タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ごん兵のニホンゴ

お恥ずかしい話ですが、私達近所の子供達に英語教えてます。

まあ、教えるっていったって ”英語に慣れる”っていうくらいですが・・・。

子供達(小学生低学年)はとりあえず ごん兵、、、すなわち ”ガイジン”に興味があるのでそこを利用してなんとか英語に興味を持ってもらいたいというのが私達の願いです。
子供達の親達はきっと、「綺麗な発音でペラペラ~と英語を話すようになって欲しい」
と願っているとは思いますが・・・・。

で、ついでに子供達と関わることでごん兵もニホンゴを少し上達していただきたい、と言うのは私個人の願い。

だけど、この男、なにせ覚えが悪い!(大きな声では言えませんが・・・028.gif

3年前に教えた、

上、下、前、横、後ろがまだ完璧ではありません・・。。044.gif

でも、そうかと思うとテレビでいつも流れる変な言葉は完璧に真似をしたりしてよくわからない男です。
例えば、あるテレビのコマーシャルで、

「我々は、なんとかかんとか・・・」と言うフレーズを繰り返すのがあるんですが、この ”われわれは”と言う・・・そうなんです、言葉ではなく”音”に興味をもったらしく意味を私に聞いてきました。

どうやらこの言葉はとても覚えやすかったらしく、やたら使いたがります。
でも、”我々は”なんて言葉、日本人同士の普通の会話では使わないわけです。だけど、ごん兵は好きみたい。
実際、音だけを拾ってみると、確かにすごい言葉です。
”Wa re wa re wa"    ね?

で、ごん兵、私の義兄に言いました。
ワレワレハ、スーパーにイキマス!」(スーパーにいってきますねー、と言う軽い会話のわけ。)

すると、義兄はすかさず、敬礼の真似をして手を頭に当て
「ハイ!行ってらっしゃいませ!(敬礼!)」 と真面目に返してくれました。

見てた私達は大爆笑!テンポ良く返事を返してもらったごん兵はご機嫌でございました。



ところで、ニホンゴには ”擬音語”と言うのがありますよね。あれはガイジンに説明するのがとっても難しい。
だけど、結構みんな使うのでごん兵そのたびに、「どうゆう意味?」と私に聞きます。
特に擬音語は反復するので音が面白いらしい。

例えば、「ブクブク」
泡が立ったり沸騰するときに使いますが、「ブクブク音がするからね」と軽く説明。
実は、ごん兵りんごサイダーを作ってるんですが、その発酵の為に使う器具のことをブクブクと呼びます。なぜかと言うと、発酵してるのでブクブク音を出すから。
それで、今年もりんごのシーズンになったのでりんごを仕入れ発酵させてるんですが、ごん兵、その記録をカレンダーに書き込んでます。


で、ブクブク発酵させるための器具を取り付けた日を書き込んでたんですが、昨日そのカレンダーを見て気づいた!
b0208620_133545.jpg

Buka Buka Green Apple」037.gif037.gif037.gif 

ブクブクじゃなくて、

”ブカブカ”になっちゃってました~!


ちなみに、ブカブカの意味を説明するのがまた面倒なのでほっといて置くことに決定。
っていうか、ごん兵そのブクブクとブカブカの違いを覚えるまでに1年くらいかかりそうなので・・・。

それから、コマーシャルでやってる女性の化粧品関係でよく使われるのが 「ツルツル」とか「ぷるんぷるん」

ごん兵、さっそく私に聞きます。 「ぷるんぷるん」って何?

ぷるんぷるん・・・・ねえ・・・。

と考えてみたもののどうやって説明したらいいのか??
思わず、ごん兵のビールで肥えた腹を突っつき、「これ、ぷるんぷるん」

すると、ごん兵は 「あー!太ってるってこと?」

あーあ、そうきちゃったかあ、と一気に萎えてしまう私。
まあ、その後にプリンを例にあげたり、ツルツルの説明はハゲとか卵とかそんなものを利用させてもらって説明しました。


そんなわけで、ごん兵のニホンゴの進歩は牛歩の如くつづく・・・・。



読んでくれてありがとう!
ついでにここクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-25 13:15 | 旅~日本

今朝の散歩

この山の中、今朝の朝は寒かった!
富士山も初冠雪らしいからねえ。


でも、空は青く気持ちのいい朝だったので裏の畑に散歩に行きました。

そしたら今日は始めてミスター・オールドマン(90歳になるオジサン)の奥様に会いました。
今まで彼女が山で仕事している時に出会ったことがなかったので、オバサンも私がいったい誰だかわからなかった様子でしたが、近くに行ったら「あ~っ!」とびっくりしてましたがわかったみたいでした。

ごん兵とおばあさん
b0208620_1311858.jpg


なぜか、この辺の人たちは顔を見るとなんでもくれたがります。

このミセスおばあさんさんも、畑の茄子、赤ピーマン、辛子、レタスを取ってくれました。

ごん兵はおばあさんの畑の紫の大きな豆を見てびっくりしたらしく、あれこれおばあさんに質問攻め。
おばあさんは英語がまったくわからないのにも関わらず何故かごん兵が質問することがわかってしまっていて私がびっくり。

このおばあさんももう80歳をとっくに超えてしまっているんですが、まだまだ山に登ってきてこうやって畑仕事できるので元気元気。

「まだまだ元気だね~」
と私が言うと、こう言いました。

「畑はもう疲れるから大変!だけど、ご先祖様に怒られるからちゃんと管理しないとね」

”ご先祖様”
まさかこんな所でご先祖様のことがでてくるとは思ってませんでした。
畑の管理もご先祖様から引き継がれてきたものなんでしょうねえ。


近くでは稲刈りをするおばあさん。
b0208620_13115639.jpg

うわっ、手でご丁寧にまとめてる~~!
このおばあさんももう80歳を過ぎてます。


実は私の実家のある地区、200メートル四方のこの地区でなんと100歳を超える人が3人もいるらく長寿が集まってます。すごいな~。
100歳を超える人が沢山いる中で、80歳なんてまだまだ若いんだろうな。


散歩は1時間ほどしてきましたが、あちこちがすっかり秋の景色です。
まだちょっと早い栗
b0208620_13183394.jpg


やっぱりお天道様で乾かしたお米が一番美味いんだろうな~
b0208620_1319842.jpg



読んでくれてありがとう
ついでにここクリックお願いします

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-24 13:22 | 旅~日本

ミスター・ベジタブル

昨日の強力な台風、私達の方面は運よく避けて通ってくれたようで、風も雨も警戒していたほどひどくありませんでした。

それにしても、日本ってこんなに台風って頻繁に来るんでしたっけ?

昔、子供の頃は台風で学校が休みになるのが楽しみでワクワクしながら ”台風こないかな~”なんて待ち望んでいましたが、学校が休みになったことなんて一度あったかなかったか、だったような・・・。



さて・・・話は変わりますが、私達は今山の中に住んでます。(前にも話しましたが)

こんなとこ。
b0208620_10515558.jpg

夜は熊、狸、鹿なんかの遊び場

私達の住んでる家の周りには家は2,3件あるだけで、後は畑と田んぼが広がってます。
私が子供の頃はこのあたりには家はまったくなく畑と田んぼだけだったんですが、スキー場が出来た関係で今はペンションなんかが建ってます。

私達は朝、夕と裏の田んぼ畑の周りを散歩するんですが、そこで働く老人達によく遭うので最近では皆顔見知りになってきました。
もともと私は地元人間なのでほとんどの人は知ってるのですが、変な外人、ごん兵のことは最初は皆怪奇の目で見てました。

ごん兵は誰でもかまわず自分からデッカイ声で「オハヨーゴザイマース!」と挨拶する男なので、最初はちょっとガイジンを敬遠していた老人達も、最近は笑顔で挨拶してくれます。



実は私達、7月8月はほとんど野菜は買わずに生活してました。

それはこのあたりで畑をしている人からのおすそ分けで・・・!!

キュウリ、トマト、茄子、ピーマン、いんげん、キャベツ、だいこん、トウモロコシ はほぼ定期的に誰かしらから頂き、トマトなんかもらいすぎて食べるのに忙しいほど。

ある時は、朝起きたら玄関の前にもぎたてのトウモロコシが置いてあったり(未だに誰がくれたのか不明(笑))、最近はビールのお供、”枝豆”が届くようになりました。
私達がのん兵衛だと言うことも結構知られてしまってるようです。

私はほとんどの人の名前は知ってるんですが、ごん兵はもちろん知らないし多すぎて覚えられない。

そんな時私が説明するのは、「ずっと前に始めてキュウリをくれた人だよ」 とか、「あそこで豆作ってる人」、「スイカ作ってる人」、「病気で酸素吸入の管つけてるおじいさん」、と言った感じです。
なので、ごん兵の頭には名前よりも、何を作っている人と言う感じで人を覚えてしまったようで、ごん兵と私の間で知らない間にニックネームが作られてしまってました。

最初にキュウリをくれたおじさんは 
”ミスター・キューカンバ (キュウリ)004.gif

と言うように、他の人も 
”ミスター・ウォーターメロン(スイカ)”

”ミスター・オールドマン(酸素吸入をしているもうすぐ90歳になるおじいさん)”

そして私達の家の裏で豆を作っている人たちのことはもちろん!
”ミスター・ビーン(豆)027.gif 
ミスター・ビーンはミセスも時々見かけるので、ミセス・ビーンもいます。

みんな英語が出来ないお年寄りなのをいいことに好きなニックネームをつけている失礼な私達です、はい。


私達の間の会話は、

「今日、ミスター・キューカンバが通りすがりに手を振ってたよ」とか、
「ミスター・ウォータメロンからキャベツもらったよ」

っていう感じ。


そんなミスター・ファーマー”の人たちから
「好きな時に勝手にトウモロコシもいで行っていいぞー。熊に食べられる前に持って行け」
「こんなにキャベツあっても家じゃ食べきれないから、取って行け」 

などと言われてるので、私達フリー状態で野菜を調達してきてます。

ちょっと前には私の大好きなミョウガが出来始めたので、ミスター・フレンドリー(いつもフレンドリーだから)の所から、10個ほどミョウガを勝手に頂き、その傍にある親戚のおばさんの家のシソを3枚ほど頂き、もらったキュウリとあえて漬物としていただきました。

あ、ミスター・パンプキンからもらったデッカイかぼちゃがあったんですが、その前に近所の人からもかぼちゃもらったりしてかぼちゃが3つにもなってしまいました。
私、かぼちゃ誰かが料理してくれる分には好きなのですが047.gif、あの固いかぼちゃに包丁を入れるのが苦手で手をまったくつけないでいたら、私をよ~く知るおばさんが来て持っていってくれ、そのかぼちゃは翌日にはかぼちゃの煮つけで帰宅しました。006.gif グッジョブ!おばさん! 


こんな贅沢な食生活できて幸せ者の私達です。
Thank you Mr. Farmers!


もう夏が終わりになり届く野菜も少なくなってきました。これも自然なことです。

田んぼの稲もすっかり実り始めここはすでに秋です。
b0208620_11261445.jpg




読んでくれてありがとう!
ついでにここクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-22 11:35 | 旅~日本
ムチウチの首は昨日よりはいくらか良くなっている気がします。
でも、調子に乗って何かのきっかけでグギッ!!と痛みが走ることがあってそのたびに涙目になってます。

さて、この怪我の原因のパラグライダーですが、きっと一人で飛べるようになったらこんな気持ちのいいもんはないんじゃないかと思います。

ごん兵は昔からスカイダイビングをやってて今までに飛んだ数は500回を超えるんだそうです。(おい、気は確かか?)
でも、だんだん歳を取ってきてパラグライダーみたいにのんびり空の空遊を楽しむのもいいかな、と思い始めたらしんですが、確かにパラグライダーは歳を取っても出来るスポーツですし、ゆ~らゆらと静かに風を感じながら下を見下ろすのはなかなか良いかもしれません。

実は、私達が今習っている場所には86歳のおじいさんがいます。
彼は80歳でパラグライダーを習い始めたそうですが、いやいや元気元気。
ダグはそんなおじいさんを見て、「俺もあーなりたい」と強く思ったらしい。


ま、でも86歳のおじいさんの半分ほどの年齢の私もこうやってムチウチになってしまうくらい、下手したら結構危ないスポーツではあるので、ちゃんとレッスン受けてなんとか安全に飛べるようになりたいもんです。


ではちょっと私達の練習風景を・・・

インストラクターに手ほどきを受けるごん兵
b0208620_1138598.jpg

インストラクターの彼は英語話せます。


おっと、ちょっとパラシュートが傾いてますが・・・??
b0208620_1140638.jpg


お~っ!飛んだ飛んだ
b0208620_1141627.jpg



実はねえ、ごん兵、かなりせっかちです。
スカイダイビングでパラシュートのことは知っているので、なんかすぐにでも飛べると思っているらしく、インストラクターの言うこと聞きません。とっとと飛ぼうとしてしまいます。
でも、なかなか思ったより上手く行かないのがわかったらしく、最近は言うこと聞くようになりました。


で、私は・・・・

バテてます・・・・042.gif042.gif
b0208620_11434278.jpg

もうねえ、30度を超える暑さの中、パラシュート担いでオッチラオッチラ登るだけで汗びっしょりです。

でも、私の場合、上手く風に乗るとものすごい勢いで浮きます。

こんなふうに。ほらね006.gif
b0208620_11461995.jpg

ごん兵に比べると身体が軽いので浮いちゃうみたいです。
それを見るごん兵の羨ましそうな顔と悔しそうな顔がたまりません!037.gif


だけど、身体が軽いことも災いし、風に足をひょいっと取られひっくり返り頭を強打。そしてムチウチと言う結果になったりするので調子に乗ってごん兵に見せびらかしてる場合じゃない・・・ってことを学んだ私でした。


ま、何事においても謙虚な態度は大事 ってことですね。



強力な台風近づいてます。
大きな災害になりませんように・・・・。

読んでくれてありがとう!
ついでにここクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-21 11:53 | 旅~日本

病院へ

今日は病院へ行ってきました002.gif002.gif002.gif


ムチウチで・・・007.gif007.gif




実は私とごん兵、ちょっと前からパラグライダーのライセンスを取るレッスンを受けてまして・・・。


3回目の一昨日、風に吹っ飛ばされて ”負傷”・・・。


首痛くて動かせません。
寝返り打つにも痛いし、歯磨きしてうがいしようと上向こうとしたら・・・ゲッ!!!痛くて駄目!
お風呂上りに髪を拭くにも痛いし、くしゃみすらも出来ない・・・。

実はかなり頭を強く打ったので心配したんですが、今の所おかしなこと口走ったりしてなさそうなので頭の方は大丈夫そう。

とりあえず、病院に行ってレントゲン撮ってもらって骨には異常のないことを確認したので、しばらく安静にしておくだけで良さそうです。


今日、病人に行って思ったんですが、ニュージーランドとここ日本のドクターのアドバイスがかなり違うんですよねえ。
私、前にニュージーランドで運転してて後ろから追突されて、その時に軽いムチ打ちになったことがあるんですが、あの時は確かドクターは真っ先にストレッチだのリハビリだのと言ってバシバシ運動させられたんです。
なので、今日お医者さんに「マッサージとかストレッチとかしたほうがいいでしょうか?」と聞いたら、

「駄目駄目!痛みがあるうちは安静にしておくこと!」

と厳重に注意されました。


ニュージーランドのドクターは
「筋肉が固まってしまうと治癒に時間がかかるから、痛いのも少し我慢してストレッチするように」
って言ってたよなあー。


どっちがいいのかわかりませんが、かなり痛いので ”安静”方向で行きたいと思います。


ってことで、日本のドクターに軍配あり! (なんのこっちゃ047.gif・・・失礼しました)



そんなわけで今日は終わり

読んでくれてありがとう!
ついでにここクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-20 16:31 | 旅~日本

日本の夏=雨

さて、私は日本の夏を過ごすのは10数年ぶりです。
ずっとニュージーランドに住んでいて、毎年仕事を兼ねて2,3週間日本には帰ってきていたものの時期はいつも5月か6月だったので、夏(お盆)はずっと過ごしてませんでした。

そんなわけで今回はごん兵と一緒に日本の夏を過ごそう、と言うことになったのですが、日本の夏は

”雨が多い!!057.gif

ってこと、すっかり忘れてました。

雨なんかほとんど降らないニュージーランドの夏を過ごしていたので、日本のこの雨の多さにはびっくり。

ニュージーランドの夏の天気予報は
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
なんてことは夏は普通。(注:冬は雨が多い)
逆に雨が少なくて電気不足の問題が起こってしまうことはしばしばです。(水力発電に多く頼っているため)
ま、雨が少なくて緑の丘がだんだん茶色になっていって、山火事とかの危険大になるのも問題なんですが。。。



さて、そして日本と言えば
058.gif058.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif058.gif057.gif057.gif

みたいな予報で ”あ~日本は亜熱帯気候だったんだな~” と改めて小学校の社会で習ったことを思い出している私です。


でも私は雨でも大丈夫。意外に雨の日が好きだったりします。
洗濯物が乾かないのは嫌だけど・・・。


で、

お天道様大好き男、外で遊ぶのが大好きな男が雨続きの日をどう過ごしているかと言いますと・・・、

最初はいいんです。1日か2日は。
1日目は「DVD観よう!」とか言って、ソファでドデ~ンとくつろぎ映画を鑑賞。

2日目は、家の中でも出来る日曜大工を探します。父の大工の作業場は今はほぼ9割の確立でごん兵が使っているんですが、雨の日はそこであれこれ機械いじって遊んでます。

でも3日目になるともう駄目。
目つきが変わってきます。
これ以上太陽見られなきゃエネルギーがなくなってしまうかのごとくしぼみます。
おそらく彼の身体はソーラーパワーでつながれているんじゃないかと思います。



さて、今日は台風が近づいているものの、まだかろうじて晴れ!058.gif003.gif
でも明日からはしばらく057.gif057.gifこんな天気の模様。


さあ、ごん兵よ、今の内に十分充電しておくがいい!



読んでくれてありがとう!
ついでにここクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-19 12:25 | 旅~日本
バンクーバー島のビクトリアで1日だけ過ごした私達は、その翌日またフェリーに乗ってバンクーバーに戻ってきました。

バンクーバーでの滞在も残りわずか。

ってことは、このアメリカ・カナダの長い旅も終わりってこと。


帰る前にあと丸一日あったので、キャピラノ渓谷公園という場所に行ってみることにしました。

ここは歴史も古いようで1888年に小さな釣り橋がかけられてから多くの観光客が訪れているそうです。

歴史を物語る写真なども展示してあります。
b0208620_15233517.jpg


有名なつり橋はこれ。
b0208620_15215786.jpg

グラグラ揺れるので、お年寄りとかは真剣に歩いてました。

ちょっと高い入場料を払って入ると、そこは森の中。
b0208620_15262834.jpg


古い建物があったり
b0208620_1529163.jpg

お尻がむずがゆくなるような橋を通ったり・・・。
b0208620_15302411.jpg


規模的には大きくはありませんが、自然たっぷりでそこだけ空気が違った感じがしました。


あ、こんな所でもカナックス(アイスホッケーのチーム)の応援が・・。
b0208620_15315199.jpg

「ゴー カナックス ゴー!」

その夜はずっとずっと旅行中気になって仕方なかった 「ボストンピザ」屋さんへ!!!
b0208620_15353632.jpg

もうあっちこっちにあったんですが、なかなか行く機会がなく帰る前に一度行かなきゃっ!と思ってました。
でも、その晩がカナダ最後の日だったので、もう何が何でもボストンピザだ!と言う意気込みで行きました。


それにしてもどこへ行っても、「ハワイアン」を注文するっていうのはどう???
(注:ごん兵、ハワイアン(ハムとパイナップル)が大好き。)


翌日はいよいよバンクーバーから日本へ飛び立つ日です。
長いようで短かったような、6週間のアメリカ&カナダの旅も終わりです。

空港では名残惜しくこの飲み物を頂いて・・・と
b0208620_1543090.jpg



・・・と書いていたら、実は名前が思い出せないっ!

これはカナダのどこかのバーで隣に座っていた見ず知らずのお兄ちゃんに薦められたもので、かなり辛いです。でも最高に美味しい!!!
辛いものが苦手な男(ごん兵)はオーダーしたものの飲みきれず私が全部飲んだ!
あ、もちろんアルコール入ってます、はい。



と、そんなわけで私達のアメリカ・カナダ旅行無事終了。
実は飛行機で成田に飛び立つ日は私の4〇歳の誕生日067.gifだったんですが、なーんにも特別なこともなく成田に到着したらとっくに日が変わっていてしかも翌日の夕方になってた!!!008.gif008.gif007.gif 021.gifなにそれ~

ま、でも何事もなく無事旅を終えたので良しとしよう!



さて・・・・

私達、アフリカのセレンゲティ国立公園の旅も含めると約2ヶ月旅をしてきました。
ごん兵とがっぷり四つの二人だけの旅立ったので、もちろん喧嘩もしましたが、途中で車から降ろされることも私が蹴り落すこともなく(笑)二人揃って帰ってきました。
旅は人生の縮図とも言われますが、旅はいろんなことを教えてくれるし、相手のいろんな所も見せてくれます。
そして何より、いろんな自分を発見すると言う貴重な時でもあると思います。

「あれ~?私ってこんなんだったっけ~???」

と言う、良くも悪くもいろんな驚きと落胆015.gifがいっぱい詰まった旅でしたね。

そんな私に辛抱強く付き合ってくれたごん兵に感謝です。


長々とこの旅日記を読んでいただきありがとうございました。


さて、次は今現在の日本での田舎生活の模様をお伝えしたいと思います。
ごん兵、日本滞在5回目だけど、ニホンゴぜんぜん上達してないっていうのはどうゆうこと??
なんてことも含めてお伝えします。

お楽しみに


読んでくれてありがとう。
ついでにここクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-17 16:04 | 旅~アメリカ&カナダ
バンクーバー島のトフィーノでいろいろアクティビティーをして過ごした私達は、今度は島の一番南にあるビクトリアに行くことにしました。

ビクトリアからはフェリーでバンクーバーにももちろん行けますが、アメリカのシアトルにも行けるのでかなりの観光客でにぎわう町です。

b0208620_1156142.jpg

b0208620_11563252.jpg


海辺のホテルにチェックインした後、ホテルの目の前の海辺を歩き街中へ。

そして当然そこにはバーがあるわけで・・・

3つのミニハンバーガー(味全部違う)とビールで夕食068.gif
b0208620_11581555.jpg

なんてヘルシー~!046.gif

ビール2杯ずつ飲んで腹いっぱいヘルシーハンバーガーを食べて帰る頃には外はもうかなり薄暗くなっていました。
しばらく歩いていると、海岸沿いに10人ほどの人だかり。

なんだなんだ?と覗いてみると、完全防備に身を包んだお兄さんがこんなことしてました。
b0208620_1222767.jpg

ファイア~!!005.gif

彼はスプレーで絵を描くいわゆる芸術家。

つなぎ着て、顔にはマスクして、変な音楽をかけながら軽快に動く彼の姿に興味を持ってみんな集まってます。

そんな彼の作品はこちら


b0208620_1254130.jpg

b0208620_1284739.jpg



はっきり言いましょう。

こうゆう絵 ”好きです”
もっと言うと ”大好きです”

だから買っちゃいましたよ、もちろん。
だって惚れちゃったもの。おまけにかなりお手ごろなお値段だったんだもの。(1枚2000円ほど)


ちなみに彼のお母さんも彼の双子の兄弟も芸術家だって。
やっぱりそうゆうのって ”血”なんでしょうか。


そうこうしているうちに外はもう真っ暗でこんな綺麗なライトアップが。
b0208620_1213742.jpg



なんかあまり観光らしい観光もしませんでしたが、ビクトリアの滞在は終わり~。
翌日はまたフェリーでバンクーバーへ戻ります。


つづく


読んでくれてありがとう。
ついでにここクリック、ありがとう!

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-15 12:18 | 旅~アメリカ&カナダ
さて、運よくシャチが内海までやって来たというニュースが舞い込んできたので、ガイドのお兄さんはボートをぶっ飛ばし町の近くまでやってきました。

でも、シャチたちは更に内海の入り江の方へ向かって行ったらしく、私達は彼らを追いかけていきました。



ところで・・・

シャチは別名を ”海の殺し屋”。英語ではOrca:オルカ、 別名:Killer Whale:キラー ウェールとも言われています。
肉食で海洋の食物連鎖の頂点に位置し、武器を使う人間を例外にすると自然界の天敵はいない!んだそうですよ、皆さん。005.gif034.gif

テレビなどでシャチが浜辺で遊ぶ子供のアザラシなんかをバックリ食べてしまう映像なんかを見たことある方もいるかもしれませんが、彼らのあの獲物を狙う姿はまさに ”殺し屋”と言う名前にふさわしいです。

まあ、彼らだって生きて行かなければならないわけで、あれだけの身体を維持するためにはかなり食べないことにはもたないんだから、仕方ないですけどね。


ちょっと話は飛びますが、私昔大好きだった映画が「フリーウィリー」と言う人間に飼われているシャチを子供が海に逃がしてあげるというもので、それを見た時にはシャチがそんなに怖いクジラだとは知りませんでした。
綺麗な体しているし、サメみたいな凶暴そうな目つきもしてないしねえ。


ま、そんなわけで、初めて本物のシャチに会えるのか!? と言う感じでかなり興奮気味な私達でした。


本来のツアーの終了時間が近くなっているので、皆なんとか帰る前にひと目シャチを見たい!と皆目を凝らして探していました。


すると誰かが、 「いた~っ!!」 

海からにょっきりヒレが見えます。
b0208620_1155734.jpg

シャチは群れで移動するのが普通でこれは親子のようです。


身体全部が見れないのは仕方ないけど、やっぱり本物が目の前にいると言うのは感動。
b0208620_11113715.jpg



シャチはほんの数分こうやって泳いでるんですが、またしばらくするとススーッと海の中に入ってしまってなかなか出てきません。だから次に彼らが姿を出す場所がまったくわからず、私達はみんなあっちこっち見て探します。

他のボートもやってきて私達と同じようにシャチが姿を現すのをじっと待ってます。
b0208620_11143019.jpg




結局そこで30分以上シャチを観察したんですが、気がつけば時間がかなり押してまして陽もだいぶ傾き始めてしまってました。
仕方ないのでそこでシャチとはお別れ。


・・・・・あれ? 今何時?・・・・

・・・・7時・・・・



005.gif005.gif005.gif

すーっかり忘れてたよ!
私達、その晩はトフィーノから20分ほど走ったところにある海辺のレストランを予約してあったんだった!!!

そこは、最終オーダーが8時で、私達は7時30分に予約をしていたんですが、ボートが浜辺についた時点で既に7時半!!!!
慌ててツアーデスクのお姉さんに電話をかけてもらい、超特急で行くので待ってて欲しいと伝言し、宇宙服なんて脱ぎ捨てるようにしてそこを去りました。


通常80キロ制限の道を120キロでぶっ飛ばし005.gif着いたのはほぼ8時!

駐車場からも全力疾走で走り、レストランに駆け込んだ私達の姿ったらかなり激しいもんでした。


でも、レストランのウェイターの人たちは笑顔で迎えてくれ(内心はイライラ度高かったはず)、ちゃんとオーダーを取ってくれて無事食事をすることができました。


「は~あ~~~よかったね~~~042.gif
と、全力疾走とストレス度マックス後のビールは最高に美味かった!!!068.gif
b0208620_11265570.jpg




腹をすかせ食事にむしゃぶりつく私達とは正反対に、前のカップルはもうラブラブ世界へまっしぐら!010.gif016.gif053.gif053.gif
b0208620_11284323.jpg


本来はそうゆう場所なんだろうな・・・015.gif
ま、でもいいや、結構満足だったからね。
その前に、私達の汚いいでたちから言ってラブラブのロマンチックモードは無理!ははは



そんなわけで忙しい一日は終了しました。
b0208620_11382059.jpg



つづく

読んだついでにここクリックお願いします。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-12 11:39 | 旅~アメリカ&カナダ
バンクーバーアイランドには天然の温泉があるという情報をゲット。

行きましたよ、行きました!
温泉アレルギーの私ではあるんだけど、一回くらいなら大丈夫なので行ってみました。

そこはトフィーノからボートで1時間ほど北に行ったところにあるそうで、着替える所とトイレはあるものの食堂もなにもない場所らしい。
一応言われたとおりの物(タオルとかお弁当)を入れたバックパックを担いでツアーの集合場所へ行きました。


で、行ってみたら、まずこれを着させられました。
b0208620_17164325.jpg

これから宇宙旅行ですか?!と言う様なガッチリした服。

そして更にこの上にもジャケットを着て、手袋と毛糸の帽子もかぶります。
それくらい着ないとボートの上では寒くて耐えられないんだそうだ。。。うそ~008.gif

もう着た時点では暑くて暑くて汗だく!
b0208620_17191598.jpg


でもボートで出発したらすぐ納得でしたね。
手袋してても指先がものすごい冷たくなってしまって思わずジャンパーの中へしまうくらい。
b0208620_17223590.jpg

かなり揺れ揺れでしっかり捕まってないと振り落とされそうになる~!

私はちょびっと船酔いが心配だったんだけど大丈夫だった・・・ふぅ~042.gif


さて、無事着きましたが、実はそこから30分弱歩いて温泉場所に行かなければなりません。
こんな林の中を歩いていくんですが、なかなか綺麗な場所でした。
b0208620_17264579.jpg



歩いて30分弱、
さあ、温泉はどこ?温泉は?

行ってびっくり!
私達が着いた場所は、岩場のこんな所でした。
b0208620_1730134.jpg


温泉が流れていく先は海。 ”黒くなりたい”白人はせっせと焼いてます。
b0208620_17441951.jpg


そこは山から温泉が川になって流れていて、所々小さな水溜りになっているんですが、そこにみんなそれこそ”芋洗い”状態で入っているんです。

入っているって言っても、水の深さは30センチもない!!!
子供の小さいビニールプールほどの場所が一番大きい場所なんだけど、そこにはうるさい
中国人の若者が8人ほど、もうそれこそギュウギュウ詰めで入ってました。

滝のようになっている場所が一箇所あったんですが、そこも滝に当たるにはボコボコの岩の上に座ってやっと二人当たれる程度。

もうね、はっきり言って ”温泉に浸かる” と言うことはその時点で完全にあきらめました。

うるさい中国人の若者たちは、他の人たち(おそらく15人ほど)の白い目なんかまったく気にせず、ものすごい大きな声でしゃべっているし、温泉に浸かりたくてもつかれないし、小さな水溜りのような温泉は他の人たちでいっぱいだし、そのうちに寒くなってくるし・・・022.gif なんだか、どうでもよくなってしまった私達は、とりあえず持ってきたサンドイッチを食べてサッサと着替えてしまいました。

そして来た時と同じ道をゆっくりと歩いて帰ってきました。

私達は温泉よりもこの遊歩道を歩くほうがぜんぜん楽しめましたね。



もしも皆さんがトフィーノに言って、この温泉ツアーに行かれる場合、どうか日本の温泉をイメージしないことを強く忠告します。
日本の温泉のように肩までゆっくり浸かってのんびり~、などと言う温泉とはほど遠い場所です。

それにしても、なぜ中国人ってどこに行ってもあーやって周りの迷惑もかえりみず大声でしゃべりまくるんでしょう?028.gif・・独り言・・・



さて、ちょっと残念だった温泉を体験し、帰りもまた同じように宇宙服で完全防備で帰ります。

揺れないといいな~・・などと思っているとガイドのお兄さんに無線が入り、なんと!


”シャチが内海に来てる!町からも見えてる!” と言うニュース!


内海まではまだ30分はあるぞっ。 急げ~!!


さあ~間に合うのか?!


続く


読んだついでにこのクジラ君クリックお願いします。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-09-11 17:57 | 旅~アメリカ&カナダ