タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本に行きます!

この暑いのに風邪なんか引いちゃいました。

保育園でも鼻水(それも緑色025.gif)を垂らしている子供が結構いたので、知らない間に菌をもらってきたんだな。


明日、日本に帰るのに~・・・・

長い長い空路の旅なのに~・・・  風邪なんて・・・。



おまけに明日は朝4時半出発。

車で3時間

国内線飛行機で50分

6時間待って(!)国際線8時間

20時間待って(!!)国際線11時間で成田に到着。


・・・なんか、書いているだけで既に疲れ気味~~~007.gif

咳さえ止まってくれれば楽なんだけどなあ。    はい、がんばります。



今日はこれから荷造りです。

と言っても、持って行くものはろくになく、前に買ったあの民芸品が一番大荷物。


この方たち ↓↓
b0208620_214381.jpg



スーツケースには入らないかな~・・と心配したんですが、皆さんに ”押しくら饅頭” してもらって、なんとか収まりそうです。 


あと持っていくものは、ちょっとした数着の着替えくらいなので上の方々がいなければスーツケースはスッカスッカなんですが、帰りは日本食とお土産でスーツケース一杯にして帰ってくる予定です。



そうゆうわけで、私もしばらく子供たちともお別れです。
せっかく教えた、日本語「コンニチハ」「オハヨウ」「ゲンキデスカ?」は忘れられちゃうかなー。


毎日訪問してくださる方々、また子供たちの写真を楽しみにしてくれる方々には申し訳ないんですが、これから4週間はブログアップが不定期になりますので、ご了承ください。

アップしないと途端にランクが下がるんだけど仕方ないねえ。
(何ヶ月もアップしないのに、上位にいる方たちの秘密っていったいなんでしょう?)




では、日本の皆様、アフリカにいる変な日本人とおかしな外人(ごん兵)が上陸いたしますので、宜しく~!


ちょっと子供たちの写真集・・・
b0208620_221067.jpg

「写真撮って!」と笑顔で寄ってきたのに、カメラを向けたらこんな ”真顔”!!

b0208620_22163216.jpg

彼らにとっては珍しい腕時計


b0208620_222028100.jpg

中学生のテスト風景 (カンニングしないように、広い外で)


今日も訪問ありがとう!
しばらくお休みしますがよかったらここんとこクリックお願いします。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-14 22:23 | ガーナ出来事
この前、学校(保育園)で子供たちと教室の掃除していたら、隣の小学校と中学校から数人遊びにやってきた。


彼らはさすがに英語が大体わかるので、話が通じてなかなか楽しい。

そして、ついでに、トゥイ語を教わった!


このあたりの基本語はトゥイ語なんですが、この村人たちはセフィ語を話します。
だけど、もちろんトゥイ語も理解しているので、一般に通じるトゥイ語を教えてもらうことにしました。


さあ、今日は私がノートとペンを出して ”生徒”になる番!!


最初は

「名前はなんですか?」とか、「わかりません」とか言う基本の言葉をいくつか教わって・・・・


あとは学校で使える


「ちょっと待ってなさい」 (これ、絶対使える!)

「喧嘩をやめなさい」 (これもしょっちゅうなのでいいぞ~)

「そこから降りなさい」 (これは、小さなやんちゃ坊主用)


なんかを教わりました。


で、気がつけば休み時間はとっくり終わっているのに、小さな先生3人は私に付きっ切り。

「あなたたち、休み時間終わったから教室に行かないとダメだよー」

って言っても、「いいの、いいの。授業はないの」  なんつってる。ホントかあ?


で、私たちが授業をしている保育園は完全に無法地帯で、先生は座ってなんか読んでるけど、子供たちはあっちこっちに散らばってるし、授業をしている私たちに対しても保育園の先生は何を言うわけでもなく、逆に混じってきたりしてました。 

すんごい、いい加減です。 どーでもいい感じです、はい。


いいのか? 戻った方がいいんじゃないの? ビクトリアに怒られるんじゃないの?

って言っても、返事は ノープロブレム!  だっつうので、先生の言うことを聞いて生徒の私は保育園の超小さい椅子に腰掛けてレッスンを受けました。


その内にだんだん先生の方も熱くなってきて、あれもこれも教えたくなってしまうようで先生たちは、それはそれは真剣。


私のノートの1ページがいっぱいになった頃には、私ははっきり言って疲れてきたので、

「疲れた」  

っていう言葉を教わって、先生に訴えたんだけど聞いてもらえず・・・・009.gif


その先生たちは次々に新しいフレーズや言葉を出してきて、

「はい、書いて!」  とどんどん書かせます。厳しい・・・・


そのフレーズも


「草むしりをする」 とか、「薪を運ぶ」とか、とっても生活感が感じられる実用的な言葉にだんだん変化してきて、


「あなたを叩くわよ!022.gif っていう言葉は大事だから、

はい、書いて!!   

なんて言われました。 
  

せんせ~!私、この言葉は使いたくありませーん!!! 




結局私のノートには、言葉とフレーズが50個以上! いや、もっとあるかな。


はっきり言ってほとんど覚えられてないんだけどねえ。。・  
先生たち すみません!040.gif


ちなみに、私が教えた日本語は

「おはよう」「こんにちは」 「元気ですか?」「元気です」「さようなら」 


で、用事があって迎えに来たごん兵に、日本語を教えたんだよーって話したら、彼らに向かって

「じゃあねえ~!」  


その時の、子供たちの顔ったら。。。。。

明らかに、

「このオブローニおっさん、なに言ってるんだ?015.gif

って顔してました。 037.gif037.gif


ごん兵もごん兵で、「あれ?なんで通じないんだ?」 みたいな顔してましたけどね。
(ちなみに、ごん兵はたぶん「さようなら」って言葉使ったことがない。いや知らないかも)



せっかく教わったトゥイ語だけど、これからしばらく学校行かなくなるので、なかなか使う機会がなくって忘れちゃいそうですが、ちょっと復習頑張ります。


b0208620_234311100.jpg

掃除するときに、邪魔にされ机の上に乗せられた男の子たち 


読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-12 23:44 | ガーナの学校

私は珍獣?

よく泣く赤ちゃんをあやす時

「ほら、ワンワンがいるよー」 

とか

「あ、ブーブーが来た!」


とか言って、赤ちゃんの気持ちをそらしてごまかしながらあやしますよねえ。



でも、たいていその対象は、子供の好きな動物だったり、珍しい乗り物とかだったりすると思うんですが、私まさか自分が ”その対象” になるとは思ってもみませんでした037.gif


この前、先生と一緒に地元の食堂に行った時のこと。

赤ちゃんが寝てたんですが途中で起きちゃったんです。

最初はこんな感じでスーヤスヤ
b0208620_19461279.jpg


そして、ちょっとにぎやかになってしまったもんだから

”ふぇ・・・・”  とぐずり始め・・・
b0208620_19481662.jpg



”ウエ~ン!”
b0208620_1949169.jpg




そしたら、目を開けた赤ちゃんに向かってお母さんが、私を指差し


「ホラ~!あそこにオブローニ(外人・白人)がいるよ~!」



なんか、お母さんが動物園のサルを指差し、泣く子供をあやしている光景に似てる!?



おまけに

「オブロ~ニ060.gif オブロ~ニ060.gif

なんて歌っちゃってるし・・・・・・037.gif


なので、珍しそうに 白いおサル じゃなくて、私を見るその赤ちゃんに向かって、私も一応 ”芸” をしておきました。



確かに、 ”珍しいもん” には変わりないし、赤ちゃんにとっては効き目があったようで泣き止んでくれたので


まあ、

お役に立てて光栄です040.gif   ・・ってことで!



これは、先週撮ったもの。この子はどうしてもごん兵が気になってた模様。
b0208620_204303.jpg

こんな目で見つめられたごん兵はなんとか笑ってあやしてましたが、この子ビクリともしませんでした!
固まってた、とも言う。037.gif


(おまけ&お願い)
ここの子供たちは絵本や紙芝居を知りません。もちろん学校にも本は一冊もなし。
もし古い絵本や紙芝居がどこかに眠っていたら、教えていただけると嬉しいです。
Macannzuさん、すばらしい案をありがとう!



読んでくれてありがとう!
よかったらここんとこ押してください

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-11 20:15 | ガーナ出来事

何が欲しい??

昨日の朝、子供たちと遊んでいたら、男の先生が声をかけてきた。


そして、手をつないで 「ちょっと、話があるんです・・・」  


と、子供たちと離れた場所へ移動。   なに????


先生はちょっと小さな声で

「今度日本に帰るんだよね?だったら、俺に君と同じデジカメを買って来てくれる? よね?」

と、私の返事が 「Yes」 であることを前提としているような聞き方。


実は、この間も女の先生に同じこと言われたんです。
そして、彼女は更に、

「カメラの他には、パフュームとかアナタがつけてるようなピアスがいいわ!」


・・・・・・・009.gif009.gif009.gif・・・・・・


この会話は、あくまでも彼らは一切お金は払わず、私が彼らにプレゼントとして買ってきてくれることを前提としてされてるのを忘れてはいけない・・・・・


「他の先生も欲しいって言ってたし、あなただけに特別に買ってくるわけには行かない」 

と例の男の先生に言ったら、彼は

「大丈夫、大丈夫。俺は誰にも言わないよ」   とか言ってる。013.gif


そ~じゃなくて~~っ!047.gif


・・・・・


なんかねえ、そうゆう会話が結構多いので、時々がっかりするんですよね。
特に大人たち。
何か基本的に違う。間違っているとかじゃなくて、彼らの価値観、常識が私とは違う(この部分ではね)。


例のビクトリア先生なんかは、

「私はあ~ハイヒールの靴と、化粧品いっぱいお願いねえ~010.gif

と、生徒の前では絶対見せない笑顔と媚び様だったし。。。


もちろん、私は先生方が欲しいなんて言ってるもんは買ってくるつもりもなければ、買う義務もないので、答えは「NO!」。


そんなことよりも、この学校の子供たちに必要なもの、なるべくたくさんの子供たちが平等に使えて喜ぶ物をずっと考え中なのだ!!!

 
だけど、あれです。

この先生たちの言動でもわかるように、生きていく環境で ”価値観” と言うのはかなーり違ってくるっていう、いい例でもありますね。


結局、例の男先生には、よく説明して(ちょっと説教っぽかったかも)特別扱いはできないし、それをこうして生徒の前で内緒話みたいにするのはよくないこと、を話して納得してもらったんですけど、買ってきてもらえないとわかった時の先生のすごーく残念そうな顔ったら・・・。

そして、一気に冷めた態度になってました。 015.gif   
アナタ・・・・一応先生でしょ? と言いたくなった。


で~~~、

来週には日本にちょこっと帰るので、今からいろいろと考えています。

基本的に文房具は足りてないので出来るだけ持ってこようと思ってるんだけど・・・・
でもペンを一本あげたとしても、使い切ればそれまで。ノートも同じ。
それよりももっと使い道のあるもの、なるべく長く(私がいなくなっても)使えるものをここに残して行きたいなーと思ってる。

今考えているのは文房具の他に 世界地図、アフリカ地図、サッカーボール、バレーボール。

殺風景な教室にはなーんにもないし、子供たちは自分たちの住んでいるガーナがどこにあるのさえ知らない子がほとんど。
ある意味、知らないで生きていくのも、それはそれでもしかしたら幸せなのかもしれないと思ったりするけど、やっぱり知っているのと知らないのではずいぶんと世界観、価値観が変わると思うし。


下手に持ってきて、最終的に先生たちが持って帰ってしまうようなものは持ってこないようにしないとなあ。。
(実はすでに寄付したマーカーペンはすべて先生が持って帰ってしまった!!)


どなたか、何か良い意見でもあれば教えていただけると嬉しいです。


こんな子供たちの為に
b0208620_2251726.jpg


b0208620_231141.jpg



読んでくれてありがとう!
よかったらここんところクリックお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-10 23:12 | ガーナの学校

子供のおもちゃ

ちょっと前に、ごん兵が仕事先から発砲スチロールをたくさん持って帰って来ました。

捨てられる直前のものだったらしいんですが、学校で子供たちが何かに使えるかと思ったらしい。


先生に聞いて、「いらない」って言われれば捨てればいい話なので、とりあえず今日でっかいのを2個持って学校に行ったんですが、(両脇に抱えて登校した)

これがものすごい人気でして。。。 


保育園の先生は、これを細かく切ってブロックにして字や絵を描くなんて言ってましたが、その前に子供たちが既に占領。
b0208620_2238571.jpg



男の子たちはやっぱり取り合いになってしまって、バッシバシ叩き合ってたりしたんですが、あれじゃ痛くもないしそんなに壊れないし、すでに良いおもちゃ。


だけど、全員には行き渡らないし、管理は先生にお任せしよう!と思ってたら・・・・・


b0208620_22423758.jpg

b0208620_22451367.jpg

あっと言う間に、壊され 分配(?)されてました。003.gif


でもやっぱり、そんな箱で遊びたがるのはたいてい男の子で、ほとんどの女の子はあまり興味を示さなかったんですが、ある少女はどうしても欲しがってまして、最終的には 力ずく+大泣き でゲットしてました。 

いいぞ~!!!男の子になんか負けるな~!024.gif066.gif
やっぱり、そうでなきゃ006.gif と、肩をたたいてあげたい心境だった、私。


まだ半泣きで、勝ち取ったかけらを握り締める少女。
b0208620_22563824.jpg


彼女は、むき出しのカッター(これ良く見かける!危ない!)で、細かく削って何か作ってました。
b0208620_2249333.jpg


 
ある少年はこんなものを上手に作ってました。


バーン!!

彼が作ったかどうかわかりませんが、結構上手に銃の形ができてました。
b0208620_233419.jpg


あれ? 手に持ってる銃じゃなくて、彼の頭の〇ハゲちゃんに目が行ってしまった方! いますかー?
私も、写真撮ったあとに気づいた彼のハゲ。006.gif


実は、今日気づいたんですが、子供たちの数人がこんな風に丸くハゲちゃっているのを見かけました。
たぶん何か理由があって剃られたんだと思うけど、中にはハゲの真ん中に傷がある子もいたのでいったいなんなのかよくわかりませんでした。


さて・・・・・・・・



今日もいたいた!

このご飯をビニールに入れて持ち歩いている少女はアンジェラ3歳。
b0208620_2313361.jpg

いつもの彼女の定位置(私の足元)

実はこの子は、いーーーーっつも不機嫌。
笑っている顔をほとんど見たことがありません。

いつも、ぐずぐずと愚図っていて、隙があれば私に「抱っこ~」と手を上げてきます。

椅子に座って他の子供たちと遊んでいても、椅子の下から、子供たちの隙間から力ずくでぎゅうぎゅうと入り込んで私の膝までやってきます。
そして、笑うでもなくむす~として、「抱っこー」の合図。
抱っこしてあげないと、泣きべそ。。。ただ、絶対ギャンギャン泣かない子。

で、私の膝の上ならばご機嫌なのかと言えばそうじゃなく、険しい顔つきで年上の子供たちをムスッとした顔つきで見下ろしている。
他の子が私に抱っこされれば、その子を引きずり降ろします。力ずくでそれも無言で。。。

「ホラホラ、どきなさいよねっ!」 と言うドスの聞いた声が聞こえてきそうな迫力だし。。。

ほとんどしゃべらないので、いったい何か欲しいのか何が気に入らないんだかわかんないんですが、とにかくいつも不機嫌なGrumpy Girl (グランピー・ガール)で、そんでもって常に私の傍にいる不思議ちゃんです。  そして、何故か憎めない・・・。

そのグランピーちゃんは、今日も私のネックレスをいじりながらお昼寝してました。


それにしても・・・


なんだかあれだなあ~。

子供たちはボロボロの汚い服着てて、たまに匂う子もいるし、やんちゃ坊ずもいるけど、学校からの帰り道の私の ”幸福感" と言うか、”心の温かさ” はかなり高いレベルにあがっている。

っていうか、させてもらっている。

それも何にも持ってない決して裕福でない子供たちに。

こうして書いてても、なんかありがたくって喉のあたりがぎゅーっとなる。



あ~、 私に何ができるだろう?
何かしてあげたい。 いや、させてもらいたい。
物だけじゃなくて、食べ物だけじゃなくて、なにかもっと大事なこと・・・・  なんだ???


そんなことを最近よく考えてます・・・。


読んでくれてありがとうございます。
よかったら応援してください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-09 23:40 | ガーナの学校

久々の登校!

3週間ぶりの学校行ってきました。


実は、この学期休みの期間はあやふやで、休みの前に先生に

「いつまで休み?」 

と聞いたら、

「うーん、たぶん 〇日くらい」

と言う、先生の答えとは思えない ”いい加減さ”037.gif


一応確認の為に、キャンプ内でも機会があるごとに公立学校の休みを確認してみたんですが、なかなかはっきりした日がわからなくて、昨日の月曜日なら確実に学校は始まっているはずだってことなので行ってみたわけです。


で、久々の登校! ちゃんと、子供たち居ました。(よかった・・・)


先生に、「いつから学校は始まったの?」 

と聞いたら、

「本当は先週始まったんだけど、生徒は誰も来なかったのよ。だから今週からって感じ?」

みたいな返事をしてました。  ・・・なんかすごい。


おまけに、昨日は授業はなく  ”草刈り作業” と言う名目の ”自由時間”
子供たちは適当にサッカーしたり、編み物したりして遊んでます。

頭に草刈りナイフを乗っけて朝ごはんを食べる女の子! なんでも頭に乗っけます。
b0208620_18553142.jpg



私は先生に呼ばれたので職員室に行って、そこでずっとおしゃべり。 (当然、校長不在!)

長い休みでリラックスできたのか、あの無愛想なビクトリア・ベッカム先生も超ご機嫌で、新しく買ったデジカメを嬉しそうに見せてくれました。


女教師3人と私は、それからずーーーーっとたわいもないオンナのおしゃべり時間。 
いいのか? 先生たち。 そして私も・・・。


ビクトリアはいかに教員と言う仕事が大変で、それにも関わらず給料が安くて不公平かってことを、それはそれは真剣に語っていたんですが、私の内心は

「こんな風におしゃべりしてる今も一応仕事時間だよねーーー・・・?」

と、突っ込みたかったけど、やめておきました。

途中、ビクトリアは生徒を大声で呼び寄せ、水を買って来させ、飲み終わったゴミはそのまま庭へ投げる・・・・と言う、目が点になる行動を取ってました。さすが・・・。


頻繁に来る携帯のメールに返信をするビクトリア。・・・一応、先生。
b0208620_18505478.jpg

職員室を一旦出れば、怖~い愛のムチを振る先生に変身するのだ!


そんなビクトリアも若い女性です。

やっぱり色恋の話が好きなわけで・・・・。

理想の男性像とか結婚観などをそれはそれは楽しそうにおしゃべり。

私が「ボーイフレンドはいるの?」と聞くと、顔真っ赤にして(たぶんね)

「No!No~!」 と、恥ずかしげに答えてました。


そんな風にしてあっと言う間に午前中は過ぎていき(何も仕事してません・・)、11時頃ビクトリアが

「お腹空いたからご飯食べに行こう!」

と言い出し、まだお昼にもなってないのに皆でランチに出かけることに! (いいのか?)


この村にレストラン大衆食堂があるなんて知らなかったけど、メインの道から奥に入ったところに一応食堂兼バーらしき建物がありました。

その食堂の裏ではFufuと呼ばれる、プランテーン(大きなバナナ)とキャッサバをつぶして餅みたいにしたものを作ってました。
b0208620_198359.jpg

b0208620_19104018.jpg


前にも食べたことはあったんだけど、私はお腹も空いてなかったしそこで食べる勇気もなかったので、先生方が食べてるの見るだけにしました。 Fufuの周りの大量のハエも気になったのでね・・・。




これがビクトリア達が食べたFufu(フーフ)と牛肉のスープ (100円くらい)
b0208620_19121929.jpg

もう一人の先生が、どうしても食べてみろと言うので私もちょっとだけいただきましたが、えらく辛かった!!




・・・・・・・そんなわけで


私、学校に行きながら、何もせずただビクトリアたちとしゃべって、お昼食べて帰ってきてしまいました!!
あ~あ・・・・。

そんな久々の登校初日でした。


b0208620_19272115.jpg

食堂の裏でトントンFufuをつく音を聞きながら寝てる赤ちゃん



読んでくれてありがとう
よかったらここクリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-08 19:30 | ガーナの学校

山登り再度トライ!

今日は午前中久しぶりに学校へ行って来ました。

ただ、学校の話の前に、昨日の日曜日にあった出来事をちょっと書きます。


先週の日曜日に、山へ登りに行こうとして人の家に迷って入ってしまった話を書きましたが、一応通訳経由で息子のアブ少年が山へ案内してくれる約束だったので、昨日も行ってみました。

彼らの庭に入ると、アブ少年と家族が居て、ものすごい笑顔で出迎えてくれました。
b0208620_22321789.jpg

藪の中を抜けると、そこは彼らの家。そして、また肌ん坊の弟くん。


お母さんは長椅子まで持ってきて、座って座って!と言ってましたが、暑くなる前に山に登ってしまいたかったのでお断りして、アブ君と早速山へ向かいました。

アブ少年は、ゴムのサンダルでそれもブカブカなんですが、まあサッサと登っていきます。
b0208620_22352241.jpg


その身軽な少年とは裏腹に、私たちオブロー二はエッチラオッチラ頭を木にぶつけながら、彼の後を着いていくのだけで必死。
アブ少年は、何度も止まって私たちを待っててくれてたけど、あんなゴムのサンダルで枯葉ですべる山をどうしたらあんなに簡単に登れるのか感心するばかり・・・。
b0208620_2239359.jpg



アブ少年は一言も話せない家族の中で唯一なんとか英語を知っている子。ただ、本当に片言。

でも、少年は何度も立ち止まり、「コレはカカオの木」だとか、「これはキャッサバだ」とか、見るほとんどの植物をごん兵に教えてくれてました。


ろくに歩いてもいない内から滝のように流れる汗・・・・025.gif。 
強烈に暑いです。

おまけに、よっこら~・・・・と上にある木をつかんであがろうとすると、こんな危ない木もあるし、油断はなりません。。。。。
b0208620_23101924.jpg



b0208620_2248980.jpg

「もうこの辺でいいんじゃね?」 と私が提案した場所。
・・・当然、そんな提案は却下なんですがね。


で、なんとか頑張ってとりあえず頂上っぽいところへ到着!!
頂上はもっと上なんだけど、どう見ても藪が深くて登れそうになかったので断念。(良し!)


そこから見た鉱山と村と私たちが住むキャンプ村(ちょうど真ん中あたり)
b0208620_22585343.jpg


休憩した時に、ごん兵は持ってきた双眼鏡を出してアブ少年に見せてあげたんですが、その時の少年の反応がとっても新鮮でした。

たぶん、視力3.0くらいは余裕である彼だと思うんですが(気持ち的にね)、やっぱり山から双眼鏡で見る景色は新鮮だったらしく、鉱山を走るトラックや機械を見つけて

” ウォー!!!”  と叫んで感動してました。006.gif
b0208620_235571.jpg




帰りは違う道(道なんかないけど)を下って、アブ少年の家の裏側に到着。
b0208620_23172253.jpg



山登りなんていうほどたいしたものではなく、ものの2時間弱であっという間だったんだけど、とにかく暑さで参りました。
もちろん、シャツは乾いているところがないほどぐっしょりで、汗で濡れてズボンの色も変わっていた!


でも、アブ少年のおかげで新しい場所にいけたし、山で働く村人に会っても怪しまれることなく無事通れたので彼には感謝感謝です。

帰りは彼の家(庭)で少し休んで、持って行ったおやつをアブ少年の家族みんなで食べました。


で、笑っちゃったことが・・・。


おやつに凍らしたパイナップルを持っていったのであげたんですが、小さなひとかけを口に放り込んだお母さんとお父さん、あまりの冷たさに口から吹き出してました。

あまりの冷たさにびっくりしたらしい。037.gif

彼らの家にはもちろん冷蔵庫なんかないから、冷たいものはないし、当然凍ったものもない。
第一、その前に電気すらも通ってないからね。


パイナップルを噴き出したお母さんとお父さんは自分たちの行動に笑えたんだか、ケラケラと大笑いで、また冷たいパイナップルと口に入れ、そしてまた出して、また口に戻す、と言うことを笑いながら楽しそうに繰り返してました。


お母さんとお父さんは、

「今度いつ来る?」 と聞いてきて、何故かと聞くと

「お菓子やフルーツをもらったお礼に、鶏を一羽あげたい」  なんて言ってくれました。

なんていい人たちなんだ!058.gif
お礼なんて、お礼するのは私たちの方だよ!  と丁寧にお断りして帰りました。


生まれて始めてのオブロー二作のクッキーを食べるアブ少年の弟 
b0208620_23404129.jpg




そんなわけで、昨日の午前中はまたまた貴重で楽しい時間を過ごしました。
アブ少年ありがとう!



読んでくれてありがとう!
よかったらここクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-07 23:53 | ガーナ出来事

元気な植物

昨日、どうしても読まなければいけない長い書類があって(しかも英語013.gif)、集中するためにすべての音を消して真剣に読んでいた。


そしたら・・・・・



パッッッッ キーン!!!!

005.gif005.gif005.gif
ハッッッ?!?! なになに?? 
 
何かがはじけるような、割れるような音と、そして何かが床に散らばったような音。 


静かに集中していたのも手伝って、かなりたまげちゃって心臓がバクバク。


いったい何が起こったのかと思って見てみたら・・・・


どうやら、はじけちゃったのは、コイツ。
b0208620_1905822.jpg


植物大好き男が隣の庭から種をちゃっかり勝手に頂いてきてまして、↑ こんなのが4つほどテーブルの上に乗っかってたのです。

それが、勝手にはじけちゃったらしいんですが、そのはじけ方ったら、まあ元気元気!!


ものすごい音と勢いで、天井にぶら下がっている扇風機ぶつかっちゃったほど。

種が入っている皮(っていうの?)は指なんかでは簡単に開かないほどしっかり閉じてて、カッチカッチに硬い。その硬いのがパーン!!とはじけるので、もしジーッと見つめているときにはじけてしまったら、顔絶対傷つく・・・。

そのくらい硬いし、強烈な勢いではじけます。

そして肝心の中の種は、最大3メートルほど飛んじゃってました。


すごいな、この子孫(種子)を残す能力034.gif

こうやってあっちこっちに飛ばして子孫を残そうとする、その自然の本能っていうか、”意気込み” には感心感心。 


はじけた後の殻
b0208620_19114156.jpg


飛ばされた種たち(集合) 
b0208620_1913562.jpg



そして、この種たちが順調に地面に降りて、芽を出すと・・・


こんな花が咲くわけだね
b0208620_19251433.jpg

b0208620_19295074.jpg




そして、

実は、昨日の夜中にも一個はじけました。


ちょうど、ベッドに入ってウトウトし始めたとき、リビングから 

パッキーン!!! ・・・・・パラパラパラ(種が散らばる音)・・・


「あ、今あれがはじけたね(嬉しそうな男)・・・」 「・・・うん(半分寝てる私)」 と、ボソッと確認し合って寝ました。


でもよかった、”あれ” だって知ってたから。
何も知らなくて夜中に、いきなりあの音を聞いたら絶対飛び起きてたな。


あと、3つあるんだけど、近くで見ている時にいきなりはじけたらたまんないな、と恐る恐る観察中。


ちなみに花の名前は知りません。040.gif


読んでくれてありがとう
よかたっら押してくださいな

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-05 19:50 | ガーナ出来事

いい加減な料理

昨日の ”なんちゃって料理教室:お菓子編”

生徒のエレンは予定よりも30分も早く到着するほどの意気込みで到着! やる気マンマンです。



で、お茶飲んでから、早速クッキー作り。


とりあえず、私が材料を出してあげて、エレンが混ぜ混ぜ。


そしてものの20分くらいで、ほ~ら!
ぜんぜん、美味しそうじゃないけど・・・。
b0208620_18215023.jpg

後はオーブンへ入れるだけ~060.gif


なんて簡単なんでしょう。


しかし・・・・ 


なんでこう外国のクッキーって形作りが雑でいい加減なんだろう。


日本のクッキーと言えば、ハート型で型抜きしたり、冷蔵庫で冷やして包丁で5ミリに切ったり、とか、本当に几帳面さが現れているクッキーがほとんどです。

だけど、外国(私は主にNZとかオーストラリア)のクッキーのレシピを見ると、形作りのところでは

” スプーンですくってトレイに乗せる ”


と、言う大雑把さ!


でも、はっきり言って、ほとんどのクッキーの生地がとても柔らかくて(=バターの量が半端じゃない)、薄くならして型をくりぬくなんて出来ないのが、あちらのクッキーだからそれは仕方ないけど。



まあ、私は決して几帳面な性格ではないので、大雑把なNZのレシピが結構好き。

冷蔵庫で冷やすとか休ませるとか、そうゆう細かいことは一切なし。

”ガガーッと混ぜるだけ~060.gif


で、私は、スプーンを出すのが面倒なので、片手で適当に丸めてポトンと落とすと言ういい加減さ。


だけど、出来上がりは、ほらっ
b0208620_18402966.jpg

(上のトレイとは違うけど、2回に分けて焼いたので同じクッキーです)


この雑っぽさが逆に美味しそう! (でしょ?)
隣のクッキーがくっついちゃっても、それもいいの、いいの。 のーぷろぶれむ!


と、エレンに指導しておきました。




そんなわけでクッキーは焼けたんですけど、私の内心は

” ランチ食べて行くつもりなのかなあ・・・” 

” たぶん、そうだよなあ・・・”


朝9時過ぎに来て、クッキーはあっと言う間に焼けたのでお昼までにはまだまだ時間がある。
彼女はここから車で3時間のところにある実家に3日間帰るらしいので、たぶん長居はしないだろうなーと思っていたんですが、どーも居心地がいいのかいろんな話をしながらソファでゆったりしてテレビなんかも楽しそうに見てる。


”こりゃ、ランチ決定だな”


と、思ったので、とりあえず粉はあったのでそれで焼きましたよ、超特急で。。。
ほら、ベーグル。
b0208620_18492264.jpg


だけど、これに乗せたりはさんだりする野菜も何にもないので バターとジャムで食べていただきました。

そして、隠し持っていた いざと言う時用の、日本のカップスープの素も出しちゃった!(それも最後の一袋)007.gif 


エレンは、そのコーンスープを美味しい美味しい!と喜んで飲んでいました。(そりゃそうだろう!)




そんなわけで、無事なんちゃって料理教室は終わり簡単ランチも食べていただき、エレンは焼いたクッキーを家族へのお土産として全部持って喜んで帰って行きました。


きっと彼女にしては物足りないランチだったと思うけど、夜になって

「無事に実家に着きました。今日はとても楽しかったです。ありがとう」

と、言う彼女からのメールが届いたので、まあ、良しとしよう。




で、私ベッドに入ってから、 「あ~っ!」  と気づいてしまった。


クッキーにいつも入れる、シナモンとコンデンスミルク入れるの忘れたよ!!!!!!!


どーりで、ちょっと出来上がりがいつもと違ってたはずだ。。。 (気づくのが遅すぎ!)


エレンには黙っておこう・・・



読んでくれてありがとう!
応援おねがいします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-04 19:21 | ガーナ出来事

料理教室開校

なーんて、とてつもなくオーバーなタイトルをつけてますが、ウソです。


実は、今日ガーナ人の女性がクッキーの作り方を教わりに家へ来るんです。ただそれだけ。。。


その女性と言うのは、ごん兵のオフィスで働いていて、よくごん兵が持って行くおやつのクッキーを分けてあげてるようで、是非とも作り方を教えて欲しいと言ってきたとのこと。

ただ、はっきり言っておきますが、私は人様に教えるような料理の腕前はまったくありませんし、お菓子なんかいつもレシピを見ながら・・・。

だから、教えて欲しいって言われたときは、「へ?私?」と言うちょっと焦りました。



「私になんか教わらなくても、ネットで探せばいくらでもあるよっ!」   (これ、マジで)


なーんて冷たいお返事はできませんので、よろしければどうぞ~、と招待してしまいました!

あと1時間もしない内に来るので、ちょっと焦ってこれ書いてます。


で、今日一緒に作ろうと思っているのが、これ

b0208620_17453761.jpg

オートミールのクッキー、チョコとレーズン入り。


理由は、チョ~簡単だから! あはは037.gif

そんでもって、美味いから言うことなし! 


「これは、”良く作るお菓子リスト” の中に入れておいて!」

と言うほど、ゴン兵は大好きです。



で・・・・・



クッキーを作るのは簡単だし、問題ないんだけど~・・・・


もしかしたら、彼女がここでランチも一緒に食べようとしているかもしれないということ。



はい、昨日の話の通り、家の冷蔵庫には野菜ありません。 果物もゼロ。
あるものは、粉類とシリアル・・・・・。 

それをごん兵に言ったら、

「きっと、彼女はすごいご馳走が食べられると思っていると思うよ~。クックックッ037.gif

なんてことを言ってやがる!047.gif
(奴は何か彼女に言ったな・・・・・ お調子者め



さあ私、どうするよ・・・?



料理教室の報告はまた明日!


読んでくれてありがとう!ここクリックお願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-05-03 18:04 | ガーナ出来事