タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ムワンザに着いた!

慣れないiPadでこれ打ってますが、勉強不足で写真がまだアップ出来ません。

打つのにも時間がかかってしまい、おまけにさっき打った長い文が一瞬にして消えた。。。。と言う失態をしてしまったので、今日は簡単にお知らせまで。

昨日キャンプを出て、ムワンザと言う町につきました。

ここまでの道中でも、かなり長いエピソードが書けるほどいろいろあったのですが、詳しいことはまた改めて書くことにします。


とりあえず、明日からいよいよサファリツアーに出発します。

明日の宿はテント。

テントと言ってもチャントベッドがあってきれいらしい(あくまでも聞いた話)ので、楽しみ!

どんな野生動物と会えるのかも楽しみです。

国立公園の中はインターネットが通じているのかわかりませんが、できたらまた報告します。

思うようにパンパン書けないのと、写真がアップ出来ないのが非常にもどかしいですが、なんとか慣れてちゃんと出来るようになりたい~。


ゴン兵すでに寝てしまったので、私も明日からのサファリツアーに備えて寝ます。

ではではー



あ、なんとブログランキングのバーすらも貼れなーい!!!なんてこったい!
あ~あ。
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-23 03:07 | タンザニア出来事
昨日暴露話を書き始めます、なんて言っておきながら、ちょっとそんな時間がなくなってしまいました。すみません・・・。

今日は荷造りと、ごん兵の最終的な書類手続きなどでバタバタ。

朝、オフィスからパスポートのコピーが必要と言う連絡が来たので、30分歩いてオフィスまで行きついでにあれこれ書類の手続きを済ませ、そんなことしてたらお昼。

ランチの後、二人でかなり頑張って片付け、荷造りしました。

荷造りは主に

1:日本に送る物 バッグ3個(本、服、靴、パソコン(ごん兵の)その他こまごましたもの)
2:仕事着や人にあげてくもの (これが結構ある!)
3:自分達で持ち歩く荷物(サファリツアーやアメリカ、カナダの旅行で使うもの)


只今午後3時。時々仕分けが嫌になって投げ出しそうになりながらもなんとか頑張ってほぼ終了。


そんなわけでここでの生活もあと今晩過ごすだけとなりました。

最後だからと、午前中オフィスに行くのに歩いて行ったんですが、仕事のストレスから開放されたごん兵は「空がきれいだな~」としみじみと空を見上げてました。
気持ちに余裕があると、いろんなものがきれいに見えるもんなんですねえー。


私達の部屋のそばに大きな ”トカゲ君”。もう少し陽に当たると真っ青になります。
b0208620_21452951.jpg

トカゲは結構シャイですぐ隠れてしまうんですが、二人で両側から挟み撃ちしたので、逃げられずジッとしてました


外では相変わらず塀を立てる工事が着々と進んでいて、みんな暑い中頑張ってます。
b0208620_21425476.jpg



銃を持ったおまわりさんがウロウロ!
b0208620_21492399.jpg



あ、おまわりさんは労働者の見張りをしているわけではなく、工事道具を盗みに来る侵入者の見張りをしています。


私がカメラを向けると、このおまわりさん、銃が見えるよう前に出してた。
やっぱり銃を持ってるのはカッコイイって思うんだろうな。
b0208620_21542081.jpg

遠かったので、私がこうやって合図すると049.gif、彼も同じようにサイン送り返してきました。



さて


こことももうすぐおさらばです。

明日にはこの塀の外へ出ます!脱獄?
b0208620_2265827.jpg

通常は飛行機で飛びますが、明日は車で出て、ムワンザと言う町まで連れてってもらいます。
5,6時間かかると言われているのでちょっと長旅。

ムワンザで2泊した後、いよいよサファリツアーに出発です。


昨日も書きましたが、サファリツアーを1週間体験したあとは、アメリカへ飛びます。

旅行中、ブログをアップしたいと思ってますが、今までの経験上あまり期待しないでいただければ・・・・040.gif
ただ、この間アップルのiPadを買ったのでなんとかそれを使いこなしてブログのアップに挑戦したいと思ってます。

せっかくおかげさまでブログランキングのアフリカ部門で1位と言う、とっても嬉しい結果になったのに、これからは1ヶ月は頻繁にアップできなくなってしまいます。

でも、もしよろしければ、今までのブログを読んでない人は読んでもらったり、またはちょっとおかしな話を読みたいなーと言う気分の時には、「南アフリカの旅」(特に”おかしな宿編”)や、ここでのドロボウ話でも読んでもらえれば、と思います。
(そして、ついでにブログランキングのバーをクリックしてもらえれば尚嬉しい~006.gif

旅の途中でも時間を見つけてアップするように頑張ります。
そして、アフリカでのネタはまだたっぷりあるので、楽しみにしていて下さい。
特に暴露話!004.gif


もともとは、アフリカに来ての私の生活を家族や友人に見てもらうため、そして自分の記録としても始めたブログですが、今では見ず知らずの人が沢山見てくれています。
これは本当にうれしく、やりがいが出ます。

この場所を借りてこれを見てくださる人たち皆さん全員にお礼を言いたいと思います。

本当にどうもありがとうございます!!!!!


ちょっとご無沙汰するかもしれませんが、コメントなど残してもらえたら嬉しいです。
ではでは、皆さんごきげんよう!


最後に私とごん兵で・・・ (今日撮影)
あ、昨日ごん兵、髪切りました。もちろん私が適当にカット~066.gif
b0208620_21594952.jpg




皆様のおかげでアフリカ部門で1番になりました! 
(他の大御所ブログに比べたらたいしたことないんですが・・・)
でもでも、嬉しいです。ありがとう! 
そんでもってついでにまたここクリックお願いします(笑)
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-20 22:42 | タンザニア出来事

これからの予定と暴露話

さて、私達の出所日が決まり、今週の木曜日に出ることになりました。


通常であれば、ここからチャーター機でダルエスサラームに行って・・ってなるんですが、私達、タンザニアを出る前にサファリツアーに行くことにしました。

せっかくアフリカに来たんだし、野生の動物達を見てから帰りましょう!ってことで。


ここでもバブーンやディクディクなんかはいるけど、やっぱりライオンとかそうゆう猛獣も見てみたいしね。

b0208620_1714415.jpg

b0208620_17165917.jpg



サファリツアーの場所はタンザニアの北側にある

セレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ保全地域 

アフリカの中でもっとも多種類の野生動物が見られる場所・・・って誰かが言ってました。(笑)(いい加減~)

行った人達の話によると、 「かなりいい!」 らしい
(もっとマシな表現はないのかね?)


ライオンが昼寝しているところとか、キリンが木の上からひょっこりクビ出しているとか、そんな光景を是非見たいと思ってます。
ライオンがヌーの大群追いかけて殺しちゃったり、ハイエナの群れが死骸をあさっている光景はあまり見たいものではないけど、それも自然の姿。 見ることがあるかもしれません。


サファリツアーをたっぷり1週間楽しんだ後は、アメリカ・ニューヨークへ飛び、レンタルカーで1ヶ月ほど旅行します。
シカゴの友達の所へ立ち寄る意外は特に予定はなく、最終的にはカナダを東から西に横断し、バンクーバーから日本へ帰る予定です。


・・・・さて・・・・


ここを出るにあたり、実は私、今まで言えなかったことを公開できるようになりました。

ここで8ヶ月生活する間、いろいろな出来事があったんですが、やっぱりまだごん兵が働いている以上ブログで公開してしまうのはマズイかな、と思って黙ってました。

でも、もうここを出るので問題なし、と ゴーサイン049.gifが出たので書いちゃうことにしました!


あー、何から書こう・・・。


ってことで、ここを出る前に(って明日しかないんだけど)、書き始めたいと思います。

ここでのネタはまだまだ沢山あるので、ここを出てからもこのブログは続けます。
そして、おそらく今までよりももっとダイレクトな話、暴露話が出てくるかもしれません。037.gif
お楽しみに~!


さあて、荷造りしなくちゃ!


読んだついでにクリックお願いします
ここには綺麗な蝶々もいっぱい。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-19 17:27 | タンザニア出来事

初めて見たもの!!

出所準備に伴い、ちょっとバタバタし始めました。

昨日は荷物整理してたんですが、途中でアップアップしてきたので気分転換にキャンプ内を散歩しました。

そしたら、私が今までずっと見たかったものが見ることができました!


それは ”テントの中”003.gif

今まで何度も通りかかっていたんですが、いつも入り口は閉まっていて、たまに風でテントがなびくとちょこっと中が見える程度。

最初、みんな地べたに寝ているのかと思ったら、ちゃんとベッドがあるって言うので、どんな風になっているのかかなり興味ありました。
でも、男だけっていうのは知ってるので、気軽に覗くわけにも行かず、いつも横目でチャンスをうかがっていたのでした。


そしたら最後の最後に絶好のチャンス!カメラも持ってたし!

夜勤なのか休みなのかわかりませんが、寝ている人二人。
b0208620_22571178.jpg



こんな狭いテントにギュウギュウに詰められたベッド。
女子の部屋はもっと狭いけど、安全上鍵はかかるしクーラーもあった。
でも、ここは鍵どころか、もちろんトイレもシャワーもない。(近くの共同トイレ&シャワーを使用)プライバシーどころか、貴重品もしまえないような環境だ。。。。


近くでは外でゲームをしている人、音楽を聞いている人がいて結構賑やか
b0208620_2323194.jpg



夜勤の人はこんなうるさくて眠れるんだろうか、とか同じテントの人のいびきとか気にならないんだろうか、と他人事ながら心配だけど、仕方ないのかな。それとも、彼らは私達なんかより辛抱強いのか、現実を受け入れることに慣れているのかもしれない。



さて、キャンプの中を通過した後は、塀の外に出てみたんですが、出てみてびっくり!


なんと、これまた私がずーっと見たかったものが空にで~ん、と出てました。

それは 


実はアフリカに来てずっと気になっていたことがあったんですが、それは虹を出ていることが少ないってこと。
少ないって言うより、私がここへ来て始めて虹を見たのはつい数週間前のことで、それもほんのちょこっとだけ見えただけでした。

あれだけ晴れから急に雨になったり、雨から晴れになったりするんだから、もっと虹がポンポン出てもよさそうなのにそれがなかなかお目にかかれない!
(ちなみに私は虹を見るのがすごーく好きで、ニュージーランドではしょっちゅう見つけてた)

雨上がりの晴れの時など、なんども周りを見回してもまったく虹が出てなくて、変な話 「アフリカは虹が出ないのか?」などと思ってみたりしたくらい。

だからつい2週間ほど前に小さな虹を発見したときは、なんだか鳥肌がたったくらい感動したもんでした。(大げさ!)


そして、昨日

昨日のはすごかった。完璧な半円で、それも二重の虹!!

b0208620_2317030.jpg

写真ではもう一つの薄い虹は写ってませんが、肉眼でははっきり見えました


こんなシッポの長~い鳥も初めて発見! 
b0208620_23184585.jpg

この鳥、見た目と同じように、尻尾が重たそうに飛びます。上がっては降り上がってはヒラヒラと落ちる様な飛び方。
なんか不思議な鳥でした。


と言う訳で、ここを去ると言う事で、神様がいろいろと私が見たかったものを見せてくれたようでした。

あとは~・・・そうだなー。帰る前に、その辺に落ちている石を拾ってみたらものすごい量のゴールドが詰まってた!なんてことがあってもいいかな037.gif
あ、そんなもの持ってたら、出るときのセキュリティーチェックで見つかって大変なことになるか?



アフリカ滞在も残りわずかとなりました。
読んだついでにこの虹をクリックしてくれると嬉しいです
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-18 23:34 | タンザニア出来事
出所にあたり、荷物の整理・処分をしていますが、昨日は掃除のお姉ちゃん達にいらない服などをあげてきました。


初めて入ってみた彼女達の部屋。

びっくりするほど小さかった・・・・・。

4人部屋で二段ベッドが二つ置いてあり、他には小さなロッカーが一つ、机が一つあるだけの部屋。
他に物をおきたくてもスペースがない。


でも彼女達はとっても穏やかで幸せそうだから感心する。 (何か学ぶべきことあり034.gif


そんな彼女達は私の古着でも大喜び!
服の他あげたものは

クリーム類(あちこちで買い集めたいい匂いのクリーム)
髪留め類 (髪を短く切ったのでいらなくなった)

そして、彼女達がもっとも感動し、興味を示したもの。

それは 生理用品!


ニュージーランドのトラベルナースに「生理用品だけはたっぷり持っていくように!」と言われていたので、言われたとおりたっぷり持ってきてました。
でも、そんなに使うものじゃないのでやっぱり余った・・・。(笑)

なので彼女達にあげることにしたんですが、いったいタンザニアの女性、それも決して豊かではない経済状況の彼女達がどんな生理用品を使っているかわかりません。

それで、日本の生理用品を見せながら、身振り手振りで
「これは月一度のアレの日に使うものでございます」
と説明。

彼女達はちゃんと理解したようで、「ふんふん」と頷きながら珍しそうに観察してましたが、タ〇ポ〇がいったい何なのかわからない様子。


う~ん・・・・。さあ、どうやって説明する?
あいにく絵付きの説明書はとっくに捨ててしまっていたしなあ。


で、私、一つを袋から取り出し頑張って説明しましたよ!!

もちろん英語があまり得意ではない彼女達の為、それこそ身振り手振りで!!

こうして持って~
こうやって~
ここまでこうやって~  いい?わかった~?

と、真剣そのもので説明を聞く彼女達を前にして、実践(もちろん真似!)する私の姿はまるで保健体育の先生のようだ!

説明を終えると生徒の一人が手を上げて質問


「先生!これは洗って何度も使えますか??」


005.gif041.gif046.gif046.gif042.gif025.gif003.gif!!!!

意外な質問に先生もびっくりよ!!!!!


まあ、でも考えてみれば当然な質問なんだろうな。使い捨てなんていうものは彼女達にとっては贅沢品だしね。


でも、「一回使ったら必ず捨てるように!」と教えておきました。


生理用品は絶対日本の物にかなうものはない!と勝手に思っている私なので、ニュージーランドにいるときも、生理用品は日本の物を使ってました。
そんな製品をタンザニアの女性たちが使ってどんな感想を持つかなーと興味がありますが、ここにある物よりは絶対マシなはずなので、きっと満足していただけるのではないかと思います。



タ〇ポ〇、ちゃんと使えるかどうか心配だけど・・・・。


ナプキンを手にして喜ぶタンザニア女性達
b0208620_17162095.jpg


古着でもこのタンザニアで大切に着てもらえて幸せ!
b0208620_18261659.jpg



読んだついでにここんとこ、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-16 18:29 | タンザニア出来事

出所準備

昨日はここの刑務所ごときの限られた環境ぶりを書きましたが、一応こんな陸の孤島でも娯楽はあります、ええ。

ちゃんとバーなんかもあったりするしね。
これ↓ バーです。
b0208620_16302373.jpg

前にも話したことはありますが、このバーはジュニアキャンプにあって私とごん兵は帰り道によく立ち寄ってビール飲んでます。
まっすぐ帰るのはなんなので、
「今日は俺達のローカルバーで一杯飲んで帰るかい?」
「よし、じゃあ今日は私のおごりで!」

などと、ちょっと普通の町に住んでいるような気分にしたいために、こんな冗談を言ってる私達。(悲しい・・・)

立ち寄るって言ったって、私達の部屋から50mくらいしか離れてないんだけど、唯一私たちが寄り道できる場所なのです。

バーの客はほぼ99%が地元タンザニア人。1%はガーナ人。
そしてたまに立ち寄る私達は、 「珍客」


バーと言っても、タンザニア人はほとんどお酒飲んでません。
ジュース飲んでる人が数人。後はほとんどの人はバーにあるテレビを観に来ています。
それもソープオペラ!いわゆる昼のメロドラマですね。037.gif
サッカーの試合があるときは、男らしくサッカー観戦してます。

この間行ったら、ドラマの感情的なシーンの途中で女性がオイオイと泣いているシーンが流れていたんですが、男達それはそれは真剣。

そのなかに私の知ってる人もいました。
あの、大男マルルです。(前にもカワイイ名前と言うことでこのブログに書きました)

彼はタンザニアのボクシングだかのチャンピオンなんだそうで、見かけはホント強そう。
ごん兵との差もこんなん!
b0208620_17104223.jpg

ごん兵より20センチ弱背の低い私が横に立ったらどんなもんか、簡単に想像できるかと・・・。
毎回握手されますが、彼の手でっかすぎて、私にぎれません。

だけど、この大男マルル、メロメロのドラマを見ながらゴシゴシ目こすってます。
私たちが見ているとマルルは気づいて近づいてきました。
「ドラマ見て悲しくて泣いてたの?」と聞くと、「いや、泣いてないよ!」とマジになって答えてましたが、

あれは絶対泣いてたな。 かわえ~な、マルル!016.gif


それから
一昨日、帰る準備の為荷物の整理をしていていらない物を人にあげたりしていた時のこと。
ちょうどマルルがいたので、シーブリーズをあげてパフュームの小瓶もあったので、奥さん用にあげたんですが、なんと彼、そのパフュームを自分の胸にシュッシュとかけて

「ウ~ン、ナイス!」とうっとりしてました。

おいおい、それは奥さん用だってば! と言ったんですが、「ぜんぜん問題ない」ってことらしいので、ほっとくことにしました。

あの巨体にエステローダの香水かあ・・・・。  ま、いいか。



さて、さっき帰る準備をしていると書きましたが、私達の出所日も近づいてきています。
なんだかんだ言っても荷物が増えているし、このあと2ヶ月弱は旅行してから日本に行く予定なのでので身軽にしなくてはならない。
そんなんで、少しずつ整理していますが、けっこう処分している予定でいます。


処分と言っても捨てるのはもったいなさ過ぎるので、みんなにもらってもらう予定。

マルルにごん兵の靴下とか服あげたいんだけど、絶対無理だな・・・。


b0208620_17372353.jpg

バー以外の娯楽は、バブーンの観察 (うそ)


読んだついでにクリックお願いしますー。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-15 17:39 | タンザニア出来事

刑務所なみ?

もうこのブログで何度も訴えている話してますが、私達は完璧にに囲まれた生活をしてます。ちょっと前まではワイヤーがグルグル巻いてあるフェンスでした。

こんなん
b0208620_1814061.jpg

だけど、これはコンスタントに侵入者達に壊され、穴を開けられ、フェンスの役目をしていなかった。


こんな感じで、穴の周りにはちゃんと道が出来るほどでした。
b0208620_18205217.jpg

夕方ここからサルのような身軽さで通り抜ける侵入者を何度も発見



で、こんなフェンスじゃ意味がないと言うことに遅ればせながら気づいた会社は037.gifコンクリートの頑丈なフェンスをまず住居エリアに作り始めました。
b0208620_17591774.jpg


しかし、これ見事に手作りで、のんびり屋のタンザニア人たちが歌歌いながら、お喋りしながら石とコンクリートを積み上げていく作業をしていました。

その仕事の進み具合は、もうあと数年かかると思われるほどのゆっくりペース。

そして、そんな仕事の進み具合を見かねた会社は、また遅ればせながら違う工事会社に依頼し、なんと今まで作ったコンクリートの塀をぶっ壊し、また別な方法でフェンスを作り始めたというわけです。

なんかすご~~~く、時間的にも金銭的にも労力的にも無駄なことをしてます。


今は外側のフェンス作業に取り組んでいて、1日に200mと言う速さでフェンスが立っています。
b0208620_18135361.jpg

やっぱり機械を使うと早い!


で、こんな風にガッチリとガードされている(ように見える)私達の生活ですが、それでも侵入者達はあれこれ手を使って侵入してくるわけです。

実は

私たちが来る前にギャンググループがキャンプ内に忍び込み、ある部屋で人質を取った事件があったそうで、それ以降、実は部屋の窓と言う窓はこんな風に鉄格子がかけられています。

まるで刑務所・・・・
b0208620_19584522.jpg


まあ、慣れてしまったのでどうってことありませんが・・・・


やっぱり普通じゃないかな、と思う今日この頃。



読んだついでにここんとこクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-14 20:20 | タンザニア出来事

現場の裏側へ侵入だ!

さて、ドクターで薬をもらった帰り、ごん兵のオフィスに邪魔しに行ってみたら、ちょうどコーヒーブレイク中で外で同僚と話をしている所でした。

「コーヒー飲むかい?」と親切に言ってくれたんだけど、「気持ちだけ頂いとく」ってことで遠慮しておきました。

何故か?


あのゴキブリが堂々と這っている汚いキッチンで入れたコーヒーはどうしても飲めない。

おまけにずっと前にごん兵から
「今朝、キッチンに行ったらデッカイねずみが3匹、保温器に入ってた!!」
と聞いたこともあったし。。。
(ちなみに保温器は、労働者たちが食べる食事を暖めて置く場所!!うわっ、考えただけで勘弁)

ここが鉱山で働く人たちの現場キッチン・・・・壊れてますけど。
b0208620_14574499.jpg

一応この会社、世界でも最大級の鉱山会社ってはずなんだけど、直す費用がないのかね?
(独り言・・・お金はたっぷりあるらしいけど、見えない所(裏で働く人には)使わないって言うよくある話013.gif


ついでに更衣室も見せてもらいました。
地下で働く人たちは本当に見事に泥だらけになって働いています。
仕事を終えて帰って来る人たちを何度も見てますが、服も顔も真っ黒。
(顔はもともと黒いっていう突っ込みはここでは止めときます028.gif
b0208620_1516964.jpg

地下で働く人(右)とそうでない人(左)の違いは明らか。


仕事を終えた彼らは小さな更衣室で着替えてキャンプに帰るんですが、その洗濯物がこれ!
b0208620_1583492.jpg


汚れた服は更衣室の裏にある彼ら専用のランドリーで洗濯されます。
確かにあれだけ汚れた服は普通の服とは一緒にできないよなー。
b0208620_15194119.jpg


地下は水も多く塗れてしまうので、長靴はこうして乾かしておきます。
b0208620_15123690.jpg



今回初めて発見したバナナの木!(裏側にあるので気がつかなかった)
b0208620_15253687.jpg


まだ食べられそうにないバナナ。バナナと言うよりは、野菜の匂いがした。
b0208620_15264582.jpg

どうやら、バブーンたちはこのバナナの存在を知らないらしく無事に大きく育ってます。


いろいろ見せてももらっている間、ごん兵はひたすら改善すべき所を指摘してて、「ここをあーしてこうして、こうやって・・」と構想を練っていましたが、実際にはそれをするのは彼の仕事ではなく何度も提案はしているらしいけど、上は動いてくれないらしい。「動きたい男」はかなりイライラを感じている様子でした。

こんなこと言っちゃなんだけど、意外にある話だと思う。
大きな会社なんだから、社員の福利厚生はしっかりしているんだろうと思って蓋を開けてみると、実は見せかけだけで、中に入れば地味に肉体労働する人達はそれはそれは質素な環境で働き生活している。
それは住居のキャンプ内を見ても明らか。
私達(外国人)や事務所で働く人たちはクーラー付きの小部屋に住み、他のタンザニア人は汚いテントで10人とかで寝泊りしている。
マラリアをなくせ!と謳った看板がキャンプ内にあるけど、あんなテントで寝泊りしている人たちに蚊に刺されないように、っていうのが無理な話。

まあ、私がこんなことをここで書いても、カナダにある本社の人たちやここの上の人たちには伝わらないことだから勝手に書いてしまいますが、この ”極端な差別”をなくし、最低限の福利厚生を平等に行き渡らせない限り、地元の人たちが働くことの楽しさややりがいを感じることは望めないだろうし、お互いを尊重する(人の物は盗まない!)と言うことも学べない。
っていうか、そこまで行き着けない、と思いますね。

「彼らにはこのくらい(テント)で十分なんだ」って言う上部の人たちの驕りは、下で働く人たちから「嫉妬」「恨み」を買うことになり、結果 ”仕事の意欲もなくす”。そして、「尊重」とは遥かに遠い所にお互いがいるので、歩み寄ることはかなり難しい。

特に人間は上に上がれば上がるほど「俺サマを尊敬しろ」っていうエゴが強くなるからねえ。
まあ、それは日本でもどこでも同じですが。


なーんて、ペラペラと書いてしまったけど、社員でもなく毎日フラフラしている恵まれた私があれこれ言うことでもないので、ただ静かに観察しているだけにしていますけどね。


ただ、

まだ8ヶ月しか住んでないけど、こんな小さなキャンプ内だけを見ても、アフリカの繁栄・発展は 牛歩の如く だとつくづく感じる今日この頃なのでした。



ご静聴(静読)ありがとうございました。

読んだついでにここをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-13 16:08 | タンザニア出来事

これなんだ?

これはなんでしょう?
b0208620_151718100.jpg


簡単に答えを言ってしまうのはもったいないので、最後まで引きます。
(飛ばして最後まで行かないようにお願いしますよ046.gif


さて、昨日はちょっと用事があって昼間にごん兵のオフィスに行きました。
ゲートの警備のお兄さんに、「あれ?今日はなんでこんなに早いの?」と声かけられました。
いつも夕方歩いて行って、仕事が終わったごん兵と歩いて帰ってくるので警備の人たちにはお馴染みの通行人。


外はあっち~!!058.gif058.gif042.gif
ジリジリと焼け付くような日差しです。
しかし、遠くには恒例の真っ黒な雷雲。かなり遠いけど、ゴロゴロと鳴ってます。洗濯物取り込んでくればよかったかなーと心配しながら早歩き。
林にはこれまた恒例の バブーンの群れ
じーっと私を観察している彼らの視線が痛い! でも、「目を合わせたら駄目!」(特に女一人で歩く時)と言われているので一応横目で確認しながら通り過ぎます。

ゲートを出ると、こんな道になっててこの道を3キロほど歩くとオフィスや工場などがあります。
b0208620_1524630.jpg

左の塀はキャンプで、道の右側ではこの鉱山全域を同じように塀で囲む工事が進められてました。


30分弱で到着。
ここはミル(砕石工場)やオフィスがあります。
b0208620_15533860.jpg


今日の目的地はこの工場の隣にあるドクターです。
マラリアの予防薬をもらうため時々行きます。


さて、そして最初に載せた写真の青い変な袋が登場します。
ドクターの入り口にはあの青いのがいっぱい置いてあります。


理由は・・・・



b0208620_1611567.jpg


はい、こんな感じで靴の上から履き、そしてドクターの部屋に入るわけです。
みんな泥だらけの靴履いているので、汚れを防ぐため。

だったら靴脱げば??
と思ったこともあったんだけど、すぐに撤回!046.gif046.gif

前にも言ったことありますが、タンザニア人達の靴の中のニオイったら・・・・!!!!
靴脱がなくても十分臭ってくるので、あれで靴脱いだら・・・・私の鼻、完璧に曲がります。
ついでにニオイが強烈で目も開けてられなくなると思われます。

ドクターもごめんだと思いますね、あのニオイは。
だから靴履いたまま、汚れもニオイもすっぽり被せてしまうあの靴カバーはかなり優れものなんだと思いますね。

問題は、あのカバーがどのくらいの頻度で洗われているのか?と言うことだけど、考えたくないので追跡するには止めときます。


ドクターで薬をもらった後は、ごん兵のオフィスに立ち寄って仕事の邪魔してきました。


続きは明日。


読んだついでにこのひまわりをぽちっとクリックしてくれるとうれしい。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-12 16:20 | タンザニア出来事

手作りガーデン

ガーデンプロジェクトと二人で名づけて取り組んでいる、趣味の園芸。

もう終わりかと思いきや、この男はまた動き始めました。
b0208620_1457514.jpg

本当に感心するほどじっとしてられない。

アフリカの草木(雑草とも言う)が植えてある花壇と部屋との間に、スレートと言う平らな石を敷くんだそうです。ついでに雨水が家に流れ込まないように水路も作るんだそうだ。

地面を平らにして、ジグソーパズルのように小さなスレートを重ねていってコンクリートで固めます。最初は私も面白がってやってたんだけど、意外に難しい。平らにするのも難しいし、雨が水路に流れるように少~し斜めに下らせたりしなければならないので、結構時間がかかります。

コンクリートも自分達で練ってちびちび二人で作業をしていたんですが、あまりはかどらない。

そしたらそんな私達を見かねたキャンプマネージャーがタンザニア人二人を助っ人として呼んでくれました!

そしたら彼らは散々同じ作業をしてきたので、手際よく、そして私たちがやるよりもよっぽど綺麗に丁寧に作業してくれました。
b0208620_15143433.jpg

b0208620_15164957.jpg

私はあのヘラっていうのか?あれがうまく使えなくて、最後は手でコンクリートをつかみパタパタしながらくっ付けてました。タンザニア人に大ウケ!(笑っていただいて光栄006.gif

で、一応私も作業には少し参加したし、ここにニッポン人が居たぞっていう記録を残したく・・・
こんなん書いてみました~。コンクリートがまだ乾かない内に!
b0208620_15193847.jpg

そしてこんなのも001.gif
b0208620_15204355.jpg

他にもあちこちに私の記録=イタズラ書きを残しておいた004.gif 
次に住む人はなんて思うだろう? とニヤニヤしながら・・・。

まだ石がゴロゴロ積んであったり、完璧に完成ではないけど、私個人的には十分満足(面倒くさがり)
去年の暮れに林から移植してきた草木も元気でぐんぐん大きくなってます。
b0208620_15272418.jpg



ついこの間は、ごん兵仕事場から使わなくなったシートをもらってきました。
何するんだ?と聞いたら
「日よけと雨よけ」 

あっ、そうだった!
「日中は日が強くて外にはいられないから、日傘がここにあったらいいよねえ~」と何気なく言ってしまったのは私だった。
あと
「雨のときもここに座っていられたらいいよね~」なんて、実際にはそんなことしないくせに言ってしまったのも私だった!


すまん、ごん兵。
そんなつもりで言ったわけじゃなかった。


「こんなのがあったらいいよね~」なんて何気に言ってしまうと、ごん兵はそれを真面目に受け止めてしまう性格なようだ。
これからは自分の発言に気をつけよう・・・

と思っていた矢先、また何気に「フラワーバスケットとかぶら下げたら、もう私達はここのガーデンコンテストで優勝だね!」なんて言ってしまった。


バスケットなんて売ってないし(その前に、ここには店がない)、まさか彼がそれを実行するなんて考えもしかったわけです。

そしたらそれから数日後、帰ってきたら部屋に入らず外でガリゴリガリゴリなにか切ってる音がしてて、何してるのかと思ったら・・・・



こんなん作ってました~!!@!@#$%
041.gif005.gif041.gif005.gif

b0208620_15245922.jpg

掃除のお姉ちゃんから空っぽの洗剤入れを二つもらってきたんだそうです。
私の頭の中のフラワーバスケットとはかなりの違いがあるけど・・・。
b0208620_165264.jpg

「ちゃんと取っ手もあるからぶら下げられるよ~!色付きだし」と、持ってきた人はご機嫌060.gif


小学生が夏休みの宿題で作った工作のようだ・・・・037.gif 




読んだついでにここんとこ、クリックお願いします。
ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-04-11 16:15 | タンザニア出来事