タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

泥棒と改革

今回来た鉱山は、ちゃんと鉱山として金を本格的に掘り始めてから100年以上も経っている古い場所です。

でも、100年掘ってもまだまだゴールドがでてくるってことは、よっぽどリッチな土壌なんでしょう。

↓↓ 鉱山内を走ります。
b0208620_16385566.jpg

あっちこっち道が分かれていて、まだ私はこの鉱山内の地理がわかってないんですが、結構大きいです。

そして、

そんなお金になるゴールドがあるんじゃ、そりゃ俺たち(泥棒)の仕事の出番だべさ!ウへへ。。。
と言う泥棒たちもた〜〜くさんいるらしい。

だから、こんなフェンスがだ〜っと作られているんです。
b0208620_16463767.jpg


で、フェンスの向こうには集落。
b0208620_16581055.jpg


ただし、

この集落が問題034.gif 

特に数ヶ月前に政府の軍隊が強制撤去させるまでは、この鉱山の一番の問題だったそうです。

なぜって、この集落、はっきり言ってしまえば

”泥棒たちによってできた集落” だから。


ガラムセと呼ばれる、違法で金を掘る人たちの数が半端じゃなかったらしく、前にも少し話したけどそのガラムセを裏で中国人が操っていて、その数と被害は広がる一方。
そこで、軍隊がその泥棒集落を一斉撤去したんだそうです。
もちろん、銃で脅して。。。!! ひえ〜っ!

さらに、違法で入国(移民局の人たちをお金で釣ってお友達になって入国)し、あちこちほじくる中国人も1000人単位で強制帰国されたらしい。当然だわな。

まあ、でも泥棒がいなくなったわけではなく、沢山の泥棒がひっきりなしに出入りしているんですけどね。

あ、ちなみにここで従業員として働いている人たちの中にも泥棒がわんさかいるらしいです。
なんと8月中はほぼ1日おきに何かしら(金、機械や工具)を盗んだ授業員が解雇されたっていうんだからすごい。

記録としてはなんと9キロの金を盗もうとしたガーナ人がいたらしいです。

9キロって、、、、、
そんなのをお金にしたらここじゃ一生左うちわだわな。
(ここで左うちわはで一生、と言われても私、丁寧にお断りしますけど)

こんなリッチな(土壌)鉱山だっていうのに、何故帳簿は真っ赤なのさ?っていう理由は、最終的に「マネージメントの悪さ」だってことですね。

で、ここを立て直そうや!っていうことで、今大きな改革が行われていて、そこにごん兵も助っ人として来た訳なんですが、いやいや、ごん兵曰く、

「もうめちゃくちゃ」だそうです。

すべてにおいて、改善、何かベターな方法はないか、と血が騒ぐ男としてはピッタリの仕事だとは思うんですけど、さあ、どうなんでしょう。
この古い(悪い)習慣の根付いたガーナ人たちの意識を変えて行く事なんかできるんだろうか?と内心思っちゃうんだけど。。

人はなかなか変えられない。 特に図太い大人になればなるほどね。
それは今毎日のニュースで騒がれているあの国や、その隣国を見てもそれはよーくわかります。
多くの人たちが、「自分(または自分の信じている宗教)は正しい」あるいは、「あいつが(またはあっちの宗教)が間違っている」と言う信念の元に行動しているからねえ。
小さなことを言えば、自分も含め人間はなかなか自分の非を受け入れられなかったり、平らな目で物事を見れなくなるもんです。(ね?)

特にそれを、肌のまっちろい白人たちにあれこれ指示されて、今まで居眠りして給料もらっていたのに、これからはテキパキ動きまじめに働かなきゃならないなんて。。。

まっぴらごめんだね!  なんて思うガーナ人いっぱいいるんじゃないかと思います。

おまけに、俺たちの国でなにしやがる!とっとと自分の国へ帰れ!と思っているガーナ人も多いでしょうしね。(外国の経験者たちが機械の動かし方、仕事の仕方、新しいテクノロジーを教える為に来てるとしても、なかなかそうゆう理解はできていない場合が多い)

汗水流して、努力して何かに到達する達成感、満足感を ”幸せ”と感じ、「更にもっと高く!」と向上心を持つようになるには、まだまだ長〜い道のりが必要なのかもしれません。

だって、何百年も同じような生活習慣を続けている人々だもんねえ。

。。。。。。。う〜ん。。。。。。


ちょっと重い話になってしまったな。

外行って来ようっと!

読んでくれてありがとう!
よかったらポチを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-31 18:03 | ガーナ出来事

多国籍集団に仲間入り

昨日、ビザ関係の件でパスポート写真が必要になったので、町のカメラ屋さんに連れて行かれました。

写真を撮る場所は  

”屋外”!!

そう、外の自然の光が一番!。。。。。。。。。なのかな?
b0208620_18162865.jpg


「背景の色は何色にしますか?」  なんて聞かれました。

そして希望によって、後ろの緑、赤、白の布をピラ〜とかけるわけですね。

いいですね〜、とってもシンプルで 006.gif

そして

ポラロイドカメラで撮った写真を、外でパタパタと振りながら乾かして、はさみでチョキチョキ切って出来上がりっ!
b0208620_18224080.jpg


オブローニが写真を撮ってるというだけで、なんか通りすがりの人たちが立ち止まってじーーっと見てました。

カメラに向かって座る前方は普通に車がブンブン走るメインの道なので、車の中の人たちや物を売る子供たちの興味津々の視線がいっぱいでカメラに集中するのがちょっと。。。


さて、

ところでこの鉱山には意外にたくさんのエクスパット(Expatriate国外移住者の略)の奥さんやパートナーがいます。
前回いた鉱山は、多いときで2、3人しかいなかったのでびっくり。

インターナショナル スクールも家族用の大きな家も鉱山内に用意されてあるので家族で来ている人が多いんです。

で、

一昨日、奥様方のお茶のみに誘われたんで行ってきました。

そして、そこでたくさんの人に紹介されたんだけど、まあ国際色豊なこと!!

南アフリカ人、ギニア人(西アフリカ)、ロシア人、ウクライナ人、フィリピン人、ニュージーランド生まれのオーストラリア人(オーストラリアに長く住んでるので本人はオーストラリア人と言う)、そして日本人の私と、集まった中で同じ国籍の人はたった二人であとはみんな違う国籍の人たちの集まり!

いや〜、何が大変って、まず名前を覚えられません!!!

どこの国からいうのは意外に覚えやすいんだけど、もう名前なんか、聞いて握手して挨拶したその瞬間から忘れているからね。自慢じゃないけど。

それも覚えやすい、聞いた事のある名前だったらいいんだけど、そんなのは稀で滞在2時間の間、私はみんなが話している中、ひたすら頭の中で

「あの人は、南アフリカ人で名前はMから始まってたっけな。あの人は短い名前だったけどすっかり記憶なしだな。あの人は男性っぽい名前だったけど、スペルはどうなんだろう?」

と、自分の記憶力を観察力を鍛えてました。

そして、半分の女性は小さな子供と一緒なので、これまた国際色(肌色も含め)も豊か!
子供だけで9人もいました。
当然子供たちは親の影響で、アフリカーン語、フランス語、英語、そしてガーナのチュイ語をうまく使い分けているわけです。 過ごすぎます。。。。

親にはフランス語やアフリカーン語で、他の友達とは英語で、外にいるガーデナーにはチュイ語で、、、っていう世界。

まあね、これはどこの世界でも同じだと思いますが、女性はおしゃべり大好きなので、女が7人も集まりゃ当然部屋の状況は簡単に想像できるかと思います。
それも、みーんなそれぞれ違う英語のアクセントなんで、なんかそれを聞いているだけで私は面白かったですね。
(まともなきれいな英国英語を話す人は一人もいない、と言う世界!!あ、個人的な意見ですけど、やっぱりイギリス英語が一番きれいと思っているので。)

でも、言葉って言うのはコミュニケーションの道具だから、別にポテトが「ぽるて〜いと〜」とウクライナ訛りで ”る”のとこで舌がクルクル回ってもいいんです。
そう、通じりゃあそれでいいんです!はい。

私の日本語訛りのキウイ英語だって一応通じますし。

まあ、みんなそれぞれの発音や訛りに特徴があるんで、「え?」と聞き直している光景が常にありましたけどね。

それにしても、ここの子供たちは親の英語訛りに加え、学校ではガーナ訛りの英語になっているわけですけど、母国に帰った時にどうなっているか楽しみでもありますね。

ところで

まだ私はここに住む奥さん方全員に会ったわけではないようで、他にもいるそうなんでまた近いうちに会う事になるようです。今度はどこの国の人だろう?
でもその前に、この間会った人たちの名前を覚えなきゃ!042.gif

最後に、一昨日の夕方ふと外に出た時に見た夕日
ズームしたので気づかなかったけど、タイミングよく鳥まで入ってた!
b0208620_1971444.jpg

びっくりするほどぽっかり赤くきれいに浮かんでました。


読んでくれてありがとう。
よかったらポチをお願いしまーす。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-29 19:13 | ガーナ出来事

ほらね、やっぱり

アフリカ、そしてこのガーナに住ませてもらってしばらく経ち

アフリカに住むってことは、”我慢”と ”融通さ”が必要だと常々思ってます。

時間通りには物事は運ばない。

私たちの常識がここの人たちの常識ではないこと。
それは、私たちが思う”いい加減さ””不誠実さ””怠惰さ”だったりするんだけど、それもここの人たちにとっては良心がいたむ事もない、ごくごく日常のことなんです。

だから

本来ここに着いて、すぐに住めると言われていた私たちの家は、まったく準備ができてなく
来た時にはあと2、3日で、、、と期待していたのにも関わらず、この調子だとしばらく先になりそうな感じ。

パートナーがここで働いていて一緒に来ているロシア人の女性なんか

「私たちは、最終的に2ヶ月半も待ったのよ! だから、毎日電話書けて催促しないとあなたたちは永遠にこの汚いロッジに住むことになるわよ!」

と、えらく興奮しながら忠告してくれたんだけど。

2ヶ月半。。。。。!!!!!015.gif005.gif002.gif005.gif

絶対やだ。やだもんね。
この暗くて本も読めない部屋にいたら気がおかしくなってしまう。

かろうじてトクホン臭いニオイは、買って来たスプレーでなんとかなくなったけど、
カーテンも開けられない(開けても隣の部屋だったり、暗い廊下だったりする)こんな陰気な部屋に2ヶ月もいられな〜い!!

おまけに、ここ2、3日腹の調子が悪い。。。

食べるとトイレに直行(失礼。。)なんです。

と、そんな話をすると、ロシア人女性にまたまた言われちゃいました。

「あ〜、ダメダメ、あのロッジで食べるとみんな腹壊すのよ。私もずっとそうだったわ」

え〜〜っ!そんな〜。。。007.gif


と、そんな感じのここ2、3日。


で、ごん兵がそんな私の気を紛らわす為に、昨日なんとか新しく住む家の見学に行く算段をつけてくれて、アシスタントの女性と3人で行ってみたんです。

当然、私たちは誰から掃除してくれて住めるように準備してくれているのかと思っていたわけですが。。。。。。。。。。。。。。

ほら、やっぱりね。

草ボウボウ生えた庭。
どうみても最近人が住んだ気配はなく、そしてこれから私たちが住む為の準備もまったくされてない。
人がチェックに入った気配もなく、窓、玄関は蜘蛛の巣だらけ。025.gif025.gif

そして、究極には、アシスタントは部屋の鍵をもらえなかったとかで、中にも入ってどんな家なのか見る事もできず。

ってか、行く前にそうゆう下準備(入れるかどうかオフィスに確認しておくとか、鍵を確保しておくとか)をしておけっちゅうの!047.gif  ねえ?

結局、私たちは外から家を見て、あまりのひどさにごん兵も私も言葉なく、無言で顔を見合わせてどよ〜んとした気分で帰ってきました。

だ、大丈夫か?私たち

ここでこれから快適に住む事ができるんだろうか?

とかなり不安になってきた。


かと言って、今の私たちには何もできないんで、じっと耐えるか、開き直るしかありませんしね。

はい、頑張ります。 

腹、グルグル言ってるけど。。。。 (トイレ行って来ます!)


読んでくれてありがとう。よかっぱたポチを!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-28 17:55 | ガーナ出来事

ちょっとだけタイ

実は今回日本に帰る途中、タイのバンコクに立ち寄りました。

本来はニュージーランドへ帰る飛行機がとってあり、それがバンコク経由だったこともあってそこでちょいと降りて2、3日遊んで来よう とね。

私たちの結婚記念日も私の誕生日もガーナでなんにもできなかったので、そのちょいと遅れたお祝いも兼ねて。。。

私タイに行ったのは、もうかれこれ15年以上前の話。
そのときは、お安いバッグパックの旅でした。

でも、今回はお祝いってこともありちょいと贅沢しようと、一応☆が5個くっついているホテルを選んでみました。
ショッピングモールが近くにあって便利とか、駅が近くで便利とか謳っている町中のにぎやかなホテルは避けて、川沿いのホテルを選択。
b0208620_1738244.jpg

これが正解、正解。 とっても快適なホテルだったんです。

食事もみーんな花まる〜!!024.gif

もう、ホテルには美味しいレストランはあるし、屋上のバーも景色良いし、プールもあるし、もちろんマッサージなんかもあるんで、このままどこにも出かけずホテルでいいんじゃね?
って気分にもなったりしたんですが、一応観光もしてみました。(ごん兵初めてのタイだしね)
b0208620_1751924.jpg

b0208620_17445624.jpg


でも、私の頭の中は、ほぼずーっとタイ料理の事ばかり。
前に来た時にチェンマイで食べたあのデザートが忘れられない!!とずーーっと願っていたのです。

もちろん、基本的にタイ料理はほとんど好きだってこともあるんですが、それよりもなによりも、私たちはそこに行く前にガーナにいた! ってことが更に私の食欲に拍車をかけてしまうんですねー。

だから、モールの地下街の食堂街なんか行ったらもうダメ。。。

目移りして目が本当に回っておかしくなりそうなほど興奮してました、私。

腹一杯なのに、高校生たちが並んで買ってるこんなパリパリのクレープ食べてみたりね。
b0208620_17551942.jpg


豆乳の中にこんなオタマジャクシのたまごみたいなもんとか入れて飲んだりもしたよー。
b0208620_18262848.jpg


いやいや〜、タイの食べ物はホント美味しい!

あ、もちろん念願のデザートも食べました。
あれ、名前なんつったかな? 餅米とココナッツクリームとマンゴーのデザーとなんだけど、たいていの場所にあるからタイの代表的なデザートなんでしょう。
実はファーストクラスで食べたデザートもそれ。

最初に食べたのは前にタイに来た10数年前で、タイ人の友達が食べてみ〜と勧めてくれて屋台で買ってみたんだけど、それがもう最高に美味しかったんだってば!
でも、ニュージーランドとかのタイレストランでそのデザートをお目にかかったことはなし。

そして、ようやく今回10数年ぶりに食べられたんです。
実は滞在中に違う場所で3回食べました、はい。 
(今思うと、あれが体重グィン!と上昇したきっかけだったな。。)

、、、ってこんなに思い焦がれておきながら、その写真を撮ってないっていうのはどうなのか、自分?

もうあまりの嬉しさのあまり写真どころではなかった! それほど美味しかった! 
。。。ってことで。040.gif


あと、今回のタイでのハイライトの一つには、

13年ぶりの友人との再会  と言うのもありました。

13年前、日本で英語を教えていた彼女と友達になったんだけど、私はその後ニュージーランドへ再び飛んじゃって、彼女も仕事を終えてイギリスへ帰るってことだったんです。

でも、イギリスへ帰る途中、ちょっと遊びに立ち寄った中国でタイ人の男性に出会い、なんとそのままイギリスには帰らずタイに住み着いちゃったと言う彼女。

今は2歳の女の子のお母さんにはなっているものの、13年前とまったく変わってなくてびっくりでした。


あ、そうだ、もう一つハイライトっていうか、今回のタイ滞在でドンとお金がすっ飛んだのが

マッサージ。。。。。。

たかがマッサージ。 でも高かった!!! 

でも、お祝いお祝い、とか言って、アフリカ滞在症候群(=アフリカを出るとバンバン贅沢したくなる病(私が勝手に命名)のおかげでなんか贅沢しちゃっいました。

ごん兵なんか隣で、気持ちよくてつい寝ちゃったらしく自分のいびきでびっくりして起きてたし。037.gif

私ももちろん1時間半の全身マッサージは満喫はしました。
(顔のマッサージ効果が出ているかどうかは別としてねーー)


ああ〜!またあのデザート食べにタイに行きたい。
(そんだけ好きなくせに名前も覚えてない私って、、、ホントダメ)


以上、タイの滞在記でした。

読んでくれてありがとう!よかったらポチお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-27 18:34 | 旅〜タイ

ガーナのゴルフ場

ガーナのニオイにもまた少しずつ慣れてきたような気がします。
(日本から持って来た夏風邪で鼻が詰まっているので半減しているっていうのもあり)

昨日はオフィスが休みという事で、ごん兵も動けず一日時間をつぶしました。
(ちなみに何もなく時間をつぶすってことは、常に動いていたいごん兵にとっては拷問に等しい)

なので、オフィスのお姉さんから聞いていた、ここにあるゴルフ場とやらに行ってみることにしました。朝降っていた雨が上がったのを見計らって。

滞在中のロッジから歩いてゴルフ場のある町の中心へ向かってテコテコ。
b0208620_209259.jpg

道路が舗装してあるってことが、今までいた村とだいぶ違う事がわかるかと思います。
でも、日曜日の午前中ということで、みんな教会に行っている為普段は沢山走っている車もまばら。

そして、大きな鉱山の町だってこともあり、町の中心にはこんな銅像が。
b0208620_21442100.jpg

この町は鉱山でかなり栄えている町だってことがわかります。


でも。。。

町だからとは言え、道も舗装してあるからとは言え

やっぱりここはアフリカ、ガーナなんですねえ。

どこもかしこも クサ〜い!025.gif

下水、汚水のニオイに混じって、いろんな生活臭が蔓延している中、なんと私たち1時間半もテクテク歩いてゴルフ場まで行きました。

で、ゴルフ場到着〜

意外にちゃんとした緑色の芝の(当然だけども)ゴルフ場だ〜! 半分の9ホールしかないけど。
b0208620_2038209.jpg


日曜日ってことで結構な人たちがゴルフしています。

けど。。。。

だけどもさあ。。。。


これなに?
b0208620_2045542.jpg

フェアウェイに ”洗濯物” がずら〜〜〜っと干してあります。

おまけに、バンカー(か?)近辺で洗濯してらっしゃるおばさんもいる?!?!?

まあね、ここはガーナですからいいんですけども。

芝の上なら砂がつかなくて洗濯物も汚れませんしね。日もよくあたるしね。
大きなものもババーッと広げて遠慮なく干せるしね〜〜。。。。。

と、その辺の理解度と言うか許容度と言うかは今までのアフリカの生活で多少は上昇しているので、フフッと言うくらいの笑みでびっくりはしませんでしたけどね。

ただ、洗濯物の上にボールが落ちたら、そのときはどうするんだ?とは思いましたけどね。
ハザードとしてボールを移動するのか、はたまた洗濯物を移動するのか? どっちなんでしょう?
はたまた、プレーヤーはご親切に洗濯物をよけるんだろうか?。。。まさかね。

さて、ゴルフ場ではコンペを開催中で、黒板に「参加費10シーディー」とありました。500円もしないくらいだから超安い参加費です。
見てみるとプレーしているのは全部ガーナ人。
そしてちゃんとゴルフするような服装でプレーしてました。(失礼。。)

キャディーとしてバッグを持ったりボールを拭いたりしてお小遣いを稼いでいるんだろうと思われる子供たちもいっぱい。
その子たちは裸足だったり、ビーサンだったり。
少年たちよ、大志を抱け!夢を持て!タイガーウッズを目指せ!(ついでにいろんなマナーも学べ!)
と、ちょっとオバちゃん、心で応援をしてみる。

でも、やっぱり女の人は誰もプレーしてませんでした。
やっぱりまだまだ男社会なんでしょうね、ここは。

よしっ、ここで落ち着いたら私もゴルフしよう!
女の人いないけど。  

もうしばらくゴルフしてないけど。

ゴルフセット持ってきてないけど。

やろう!!!っと060.gif


読んでくれてありがとう!
よかったらポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-26 21:27 | ガーナ出来事

ファーストクラスの続き

こちらガーナはまだとりあえず雨期らしく、今日は朝からシトシト雨です。

昨日の夕方なんかいい風が吹いて来たと思ったら、涼しいどころか寒くなってきちゃいました。

今日の日曜日はごん兵も仕事がないらしく、肝心なこれから住む家にも行けないので、一日時間をつぶさなければなりません。
ゴルフ場なんぞが近くにあるらしいので、行ってみる?って話になったんですが、あいにくの雨なんでちょっと無理。

ってことで、また今日も昨日の続きで、あの飛行機の中でのびっくら話をします。

パジャマだのブルガリのバッグに入ったアメニティグッズなんかを頂いて。。。
b0208620_1884658.jpg

(ちなみにアメニティーバッグはビジネスでももらえますけど、ちょっとだけバッグが違います。
中身は化粧クリーム、パフューム、歯磨きセット、櫛、鏡なんかで、男性用はひげ剃りセットなんかが入ってます。)

実は、ドバイでちょっとあれこれ食っちゃったので、生憎お腹が減ってなかったんだけど、やっぱりファーストクラスでの食事ってものも体験しておかなきゃ損だろうってことで、とりあえずメニューをチェック。
b0208620_18141528.jpg

な、なんか、いろいろありすぎて。。。
あ〜、ラウンジで腹一杯食べるんじゃなかったと後悔!

でも、欲をかいて軽食を頼んでみる。。。田舎者004.gif

ってか、その前に勇気を出して、電話なんか使っちゃって注文しました。かなり緊張〜!
なんか、わざわざ私一人の為にあれこれ動いてくれる担当のフライトアテンドさんに申し訳なくってね。。。
やっぱりあれです。有無を言わさずどんどん持って来てくれる方が私の性分には合っているようです。

そして。。。

軽食とデザートをお願いしたら。。。

はい、こんな風にご丁寧に用意して下さいました。
b0208620_17585524.jpg

パンなんかこんなにいっぱい!!

そして運ばれて来た食事
b0208620_1823288.jpg

と、デザート(タイのデザートにしてみた) ちょっと食べちゃった後に写真撮った!
b0208620_18255838.jpg

もちろん、熱々で出て来ましたよ。そして美味かった!

で、しばらくしてから紅茶が飲みたくなったのでお願いしたら、紅茶ごときでわざわざこんな大げさ!
b0208620_1826571.jpg



さて。。。。

ところで隣の男はどうしてる? と思ったら。。。

奴は普段は飲めない20数年仕込みのスコッチがあると大喜びで、早速いただいてました。

そして、「じゃあねえ〜」とお休み準備
b0208620_18321988.jpg


ボタンを押すとウィ〜ンと開け閉めできるドアをしめて、バイバイ〜!!!
b0208620_18335812.jpg



そうなんです、このエミレーツさんのファーストクラス、ドアが閉まりほぼ完全に個室状態になるんです。
b0208620_1835789.jpg

そりゃあ、パジャマに着替えてもいいわな〜。。。


と、こんな感じでドバイーバンコク間の6時間ほど、素晴らしい体験をさせてもらいました。
欲を言えば、今度は一番長距離(ドバイーニュージーランド間)でお願いしたい。。。。なんてね。


それにしても、ファーストクラスなんかに普通にお金の心配もなく乗る人が結構いるんだなーと思うと世の中にはお金持ちがいっぱいいるってことですね。
まあ、お金の心配をしているような人はファーストクラスなんか乗らないんでしょうけど。

ずっと前に、アラブの衣装を着た金持ちのおっさんがファーストクラスに乗っているのを見たんですけど、あーゆう石油王みたいな、贅沢に慣れている人が乗るもんじゃないかと思います。
私なんかみたいに、珍しがって写真撮ったり、いちいち驚いているような人はあんまり乗ってませんしね。

でも、私たちはホントラッキーでした。
そして良い体験させていただきました。ありがとう、エミレーツさん。

。。というわけで、あの夢のような体験は過去の話。

そして今は、ガーナです。

なんとなく、このカビ臭いニオイと汚れに既に慣れつつあるような適応性良い私です。

良かったら応援おねがいします〜。ありがとう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-25 18:55 | ガーナ出来事

夢のファーストクラスだ

一応、予定ではここ(ガーナ)に着いたら、そのままこれから住む家に直行ってことだったんですが、昨日も言ったように”まだ準備ができていない”って言うありさま。

担当者、昨日の時点では、「明日までには」とか言ってたのに、今日になったら、「ちょっといつになるかわかりません」とか言っちゃってます。

なので、しばらくこのカビ臭い、暗いホテルで我慢になりそう。。。
早く落ち着きたいんだけど仕方ないやね。

ってことで、昨日の続きのファーストクラスの話でもします。現実逃避の為に。


私、まさか自分がファーストクラスに乗れるなんて考えたこともなかったし、そんな品もお金も持ち合わせていないので、そんなチャンスはまずやってこないだろうと思ってました。

でも、あらら、人生ってわかんないもんです。

高貴な品もお金も持ち合わせていない人間にもそんな機会が舞い込んで来る事ってあるんですねー。
びっくり。

だから、席に案内されたときなんか表向きは冷静を装っていた(と思う)けど、内心はワクワクドキドキでした。

で、早速 ”物色開始!”

ミニバーは昨日乗せましたが、次はこれ
b0208620_0431144.jpg

おやつ〜〜! こんなにいっぱい、いつ食べましょう?

そして、隣にはこんなものが。。。
b0208620_0482424.jpg

なんだこれ??と覗き込んで良く見てみたら。。
クンクン嗅ぐとよく眠れるハーブのニオイのするものや、逆に目を覚ますもの、そして疲れた足に塗るマッサージのクリームなんかのセット。

あ、そうそう、引き出しには革ケースに入ったレターセットなんぞもありました。

んもう〜〜  なんか贅沢過ぎ!!!

と、びっくらしていたら、今度はフライトアテンドさんが持って来てくれたのが。。。

「パジャマとスリッパです。」

あれだね。品の良い、実費でファーストクラスとクラスに乗るようなお方は、簡単に皺になってしまうようなスーツとかドレスを着ているから、ゴロンと寝られないんでしょう。
それに比べ私なんかは、”いかに楽に!”をモットーとしているので、別にお着替えなんかしなくても全然平気なわけです。(自慢しているわけじゃないけど)

だから、一応パジャマもらっておいたけど、結局は着なくて、最終的には記念にもらって帰ってきて、オバちゃんにあげちゃいました。

そして当然メニューもチェックしますよ〜。
ファーストクラスってどんなもん食べるんだ??と興味津々で見ていると、フライトアテンドさんが

「食事はお客様の好きな時にお持ちしますので、この電話で連絡してください。」

と、指差した先には、専用の電話〜〜!!!!!!!005.gif005.gif

もうなんなんだか。。。。。

って、これだけで驚いてちゃダメだよ、私
だって、まだ飛行機離陸さえしてないんだから!037.gif

と、言う訳で、一通りびっくらしたあと、ドバイからバンコクに向けて飛行機は飛び立ちました。

「ファーストクラスになんか乗っちゃって、贅沢してやがる!」と、心穏やかでない読者もいるかもしれません。(私だったらそう思っちゃうかも、、へへへ。)

でも、これはあくまでもラッキーな出来事だったってことで、
「へえ〜、ファーストクラスってこんなんなんだ〜」と興味を持って見て下されば。。。


ちょっとネット回線が遅くて写真アップ2つしかできませんでした。
また明日トライしてみます。

読んでくれてありがとう!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-25 01:48 | ガーナ出来事

ただいま!

ただいま!!

長〜〜〜いこと休んでましたが、帰ってまいりました。。。ブログに、そしてガーナに。

いやいや〜、長い事、水や野菜の美味しいきれいな日本になんか滞在しちゃうと
このガーナに戻って来てからのギャップが大変!

それもまだ本格的な生活が始まっていないのにも関わらず、ごん兵も私もありとあらゆる所で

”This is Africa。。(ため息と共に言う)" 

これがアフリカだ、と言う、自分をあきらめさせる為に使う言葉を使ってしまっているぞー。

ダメダメ!! 
ダメじゃん私〜!

あ〜あ、すっかり日本でなよっちくなっちゃったな〜。
また、ガーナの新しい土地で鍛えなければ!


さて、前にも話しましたが、今回ごん兵が働く場所は前の場所とは違うので、私たちは新しい土地に来ています。ただ、まだ私たちが住む家の掃除が終わってないらしく(でた!さすが!)、昨日は近くのホテルに滞在してます。(ホテルったって、日本の皆様が想像するような清潔なホテルではありませんが。。)

本当は、早く新しく住む家に行って、日本に帰る前に置いておった沢山の荷物と、今回日本から持って帰って来たスーツケース大2個分(ほぼ食料関係)をさっさと片付けたいんだけどもね。。。

実際にどんな家なのか見てもいないし、何が揃ってて何が不足しているのかもわかんないので、早いとこと片付けてとりあえず住み心地の良い環境を確保したいわけです。

でも、準備ができてないって言われればそれまで。(1ヶ月前から私たちが来る事は決まっていたのにね)
ごん兵は今朝から仕事に行ったので、私はホテルの庭でこうしてパソコンで遊んで待つ事にします。

実は、ホテルの部屋は電気をつけても異常なほど暗くて、おまけに湿気とカビと、さらに昔のトクホンのようなニオイが混じった悪臭がするので、とても快適にはいられないんです。
自分まで臭くなってしまいそうで。。。


ってなわけで、

とりあえず部屋よりは快適な外にあるバーで、久々に独り占めしているパソコンで日本で撮った写真の整理を整理したり、しばらく読んでなかった好きなブログをまとめ読みしたりしようと思います。

あ、そうだ。

写真を整理してたら、「あ、こんなこともあった」と言う写真が出て来た。

これ、なんだと思います?
b0208620_21105165.jpg


なんか、たった1ヶ月前のことなんだけど、その間にバンコク行ったり、日本で散々遊んだり、そして今またこうしてあちこちで変なニオイのするガーナにいると、あれはやっぱり夢だったんじゃないかと思ってしまう出来事でした。

まあ、二度とないことだと思うので、思い出の記録としてここにもちょっと紹介させてもらいます。


えーっと、上の写真はですねー ”ミニバー”。069.gif069.gif

それも私専用の。

それも空の上。 (ボタン一つでグィーンと中に入ったり出て来たりしちゃうし!)


実は、ドバイからバンコクへ飛ぶ時、搭乗口で

「ファーストクラスへアップグレードさせていただきますけどよろしいですか?」

と、いきなり聞かれてびっくり。

アップグレードプしてよろしいですか?と聞かれ、「結構です」なんで断る人いますでしょうか?
ねえ?

当然私たちも二つ返事でオッケーしましたよ、もちろん。
(きっと、ビジネスが満席だったからだと思います)


ってことで、生まれて初めてのファーストクラス060.gif

ジャン!
b0208620_21234152.jpg


い、いいんでしょうか?
私なんかのような品のない者が座っても?
ジーンズなんかでいいんでしょうか?
バ、バッグなんか、MUJI商品ですけど? (LとかVとか入っている物いっさい持ってません)

と、恐縮してたんですが、フライトアテンダントさんは、こんな田舎もんの私にも大変親切に対応して下さいました。

キャリーバッグなんか上の棚に上げようとしたら、「そこへどうぞ」と言われ、広々とした足下へ置けました〜。すげえなあ〜ファーストクラスって。
b0208620_21302045.jpg

2年前に買ったよぼよぼのMUJIのバックがなんか悲しそうに放り投げてあるのは無視して下さいませ。


他にも、さすが、エミレーツ様のファーストクラスってことだけあって、もうそれはそれはびっくりする事ばかりのサービス。

でも、これからお昼でごん兵が帰ってくるというので、続きはまた次にします。

カビとホコリと汗と下水と食べ物のニオイがムンムンしているガーナからお送りしました!

またガーナの話始まります。よかったら応援してくださいませ。
ありがとう!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-08-23 21:42 | ガーナ出来事