパパイヤの木がフェンスの外になってしまうんです〜〜。002.gif  あ〜あ〜。 ほら↓↓ こんな感じ。
b0208620_00000885.jpg

バナナはこっち側にあるからオッケーなんだけどね。
ブタに食べられない前にフェンスを越えて確保しとこっ!


さて、

実は私たち、明後日の水曜日ニュージーランドに向けて出発します。
1ヶ月ほど帰ってきます。水曜日にでてニュージーランドに着くのは金曜日の夕方なので3日がかりの旅。
そして、我が家のあるワナカに着くのは更に数日後です。

まず、最初に着くクライストチャーチでは、友人たちとさっそくディナーの予定が入ってます。うはっ、何食べよう〜〜!
あ〜楽しみ。



人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-02-11 00:36 | ガーナ出来事

味覚の違い

この前、お手伝いのコフィにサラダ菜を食べさせてみました。

前の村でも同じように掃除のお姉ちゃんにキューピーマヨネーズをつけてサラダを食べさせたことがあるんだけど
そのときの彼女は  「ペッ!」と吐き出して、「これ、キライ!」とはっきり言われました。

なので、若い腹を空かした男のコフィはどうだ?  と実験。

余計なことは話さないコフィだし、ほとんどの会話は 「イエス、マダム」と「イエス、サー」 の返事の彼。

さあ、なんて言うだろう?!

サラダを口にして、もぐもぐ食べてる彼をじっと観察する私。

私に見られているのが明らかに居心地悪そうだ。。。。037.gif  どう見ても美味しいと感じている顔してない。。

あ〜、きっとマズいんだな。。。。。

そして。。。

「コフィ、キライだったら吐き出していいんだよー」  と言った私にコフィは

「だ、大丈夫です。美味しいです!」  なんて言ってました。   絶対ウソだな、とわかったんだけど、キライ、マズいとは言えなかったんでしょう。私が怖くてね。。。037.gif


やっぱり、小さい時から鍛えられた味覚って大事だなーと思います。

ただの白米でも、美味しいと感じる日本人、私。

白いご飯は、味もなんもしなくてつまらない食べ物で嫌いだった。 と、子供の頃を振り返る、イモ大好きなニュージーランド人ごん兵。
何も味付けしてないイモだって同じじゃん! と思うけど、これもまた文化、味覚の違いなんだな。

そして、ここのガーナ人。

はっきり言って、ここの人たちが普段食べているものを同じように食べる機会はほとんどないので、詳しいことはわかんないけど
どう見ても、近寄ってニオイを嗅いでも、美味しそうな感じはないなあ。

これは学校の庭で売ってるもの。
b0208620_19300751.jpg
この赤! この赤が大事!!!   
っていうか、ガーナの料理みんなこんな色してます。

トマト、タマネギ、唐辛子は料理に欠かせないとばかりにいろんなものがこんな色してます。

ニオイはねえ、、、、、、 うーーーーん。。。。 
決して美味しそうなニオイじゃない。 

でも、ここの子供たちはまあ、それはそれは美味しそうにいただくわけですね。当然だけど。
b0208620_19341940.jpg

でも、他の国の人からみれば、日本の納豆とかだって、ニオイも見た目も絶対美味しそうには感じないだろうからね。

ごん兵も、日本に帰るごとに私が食べる納豆を一口食べて、なんとか ”日本の味” に頑張って慣れようと努力はしてるようですけど、
どうもあのネバネバがどうしてもダメだそうです。
そうだろうな、、、と、思いますけどね。

私もここ、ガーナの味を味わってみたい気持ちはあるんだけど、

その前に。。。。

この国の衛生面がまったく信用できないので、その時点で引いてしまう。
紙もないのにいったいトイレでなにで拭くんだ?とあまり考えたくない、その手で作られる料理は。。。ちょっとごめんだな。

サバイバルでよっぽど食べ物がなくて腹ぺこで死にそうだったら食べるけどもさ。


あ〜、美味しい日本のガーナチョコが食べたいなあー。
ガーナとは名ばかりでここでは美味しいチョコはないよん!カカオの木はいっぱいあるけどね。

人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-02-08 19:47 | ガーナ出来事

未確認飛行物体?

この前の日曜日の事。

いつものように朝から風の向きばかりを気にしていたごん兵ですが、9時半に携帯電話が鳴った!

相手は、警備員の男性。(名前忘れた)
ごん兵が何度も山のてっぺんに上って、いろんなツテを使ってパラグライダーのテイクオフできるように整備されつつある空き地なんですが、
そこには上から下を見下ろし見張っている警備員がいるので、何度も通ううちにお友達になったらしい。

そして、その警備員男性、

「ボス!風の向きがどうも良い感じですぜ!」    

と、義理堅く報告の電話をくれたようです。

そんなこと言われちゃ行くでしょ〜、あの男は。。。。。ねえ。

で、長く滞在しないって言う条件で私も行ったんです。(あまりにも暑くて日陰もない場所に長く立ってはいられないのでね)

そしたら、あらら、、、本当に良い風吹いてんじゃん。

実は前にも同じように電話くれたんだけど、まったく逆方向からの風で、風の強さ的には最高だったんだけど、残念ながら真逆。。。015.gif
、、ってことがあって、ごん兵が念をおして ”こっちの方から吹かないとダメだから! あっちからの風はダメなんだよ”
と、何故ダメなのかほとんどわかってないような警備員君でしたけど、とりあえず風向きだけは理解したようです。


そして、さっそく飛んだわけなんだけど、、、
b0208620_00260549.jpg
なんと、ごん兵が飛んでたら

ランディングする上空から、鉱山にしつこく出入りする ”ガラムセ”と呼ばれる 泥棒二人を発見したらしい。

このガラムセと呼ばれる人たちは、簡単に泥棒、、なんて言うもんじゃなく、集落まで作ってしまう大所帯。
以前、ガーナの軍隊と警察が2000人ほどのガラムセを強制撤去させたほど、ここにはガラムセがうじょうじょ。

その雇い主は。。。。。 前にも話したけど、、、、ええ、日本のお隣の国の方々です。  

さて、そのガラムセたち。暗くなってから鉱山に忍び込み、穴を掘り地下に隠れて3、4日そこで掘り続けているらしいので
私たちは普段は見かけません。

でも、日曜日でみんな休んでいることを知ってるガラムセは油断したんでしょうね。
日の高いうちに林を通り、普段は車も通らない場所を歩いていた。。。

そしたら、見た事もないでっかいもん(パラグラダー)が上空を飛んできて、どうも自分たちをめがけて飛んでる!!!!

ヤバい!捕まる!  

と、思った泥棒たちは、金が入っている石が入った袋を放り投げ林に逃げて行ったそうです。

ごん兵は、別に彼らがガラムセとは最初思わなかったらしいけど、一目散に逃げるのを見て泥棒だとわかったらしい。
でも、ガラムセたちからすれば、今までにない警備体制だ!!とおったまげたかもしれません。なんかそれを想像すると笑えるけど。。。

私と警備員君で車で迎えに行ったら、地面には泥棒たちが置いていった米袋30キロ大ほどの袋が二つ。
更に、きっと何日もこもって仕事してたらしく、オンボロのバックパック、シャツ、ぞうり、ビニールに入ったお酒、なども置き去りにされてました。

いやいや、お遊びで思いがけず手柄を得た(?)ごん兵。

トップのマネージャーなんか
「これからもっと頻繁に飛んでくれ」  と冗談で言ったらしいです。

それにしても。。。

きっとろくなものも食べず、何日も穴の中で頑張って岩を砕き金を見つけ集め、それはそれは重たい袋を背負って歩いて来た泥棒たち。
もうすぐ町だ、、、ってところでおっかない物体が飛んで来てあっさり置き去りにしなければ行けなかった、、、。
あ〜あ、苦労が水の泡だったね。
、、、と、彼らのことを思うと、ちょっとだけ気の毒にさえ思うけど、それは仕方ないね。お金いっぱい持ってるチャイニー○に雇われ、彼らも家族の為に働いているとは言え悪い事は悪いわけだから。

その彼らの持ってた石を見せてもらったら。。。

金、ゴールド 、、、見えました。 004.gif 004.gif  いくらになるか知らないけど。


その後は警備員のエスコートのもと、ガラムセたちから押収した金の入った石を管理するオフィスに持っていたわけですけど。。。。

はっきり言います。

そのオフィスの人たちがガラムセの下で働いている、、、、っていう噂はしっかり聞いていますんで、いったいそのあとあれがどこに行って、誰の懐にお金が入るのかは謎。

ここでは、もうそんな汚い話ばっかり聞くので、詮索するのも嫌。
なので、さっさと品を置いて帰ってきました。

と、言う訳で、なかなか面白い休日でありました。


ガラムセの集落に帰った泥棒たちが、仲間にどんな報告をしたのかすっごく興味ありますねえ。
「おい、見た事ないもんが飛んできたんだぜ!おったまげたぜ〜」 とか言ってたかな。037.gif


でっかいハート、つけてみました。よろしかったらポチしてみてください。



人気ブログランキングへ
[PR]
# by mikiume-nz-africa | 2014-02-07 01:05 | ガーナ出来事