タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2010年の冬季オリンピックが行われたバンクーバー。
やっぱりオリンピック会場に選ばれただけのことはあり、かなり充実してます。

b0208620_10294071.jpg


そんなに大きな町ではないけど、いい具合にスキー場の真下に町がまとまってて都合がいいです。
(買い物とか、飲み食いとかね)
b0208620_10331035.jpg


これじゃあ、選手達もここでの滞在を楽しめただろうなあーと安易に想像がつきます。
オリンピックじゃなくても、ここは元々とっても人気のあるスキーエリアですが、もう嫌と言うほどスキーをした私でも「ここでスキーしてみたい」と言う気持ちにさせてしまうほどすばらしい。


さて・・・


このウィスラーの町の中心地に入る少し前に、クロスカントリーの会場があったのでちょっとそっちに行ってみることにしたんですが、車を走らせていると道脇に・・・・

いたっ!!!!!!005.gif005.gif

b0208620_10404966.jpg

b0208620_1041457.jpg

草をムシャムシャ食べてる親子熊発見!

車から覗いている分には、彼らも危険を感じないようで私達が傍で見てても意外に平気そうでした。
で、ものの10分ほどの間に見た熊の数 なんと10匹以上!!!!!


私も熊がじゃんじゃん出る場所で生まれ育ちましたが(それもすごいな)、実際に生きた野性の熊をこんなに沢山見たのは初めて。 熊の剥製をみたり、おじさんが捕った熊の肉を食べたりしたことは何度もあるんですがね。(ワイルドでしょー?)


途中で小熊一匹で歩いているのを発見! かわい~っ!一人で大丈夫か小熊くん?
b0208620_1043731.jpg

なーんて傍によると、木の陰からおっかないお母さんが出てくるので要注意!


もう熊を見るたび、バシャバシャ二人で写真取りまくったので熊の写真山ほど!
でも、意外にろくなのがなくて残念・・・。
動く野生動物を撮るのって難しいです。


さて、ウィスラーについた私達は、まずはビール飲んで037.gif068.gif、インフォメーションセンターに立ち寄り今晩の宿を確保しに行きました。
ついでに翌日のアクティビティーも予約。


宿はやっぱりログハウス。
b0208620_1137402.jpg

ベランダでワインとチーズでご機嫌なオヤジ004.gif


じゃ、明日はアクティビティーだ!
さて、アウトドア好き、アクティビティー好きが集まるウィスラー。
私達のようなおじさんおばさんがするアクティビティーっていったいなんだ??
もしかして、若者に混じってこんなのやるか??????
b0208620_114244.jpg




つづく

いつも応援ありがとうございます。
読んだついでにここ、クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-31 11:47 | 旅~アメリカ&カナダ
カナダに行って、町や空港のバーで飲んだりすることが多かったんですが、そのときに必ずと言っていいほどテレビで流れていたのが、これ

b0208620_1156326.jpg

アイスホッケー!

なんだか大きな大会のようで、ちょうどバンクーバーに着いた時には、バンクーバーのカナックスチームが決勝に進んだところでした。

決勝はバンクーバーと、アメリカのボストンのチーム、ブルーインズ。

話に聞くとバンクーバーが優勝したのはもう40年ほど前の大昔だそうで、これで優勝すればそれはそれは町は大騒ぎです。
もうどこへ行っても、カナックスチームの応援Tシャツやグッズが売られていて、町にもカナックスのシャツを着た人が沢山。
市営バスなんか、前の行き先が書かれるべき所に

「ゴーゴー、カナックス」と書かれているほど。
行き先はそりゃあもちろん、 ”カナックス”  

もう町中が カナックス一色でした。

私達もアメリカ・カナダを旅している間に結構たくさんのアイスホッケーの試合を見たので、かなりはまり始めて思わず私もTシャツ買うかなーなどと、惑わされる始末。

あ、だけど、私の応援チームは  ”ボストン”
047.gif047.gif047.gif あっ、殴らないで~!


だって~ゴールキーパーのティムがカッコよかったんだもの~016.gif010.gif016.gif

ほらねっ006.gif
b0208620_1274823.jpg

おっと、違ったこれはティム様のお尻でした。失礼040.gif

テレビを撮ったので綺麗ではありませんが、これがボストンのゴールキーパーのティム
b0208620_1210288.jpg

別にハンサムでもなんでもないけど、なぜかカッコイイんだ、これが。

ティムはとっても優秀ですばらしいゴールキーパーらしく何度もテレビで放映されてました。

バンクーバーに滞在させてもらいながら、ボストンのTシャツなんか着てたら絶対敵意たっぷりの視線に打ちのめされそうだったのでやめときました。037.gif


実は、この決勝ゲーム、
私達がカナダから成田に立つ日にあり、あいにく観る事ができなかったんですが、なんと飛行機の中で機長が途中経過と結果報告を放送してくれると言うびっくりがありました。

まあ、それだけ大きなゲームだったということですね。

で、結果は・・・・・


ムフフ・・・・・



ティム様の勝ち・・・あ、違った  ”ボストン、ブルーインズの勝ち”024.gif

40年ぶりだかの優勝させてあげたかった気もするけど、カナックス・・・お気の毒でした。

機内でも、「オ~ウ002.gif002.gif
という、ため息があちこちで聞こえたのでカナックスファンが結構乗っていたと思われます。


私達の旅もあのアイスホッケーでかなり盛り上がり楽しませてもらいました。
ありがとう、カナックス&ブルーインズ! そしてティム様010.gif



さて、旅は続きます。
私達はバンクーバーから北にある、ウィスラーと言う去年の冬のオリンピックのスキー会場であった場所に向かいました。
ウィスラー、私達かな~~~り気に入りました。


ではその話はまた後で

いつも訪問ありがとう!!
読んだついでにここクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-30 12:38 | 旅~アメリカ&カナダ
さて、世界で多くの人が「ここに住みたい!016.gif」と多くの人がラブラブなのが、バンクーバーだそうで・・・。
きっともっと詳しく調査をすればその理由はきっと明らかになるかと思いますが、面倒くさがりな私は調査はしません。(苦笑)

話は違うけど、もう10年以上住んでいるニュージーランド、よく日本人から「何故ニュージーランドが好き?」と聞かれるけど、いつも返事に困ります。

「でも、好きだから住んでるんでしょ?」

などと、なんとなく怒ったように追い討ちをかけて質問してくる友人もいますが、そんな時は「まあねえ~、好きじゃなきゃ住めないもんね~」と他人事のようにあやふやな返事しかできません。

でも、どんな所に住もうとも、必ずいい所、悪い所はあるわけで、人も場所もみーんな同様に良し悪しがあるので、私なるべくどっちもつかずの位置に立っていようと思う傾向があります。(そうでありたい)
冷めてる・・といわれるかもしれないけど、しかたありません。(だってAB型だもん)
日本の几帳面さ、物の豊富さ、店員さんの異常なほどのサービス精神さも好きだけど、ニュージーランドのいい加減さ(ほぼすべてにおき)、自然の美しさ、人の少なさなんかも捨てがたいわけで・・・。
アフリカのタンザニアだって、ご飯に石が入ってたって、皆身体洗えないから臭くったって、綺麗な水がなくったって、それなりに楽しんでいられたしね。

「住めば都」といわれるように、住んじゃえば、まあオッケー?!みたいな感覚です、私。
あ、でも好んでタンザニアには行かないけど・・・。



さて、そんな感じで血の温度が非常に低い私ですが、人気のあるバンクーバーがどんなに良い町なのか見させてもらおうじゃないの!とちょっと血温度高めに乗り込みました。


で、最初に目についたと言うか、印象深かったのは


中国人の多さ!!


ここはどこ?状態でした、私達。


バス・電車に乗って町に行ったんですが、乗客の9割は中国のお方々。
あるショッピングモールに行っても、確実に白人よりも中国人が多いっ!!
町の中心街ももちろん、中華通りみたいな通りもあるけど、銀行や会社の名前も英語じゃなくて中国語で書かれているのがかなりありました。

恐るべし・・・。



さて、そんなことはさておき・・・
バンクーバーのハーバー付近、要は観光地を歩くことにしました。

町のシンボル的存在のスチームクロックもとりあえず見て~
b0208620_13165827.jpg


やっぱり観光名所のトーテンポールも見て~
b0208620_13205676.jpg


ハーバーでヨット所有の夢を見て~
b0208620_1317473.jpg


ごん兵は完全にこの方々(水上飛行機)に魅せられメロメロ状態で~
b0208620_1319175.jpg



あ、そうだ、町に行く前にローカルのマーケットにも行きました。
週末だったのですごい人ごみでしたが、思っていたよりも楽しかったっ!
b0208620_13241585.jpg

b0208620_13252120.jpg

ベーグルは好きな具を選んでサンドイッチを買いました。ごん兵はクリームチーズとサーモン、私はハムと野菜いっぱい。
b0208620_13234033.jpg


ここでも、野菜やフルーツを売ってる人たちのほとんどが ”中国人”。 

この先、この町は中国人に埋め尽くされるんじゃないか? と思わずにはいられない光景が多すぎです。



さて、実はちょうどこの時期、この町はある出来事でものすごい盛り上がっておりました。
それは何でしょう?

続きは明日


読んでくれてありがとうございます。
ついでにここ、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-29 13:37 | 旅~アメリカ&カナダ
ジャスパーでの最終日、私達は近くの湖でカヌーをしました。

湖から見えるこの山の名は”ピラミッド”
b0208620_13241389.jpg


「はい、後ろの人~どんどん漕いでくださーい」
b0208620_13263138.jpg


「オイコラ!寝てる場合じゃないっ!022.gif
b0208620_13273012.jpg



カヌーでちょびっとだけ運動をした気分の私達は、そのままジャスパーを出てまたカルガリーに向けて走ります。

途中でケンモアに泊まって、また同じホテルに泊まり、同じバーで食事をしてかなりケンモアファンになった私達。
町に不動産屋さんの窓に張ってある、物件を除きなんだか家まで買う気か、おい? と言う感じのごん兵。
(実は、この男にとってはよくあること)

まあ、それだけ気に入った町だったってことです、ええ。


そして、ケンモアからカルガリーの空港へそのまま直行し、今度は最終目的地のバンクーバーへ飛びました。

結局、カルガリーはあの巨大アウトドアショップを見ただけ・・・。
いいのか、そんなんで?!
町の中心にも行かず観光もせず、カルガリーに失礼な私達です。(すみません)

実は空港の様子もまったく記憶がないほど、カルガリー、”印象薄”。
次にもし行くことがあったら是非、その時は町の様子を見させてもらいたいと思います、ええ。


さーて!!
いよいよ、バンクーバーです!
住んでみたい町のトップに上げられている人気ナンバーワンの場所。

ささ、行ってみましょうよ。そんなに人気のある町、見させてもらいましょうよ。ねえ。


と、バンクーバーで撮った最初の一枚は、これでした。


それは

”ジャパドック” JAPADOG! 
b0208620_13413719.jpg

日本のアイデアバッチリつまったホットドックです。黒豚とかね。
なんかいっぱい有名な人も来ているらしいよっ!


つづく

読んでくれてありがとうございます!
ついでにここ、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-28 13:47 | 旅~アメリカ&カナダ

ジャスパー

夕方ジャスパーに到着して、翌日は天気も良かったのでいよいよ外でのアクティビティー。

泊まったロッジの人に、あそこが良いよ、ここは行くべし、と色々な場所を教えてもらったので、バックパックに飲み物、おやつを入れ出発。

こんな場所を3時間ほど歩きました。
b0208620_11432245.jpg


途中、こんな所を歩いたんですが、人もほとんどいなく私は何よりも「熊」が心配。
b0208620_11443731.jpg


ごん兵は、熊が出るから気をつけて、とか言われると俄然張り切ってわざわざ人がいない方へ、熊が出そうな方へ、と足を進める嫌なタイプ。
私がどうしても嫌だと言うと、「これで大丈夫だ!」と熊相手にしたらおもちゃくらいしかならない杖棒を見つけてきてくれた・・・。

ありがたいっちゃあ、ありがたいけど、”これ、ただの気休め”だよね。

でも、持ちやすいようにと綺麗にしてくれたのでこれ持って身構えながら歩いた私でした。

杖を石で磨く人
b0208620_11495382.jpg



途中の渓谷の滝の水はまだ凍ってた~!
b0208620_11515329.jpg



結構歩いた私達は、途中ピクニックにちょうどいい場所があったので、そこで休憩。
そこには、こんな可愛い来客が。。。
b0208620_1251554.jpg


こんな芸もしまっせ~!
b0208620_1255129.jpg




その日は同じロッジに宿泊。
ロッジのそばは川が流れていて散歩コースもあったので、夕食後散歩へ。
そこから見える夕方(と言っても、夜9時過ぎ)の景色。
b0208620_1155138.jpg

とっても静かで平和な景色なんだけど、私の内心はその辺から”熊太郎”がにょっきり出てくるんじゃないかと神経ピリピリ。
反対に相方は ”熊子”が出てきてくれないかとワクワク。

熊も蛇も生息してないニュージーランドで育った人って、なんか野生動物に対してかなり無防備なような気がするけど、この男だけか?



つづく


読んでいただいてありがとう!
よかったらここをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-27 12:08 | 旅~アメリカ&カナダ

カナダの自然と野生動物

まだ氷の張ったルイース湖を出発した私達は、そのままジャスパーへ車を走らせます。

やっぱり観光客でにぎわう有名な国立公園だけあって、その道中はかなり楽しいです、ええ。

景色はすばらしいし、所々に現れる野生動物たち。
100キロ以上でブンブン飛ばしている車達も、動物がいるところでは止まって写真なんか撮ってます。

では、道中で見た動物達

b0208620_17181452.jpg

お尻は色白さん!
b0208620_17183963.jpg


こんな可愛い顔して、ものすごい急で高い崖をひょいひょい歩いてます
b0208620_17192876.jpg

b0208620_1721440.jpg


そして、いちだんと車が多く止まってる所に行けば・・・
やはり人気者はこの方。 
b0208620_1723106.jpg



動物はもちろんここが好きで住んでいるんでしょうけど、それはなんかわかるような気がしますね。
だって、景色は綺麗だし空気、水は綺麗だし。
まあ、寒さに耐えられるモサモサしたもん(毛)がいっぱい生えてないと生き残れませんが、こんな壮大で美しい自然に囲まれた中で生きている動物達は幸せだろうなーなどと思ったりしてました。
ま、動物にしてみれば、私達人間は大きな迷惑者なんでしょうが・・・。

車の中から見える景色
b0208620_17243360.jpg

b0208620_1730776.jpg

b0208620_17304463.jpg


さて、この橋はいったい何の橋でしょうか?
b0208620_17315296.jpg


実はこれ、野生動物たちの為の橋なんだそうです。
人間が人間の都合で高速道路を作ってしまうわけですが、そうすると今までそこを横切っていた動物たちがそこを通れない。そして多くの動物たちが車に轢かれてしまうと言う悲しいことになってしまうわけです。
だから、こうやって高速道路には区間ごとにちゃんと彼ら用の橋が作られているんですねー。
すごいすごい。


さ、あちこち休憩したり、散策しながらいよいよジャスパーに到着です。
いつものように、まずは「宿確保」
結構、これがストレスになったり喧嘩の種になったりするんですが、今回はあっさり決定!042.gif
b0208620_17383357.jpg



次は、ジャスパーでのアウトドアの話です。

つづく


読んでくれてありがとう!
読んだついでにここをクリックしてくれるともっとありがとう!!!!!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-25 17:40 | 旅~アメリカ&カナダ
さて、氷に覆われた 水の色が大変美しいと言われているレイク・ルイース(ルイース湖)。
残念ながら私達はその湖の一番美しい姿は見ることはできなかったんですが、それでも綺麗な景色を堪能してきました。

湖の周りには遊歩道がありそこを湖の反対側まで歩いていきました。

すると小さなリスがあっちこっちにウロウロしてて、じっとして座っていると近寄ってきます。
こんな風に手に登ったりしてますが、実は彼らの目的は遊びではなく、「餌探し」。
b0208620_11592048.jpg


ちょうど私のバッグの中にビスケットの残りがあったのであげたんですが(本当は野生動物には食べ物はあげないほうがよろしい034.gif)、もう喜んで食べること!
紙の音をガサガサするだけで近寄ってきます。

でも、一旦小さな欠片を受け取ると、さっと遠くに逃げてそこでビスケットを美味しそうに食べてました。
b0208620_1222754.jpg



遊歩道の傍には高い崖になってるんですが、そこにはロッククライミングを楽しむ若者達もたくさん。

登っている人見つかった人~?
b0208620_1242244.jpg

よーく見るといます・・

こんな格好して必死に登ってます・・・・でも楽しいのかこれ?
b0208620_1253987.jpg


私はやったことないのでロッククライミングの楽しさはわかりませんが、カナダではかなり盛んなようで数日前に泊まったケンモアではワールドチャンピオンシップが行われていて、日本人もかなり頑張ってました。


この変な日本人も挑戦中!!037.gif050.gif
b0208620_1291116.jpg

登れた距離、わずか数十センチ・・・。



さて、

その晩、私達は湖の近くのバンガローロッジと言うところに泊まりました。

こんな風に森に囲まれたなかなかおしゃれな宿です。
b0208620_1212048.jpg


夕食の準備をする男
b0208620_1213518.jpg


ステーキの匂いをかぎつけてベランダで待機する巨大カラス
b0208620_12141047.jpg

ちなみに味を覚えたのか、翌朝も朝食時間に合わせてご来店。 



レイク・ルイースを出発した後は、いよいよジャスパーに向かいます。
その道中では、まあ沢山の野生動物達がお出迎えしてくれ、景色も壮大でまったく飽きることがありませんでした。



つづく

読んだついでにここんとこ、クリックしていただけると嬉しいです。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-24 12:19 | 旅~アメリカ&カナダ

ケンモアとバンフ

カルガルーから車を走らせて到着した町は、ケンモア(Canmore)。
ここはバンフ国立公園に入る手前の町で、私達はそこに宿を探すことに決定。

なるべく安く済ませたいが、雑魚寝はできない私達。
でも、道の通りに珍しく、「空室あり $65より」と言う看板を見つけた!
入ってみるとなかなか綺麗。値段は$65の部屋はあいにく満室だったのので$85の部屋に泊まることにしました。(もちろんこれに税金が加算されますが)

ケンモアはなかなか味のあるステキな町で、観光客で賑わうバンフなんかに比べてとっても静かでいい場所です。


私達はそこにある住宅街にかなり興味を持ち、ぶらぶらと住宅散策をしました。
やっぱりどの建物も大きくステキです、ええ。
こんな家が良いだの、あっちの玄関がカッコイイだの、夢の家を頭に描く私達でした。
b0208620_13134016.jpg

b0208620_13171446.jpg

b0208620_13181126.jpg


ケンモアには 「スリーシスターズ(3人姉妹)」と呼ばれる山があります。
b0208620_13184737.jpg

どっちが長女で次女なのか忘れてしまいましたが・・・。

町からも三姉妹は良く見えます。
b0208620_13232976.jpg


私達は1日泊まっただけでかなり気に入ってしまい、バンフまで30分しかかからないためそこにもう一泊泊まることにしてバンフには日帰りで行くことにしました。


バンフは、知っている人も多いかと思いますが、もう観光客のメッカです。
日本人もいっぱい!あちこちで日本語が聞こえてきて私よりもごん兵がものすごい反応してました。
「あ、ニホンゴだ!」と道で振り返ることが多いこと!
店員も日本人が多いので、ごん兵は「ドーモ アリガトー029.gif」と得意げに挨拶してましたが、ある場所では日本人に見えた女性は中国のお方。かなり迷惑そうな顔してました。


ゴンドラの上からみたバンフの町
b0208620_1327053.jpg


初夏、春と言ってもまだまだ寒い! 目が店のセーターに向かう向かう!「買っちゃ駄目~!」
b0208620_13303163.jpg




ケンモアに2泊した私達はまた出発。
アメリカの空港で隣に座ったおばさんたちに、「絶対にレイク・ルイースに行かなきゃだめ!」
と言われていたので、そこを目指しました。
行かなきゃ駄目っていわれたからね。

おばさん達いわく、「もうあの湖の色は一生忘れないわ~」 と言うことなのでかなり楽しみにして行きました。

で、私達の期待も知らないそのレイク・ルイース・・・

行ってみたら、こんなお姿・・・
b0208620_13465120.jpg

湖の反対側からホテルを撮ってます。下の雪は地面じゃありませんよ。 ”湖面”です、湖面。


おばさんたちの言う、”すばらしい水の色は??”


実は、通常であればこの時期(6月)は雪は溶けているそうなんですが、なんせどこへ行っても言われたんですが、今年の雪の多さは半端じゃなかったんだそうです。
まあね、数日前も雪舞ってたっていうしね。


でも、氷の隙間から見える水は確かに美しく、これが溶けたらすばらしい景色が広がるのは簡単に想像できる綺麗さでした。
b0208620_13505838.jpg



つづく


読んだついでにこの雪の結晶をクリックしていただけると、少し涼しくなるかと・・・ええ。
宜しくお願いします。ありがとう
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-23 13:52 | 旅~アメリカ&カナダ

アウトドア天国だ!

カルガリー空港のインフォメーションセンターで、
「この雨の中、何か面白い場所はある?」との質問で教えてもらった場所が、

ここ
b0208620_13531364.jpg

アウトドアの店

インフォメーションセンターのオバちゃんが、私に向かって
「You will Love it!! (あなた、絶対気に入るわ!)006.gif006.gif
と、ウィンクしてました。


中に入るとそこはもうアウトドアのありとあらゆるものが揃っているスーパーストアでした。
b0208620_13551531.jpg


でもそこはただお遊びのアウトドア商品だけではなく、ハンティング用の本物の銃まで売ってます。
b0208620_13571396.jpg

(昨日のごん兵の写真はそのハンティングコーナーでハンティング用の帽子を試着する姿でした)


そこに入った私達、もう完全にイカれてしまいました。
特にごん兵は正真正銘のアウトドア男なので、こんな店に入ったら最後。全部を触って試して買いたくなるような男です。

巨大な釣り道具コーナーでは、余裕で1時間を費やしてまだまだ足りない男
b0208620_1403966.jpg


え~私はと言うと、日本ではなかなかお目にかかれないこんな物を見たりして楽しんでました。
b0208620_1415826.jpg

こんなショートパンツを履くようになるまで肥える人たちって、いったい何を食しているんでしょう??飛行機とか乗れるのか?とか、トイレ座れる?とか、見たこともない巨大なオッサンを想像したして・・。



2階のキャンピングエリアでは、すごく軽く小さなテントがあり、二人とも気に入ってもうレジでお金払う寸前まで行きました。
でも、テント買えば寝袋やら他の小物が必要になるわけで、荷物に制限がある私達は泣く泣くあきらめたのでした。
後日談ですが、実はそのテント買って置けばよかったと今になってかなりの後悔をしている私達です。
だって、日本のアウトドア用品 ”高すぎ~!!!”034.gif
カナダで見たような製品も日本には少しあるんですが、もう3倍以上の値段がついてます。

やっぱりねー、カナダや私達が住むニュージーランドなどから比べると日本はまだまだアウトドアがまだまだ一般的でないと言うか、トレッキングもそうですが、「とりあえず、カッコ決めてから」みたいな風潮があるので大変ですよね。だって、そのカッコ決めるのに大金かけなきゃならないんだもの。行く前に、お金使い切ってしまうんじゃないのか?と思う。

あと話は飛ぶけど、日本はキャンプサイト(キャンプ場)とかも高いです。
下手したら、旅館で素泊まりするのを同じくらいだもの。
ニュージーランドなんか貧乏学生なんかが、旅を費用を浮かせるためにテントで寝泊りして旅してますが、日本はそれができない。
日本はアウトドアさえもどうしてもお金がかかってしまうアクティビティーなんですねえ。



・・・話、戻します034.gif・・・


そんなわけで、巨大アウトドアストアで、端から端まで見回った私達ですが、気が付いたらなんと3時間以上もそこにいました!
我ながらびっくり。

そしてもっとびっくりなのが、3時間いて、喉から手が出そうなものがわんさわんさとある中、実際に買ったものはたったの 1個!!!

私用の巨大なバックパックだけでした。


買いそうになったものは数知れず・・・
テント、寝袋、バーベキュー用のトング、キャンプ用の椅子・食器、野外用のランプ、釣り竿などなど・・・。


店を出た私達は妙な本心状態。
その後は、隣接するモールで食事をして落ち着かせ、車でバンフ、ジャスパー方面に向かいました。

途中のこんな天気にもめげずバンバン運転します。
b0208620_14312589.jpg

朝まで雪が降ってたって・・・・!!!



つづく

読んだついでによかったらこのヒマワリをクリックしてくれたら嬉しい! ありがとう
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-21 14:33 | 旅~アメリカ&カナダ
計画性のない私達の旅。

今度はカナダのカルガリーへ飛びました。
そこから、観光で有名なバンフ、ジャスパーに行く予定です。

まず、飛行機でデンバー経由でカルガリーに到着した私達は、いつものようにレンタルカーを借り近くのホテルにチェックイン。

初めてのカルガリーは大雨でろくに道も見えないほどで、おまけに気温5度と言う寒さ!!!!!
007.gif015.gif007.gif015.gif

テレビでは3月の陽気だとか言ってるし・・・。
(もうすぐ、サマーホリデーだよっ!)


ま、自然には逆らえませんので、大人しくどこかに夕食を食べに行ってビールでもかっくらうしかないと、二人でレインジャケット羽織って歩いて近くのレストランに向かいました。
たった10分弱歩いただけでレストランに着いたときにはずぶぬれの私達。

で、見事に情けない姿でレストランに入った私達ですが、そこで私達を迎えたのは・・・・



???005.gif005.gif005.gif !!!!

と、一瞬入った場所を間違ったんじゃないかと思われるような光景が目の前に・・・。


入り口には、10人ほどの若いお姉ちゃんたちが、超ミニのスカート履いて、布の面積は下着くらいじゃないかと思われるような服を着て(全部黒!)、身体を斜めにかしげて立ってました。

そのお姉ちゃんたちに、「ハロ~006.gif010.gif
と、妙な笑顔で迎えられた私達、完全に固まってしまい、ごん兵がまず言った言葉は

「あの~、ただ普通に食事がしたんだけど・・・」
(ホントに英語でそう言った!)

「もちろんです!案内しますよ」

とリーダーっぽい人に半分笑われて、斜め立ちのお姉ちゃんの一人にテーブルに案内されました。


まあ、結論から言うと、そのレストランはチェーン店のようでカナダのあちこちにありました。
どの店もあのような超ミニのセクシー姉ちゃんが迎えてくれるかどうか知りませんが・・・。

カウンターでビール飲んでバーテンダーのお兄ちゃんたちと話をしたんですが、いたって普通のバーで安心。でもごん兵やっぱり男として気になったらしく、バーテンダーの兄ちゃんに
「ここのウエイトレスはミニスカート絶対に履くのかい?」なんて聞いてました。

ウエイターは 「ははは、もちろんですよ、いいでしょ?」と言って何故か私に向かってウィンクしてた・・・。??なんだんだ?


きわどい出迎えでビビッた私達ですが、意外にも料理も美味しく店員みんなフレンドリーでハナマルなレストランでございました。



どうやら翌日も雨らしいので、カルガリーの町に行くのもやめ、翌日は空港のインフォメーションセンターで「是非行くべし!」と進められた、ドでかいアウトドアの店に行くことに決定。


いやいや~、そこはもう私達にとって天国のような場所だったんです。

入り口はこんな感じ。ここに私達3時間もウロウロ・・・。
b0208620_16525313.jpg


あれこれ試してみたい年頃のオヤジ (店内にて)
b0208620_1655415.jpg



つづく

10年以上ぶりに日本の花火を満喫してます~
読んだついでにここをクリックお願いします。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-08-20 16:59 | 旅~アメリカ&カナダ