タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

日曜大工

あーまたやっちゃった!
書き終わったばかりのブログ、全部消しちゃった!!!!!!!バカ者~!!!

って言うわけで、また最初からがんばって書きます・・・ (ふえ~ん007.gif

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少し前に、私達の部屋の前に庭を造っているという話を書きましたが、私が

「ここで本読んだり、夕方二人でビール飲んだりできたらいいよねえー。でも周りから見え見えだしプライバシーがちょっとないよねー」  と言ったら・・・

b0208620_20334124.jpg


はい、ごん兵さっそく取り掛かっております! 

どっかから、既に不要になった木材(荷物を乗っけるときに使う台、なんていう名前だっけ?)をもらってきました。

私はてっきり木の柱をバンバーンと立ててってフェンスにするもんだと、そしてそれはいたって簡単なもんかと思っていたんですが、そこはA型人間(?)、なんかもっとちゃんとした物を作りたいらしいです。(血液型に影響されているかどうかは定かではありませんが)



世の中には、じっとしているのが苦手っていう人いますが、彼はその典型です。
デスクワークが何よりもストレスに感じる人。
だから、こうやって外で何かを作ったり、庭いじりしたりしていることは彼にとってはリラックスできることなんです。(だぶんそう。だって楽しそうだもん)

だから休みの日でもバンバン動いてもらいます、働いてもらいます!はい。

通りすがりにみんなから
「休みの日にまで働いて大変だねえ・・」と気の毒そうに声をかけられていますが、きっとみんなは私がこき使っていると思っていると思われます。(あえて否定はしませんが037.gif


で、私は休憩にコーヒー入れてあげて、ここはこんなんがいいんじゃないの?とか、偉そうにアドバイスしたり、たまに話し相手になってあげればいいのかと思ったら、大間違い。
大工の親方に仕える弟子のように小間使いとして使われてます。
あれ持って来い、そこ持って、あそこへ行ってあれもらって来い・・・と、よくこき使われてます。

おまけに

「俺はペンキ塗り嫌いだから、ペンキ塗りはお前の仕事!」だそうだ・・・。


・・・・はい、頑張ります。   (フェンスが欲しいって言ったのは私だからね・・・)

b0208620_20433852.jpg

だけど、たった2枚塗っただけで・・・飽きた015.gif まだまだあるよ~・・・
(写真では見えないけど、他にももっと積んである!!)

一方

着々、黙々と作業を進める男   
b0208620_2053069.jpg

こんな時は話しかけても無駄、 ほぼ無心状態です。(彼なりの”瞑想状態”とも言う)


と、言うわけで、まだ出来上がってはいませんが、近々完成写真がお見せできるかと思います。

・・って、その前に、私がペンキ塗り終わらせなきゃ駄目じゃん!!!



はい、今日はスワヒリ語レッスン、サボってペンキ塗り頑張ります!
(ちょっとレッスン気分じゃない日、ってだけ。。)





読んだついでに押してくださいませ。ありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-31 21:17 | タンザニア出来事

ボスの貫禄

なんだか、バブーンの話題を取り上げ始めたら、彼らが頻繁にキャンプ内に姿を見せるようになりました。(私のブログ、チェックしてるのか?)

昨日、部屋にいると外でものすごいバブーンの鳴き声。
ギャーギャーすごい争いでもしているかのような声に驚き外に出てみると、すぐそばにバブーンの群れ。鳴き声はどうやら子供達の喧嘩(遊び)のようでレスリングしてました。

早速ごん兵とカメラを持って外へ。(今日はごん兵の一眼レフカメラだ!)

私たちが近づくと、何匹かはじっとこっち見てましたが、警戒するでもなく適当に草食べたり毛づくろいなんかしてました。


ボスはどこだ、ボスは?
と探してたら木の陰からのそのそと出てきたー!


はい!お待たせしましたー。この近辺のバブーンの群れを仕切っているボスです!038.gif
b0208620_1521457.jpg

毛並みから顔つきから歩き方から他のバブーンとはぜんぜん違います!貫禄ある!
ある意味カッコイイです、はい。


で、他の若僧たちはどんなかと言うと

一応カッコよく決めてるつもりだけど情けない顔しているヤツとか
b0208620_15304147.jpg


ギャーギャー言いながら追いかけっこして遊ぶヤツらとか
b0208620_15325145.jpg


相撲とるおチビちゃんたちとか
b0208620_1536164.jpg


逆立ちを練習中のチビとか
b0208620_15382074.jpg

実は、しなる木にぶら下がって遊んでいるところで、ちょうど落っこちた所です。子供達は面白がって何度も繰り返してた。



とまあ、とってもにぎやか。
こんな感じでほとんどのバブーンたちは落ち着かず、あちこち動き回っているんですが、やっぱりボス!そこは違います。
子供たちがせわしく遊ぶ中、彼はとても落ち着いた感じでみんなを監視している、っていう感じ。
b0208620_15591022.jpg




彼らは昨日は同じ場所で、かれこれ3,4時間遊んでました。
私達の部屋から10mくらいしか離れてなかったので、結構うるさかった・・・・・。


実はつい最近、テレビのドキュメンタリーで観たんですが、南アフリカでは家の中で寝ていた生後3ヶ月の赤ちゃんがバブーンに襲われ幼い命を落とす事故があったそうです。その家はトタンで囲われているだけの小屋みたいだったのですが、母親が外で洗い物をしている時にバブーンが中に入り子供を連れ去ろうとしたようです。

南アフリカの観光地でも、観光客のバッグや食べ物をひったくったり、車の中まで入ってくるバブーンもいるらしいです。(日光のサルも同じようなことがありましたが)

私たちが南アに行ったときも、
「バブーンにエサを与えないで下さい」
と言う看板をあちこちで見ました。


まあ、ここでは一応平和にバブーンと暮らしていますが、やっぱり彼らは賢いので一歩間違うとちょっと困った方向へ行ってしまうんだと思います。


今度、私達の庭に、野菜の種を蒔こうかと思っているんだけど、ある人から
「バブーンに食われるよ~」
と言われ、ちょっと躊躇している私・・・・。

ある人がイチゴを育て、ちゃんとバブーン除けにしっかりしたネットをしていたそうですが、ある日そのネットを片手ではずし、イチゴを美味そうにむさぼるバブーンを発見。
それ以降、食べ物類は植えないことにしたそうな・・・。


あ、バブーン、大根やネギは嫌いなんだってさ。辛いからね・・・
仕方ないから唐辛子でも植えるか~。 
・・・・って、それじゃ辛いのが駄目なごん兵も食えないじゃん!!022.gif





ここへ来てから曜日感覚ゼロの私。今日は土曜日だったんだ。

ハバ ナイスウィークエンド エブリワン!


読んだついでにクリックお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-29 16:09 | アフリカ動物

バブーン

昨日は一日ペンキ塗りをしていたので、パソコンに向かっている時間がありませんでした。

今、私達は自分達の部屋の周りにフェンスを作っていて、ごん兵は休みの日にせっせと働いています。私はペンキ塗りが仕事。 これが結構時間がかかる!!
特に昨日は暑くて炎天下で作業していたので、夕方頭を冷やすべくプールに飛び込んだ私達でした。



さて、前回のバブーンの話の続きです。


私とごん兵がランチを用意してテーブルに座ると、今まで私達に何の関心もなかったようなバブーン達がそろりそろりと私達の方に近づいてきました。

そして私達をじーっと見てます。
b0208620_21115172.jpg


さすがに、これだけの至近距離で食べるのは落ち着かないので席を移動したんですが、2匹が私たちがさっき居たテーブルの上に乗っかってきてそこから私達の食べ物を狙ってます。

そしたら、そこへ地元のおじさんがやってきて、ものすごい剣幕でバブーンに怒鳴りその辺にあった石を投げて追っ払ってくれました。
(石まで投げなくても・・・と思ったけど、そのくらいしないと彼らはつけ上がるんだそうだ。甘やかしは厳禁ってことです!)

それでもバブーンたちはそれほど遠くには行かず、10mくらいのところでのんびりと座っていましたが、ボスが移動し始めるとみんなぞろぞろと後を追って移動して行きました。

それにしても、人間をまったく恐れない彼らの行動はある意味、恐いです。
特に、オスになると身体もかなり大きく50キロ以上あるらしいので、何か機嫌を損ねたときの彼らの行動を想像するとちょっとぞっとする。

まあ、この間のバブーンたちは、いたってのんびりしていて適当に庭で遊んでいるって言う感じだったのでよかったけどね。

木から落ちたパッションフルーツ食べてます
大きさから言ってまだ若僧か?
b0208620_2116733.jpg


子供は母親の背中で昼寝
b0208620_21174433.jpg


この子、右手がなく足を使って上手に食べてます。
b0208620_21185996.jpg

怪我してなくなっちゃったのか生まれつきなのかわかりませんが、実はよく見るバブーン。
歩き方も独特で目立つので、だいぶ前から気になっていた子です。
ヘンなもんがくっついているから男の子だ。(子じゃないけど)



この近辺に居るバブーンは一家族だと思われます。たぶん、2、30匹の群れじゃないかな。
やっぱり野生にありがちな、リーダーが一匹居て彼がすべてを仕切ってるって言う感じだと思います。
やっぱりリーダーはさすがに大きくて貫禄がある!



じゃ、明日はリーダーに登場していただきます!



読んだついでにクリックしてくださると嬉しい!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-28 21:39 | アフリカ動物

バブーンとプール共用

ここにはバブーンがいっぱいいます。(バブーン=ヒヒ)
アフリカだからね。

しばらく塀の工事があったのでキャンプ内(住居エリア)では見かけなかったバブーンですが、塀が出来上がったら、その上を利用する(渡る、座って毛づくろい、子供同士の鬼ごっこなど)彼らをよく見かけるようになりました。

で、2週間ほど前、久しぶりに晴れたのでプールで運動しようと思って出かけたら、なんと10匹近いバブーンがブールの周りにいてびっくり。

プール担当のお兄ちゃんが追い払ってくれて無事泳ぎ始めたんですが、遠くで私が泳ぐのをジーッと見てる。

一応泳ぎながら彼らの行動をチェックしていたんですが、泳いでいる間にどんどん近づいて来る彼ら。泳いで顔を上げたらほんの2mくらい先のフェンスにずら~り!!005.gif 私をじっと見下ろしていました。近すぎっ!!

どうやら彼らは水を飲みたいらしい。
水くらい飲ませてあげたいけど、私だっておっかないから、近寄って欲しくないわけです。

若いバブーンもいて、私が近づいていく(泳いでいく)とフェンスの外に逃げるんだけど、デッカイオスになるとずうずうしくて私が近づいてもびくともしない。水を飛ばしてもぜんぜん無理。
彼らは泳げないので、プールに入っている私を襲うことはないと思ったけど、やっぱり恐い。

頑張って25mのプールを5往復くらいしたんだけど、どうにも嫌なので出ました。(追い出された)


・・・・・と、

この話を書こうとずっと思ってました。ただ、あいにくその時カメラ持ってなくてプールにいるバブーンの写真を撮ってなかったので保留にしておいたんです。

で、先日一応プールの写真だけ撮って「ここに居ました!」ってことを説明しようと思って
カメラを持ってランチを食べに行ったら・・・・・

いた!!!

すごいタイミングでいました。
大小(大人子供)全部で10匹くらいが適当に遊んでました。
プールと私たちが食べる場所は5mくらいしか離れていなくて、何人もの人がランチ食べてたんだけど彼らまったく動揺している様子なし。


ちょうど水なんか飲んでるし!!
b0208620_20365962.jpg


お気楽に遊んでる子供もいる
b0208620_20384082.jpg

b0208620_20404948.jpg



プールのフェンスの外には大きなオスや子供を背負ったメス(?)もいました。


最近カメラを持ち歩くことが減ったのでチャンスを逃すことが多いんだけど、今回はすごいタイミングで狙いの写真を撮ることができた。これでブログに載せられる、よかったよかった!


と、思って「さあ、ランチにしよう」と、いつもの場所で食べようとしたんですが、やっぱりそこはバブーン。 やっぱり生意気なサル、いやお利口なおサルさんです。ちゃんと美味しいものを知っているんですねえ。




バブーンの話、つづきます。


日本のサルは温泉に入るんだぜー!ってことアフリカのサルたち知ってるかな。
読んだついでにクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-26 21:04 | アフリカ動物

ドロボウの種類

ここ数日、それまで毎日降っていた雨がピタリと止み、かなり暑い日が続いています。
午後には必ずやってきた雷雲もここんとこ姿を見せません。

おかげさまで洗濯物は良く乾くし、私の日焼けもますます大変なことになっています。
こんなに日焼けしたのは、小学校の夏休みにプールに毎日通っていた時以来。
それでも、タンザニア人の隣にいるとびっくりするほど色白な私です。(とーぜん!)



さて今日の話・・・・・

この間の ”ゴールド強盗 未遂事件” からちょっと引っ張ります。

先日の事件では銃や爆弾が使われたので、ドロボウ達は一応プロだと思われます。ただ、あくまでもここタンザニアの山の中での話で、プロなんていう言葉を使っては本当のプロの方々に申し訳ないくらいですが・・・。
(私の中でのプロは映画「オーシャンズ」シリーズの、ジョージ・クルーニを指しますので。ええ016.gif



さて、前にも何度か触れましたが、ここには毎日休まず通ってくる別な種類のドロボウがいます。彼らはプロではありません。
この間ここを襲撃した奴らとはぜんぜん違うタイプのIntruders(侵入者)。

銃や爆弾を使うプロと比べると、彼らはとっても原始的な方法で仕事(?)をしています。

持ってくるのは、サック(袋)と手作りのクワみたいな小さな道具。
おまけに裸足で来る人もいるし、手ぶらの人もいます。
こんな感じで・・・
b0208620_164561.jpg



でも彼らはすごいところは、毎日通ってくること。
警備犬に吠えられようが、ごん兵たちに追い払られようが、めげずに来る。(警備の甘さはここでは置いておいて・・・)
ちゃんとした社員だったら、間違いなく「皆勤賞」もらえる!


彼らの多くは「夜勤シフト」が多く、夕方になるとゾロゾロと集まり始めます。
多いときは十数人で現場に向かう彼らを何度か目にしたことがあります。
小さな道具やサックを肩に歩くその姿はまるで白雪姫に出てくる「7人のこびと」を思い出させ、なんか笑えます。

”ハイホー!060.gifハイホー!060.gif”  

と、歌いながら行進してほしいくらい。041.gif 


前にも話しましたが、ずっと前にそのドロボウたち(侵入者とも言う?)とお近づきになる機会がありました。
彼らの狙いはもちろんゴールドなんですが、ドアを爆破させ延べ棒になった金を盗もうなんていうデッカイことはせず、自分達で穴を掘り金の入った岩を探します。
もちろん立ち入り禁止の敷地内での行動だから、違法であり侵入者=ドロボウになってしまうんだけど、彼らからは ”悪のオーラ”は感じられませんでした。
b0208620_16235676.jpg


黙々と作業する姿はちょっと健気にさえ思えた
b0208620_16272258.jpg



確かにその素人の泥棒達もたまに石投げてきたり、車が通れないように岩を道の真ん中にいくつも置いてみたりと、まるで子供のような抵抗をしているようですが、まだ銃や爆弾に比べたらかわいいもんです。

銃や爆弾を使い人質を取って脅し、多くの労働、過程を経て出来上がった”金の延べ棒”を、あっさり頂こうとする奴らよりはぜんぜんましだと思ってしまいます。


実際には、その素人の侵入者を追い払う仕事が一番多く(毎日だからね)、みんなを悩ませていることでもあり、彼らを「まし」とか「かわいいもん」とか言っている私はかなり無責任ですが・・・。


侵入者に関しての問題は、この近辺の鉱山でもかなり大きな事になっています。
千人単位の侵入者が出入りしている場所もあるようですし、けが人なども出ている所もあると聞きます。


う~~~ん・・・難しい問題です。




・・・・どうでもいいけど、さっきからハイホーハイホー060.gifの音楽が頭から離れなくなってしまった~!


読んだついでにクリックよろしくお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-25 16:57 | タンザニア出来事

泥棒のカムフラージュ

昨日の記事で、ここの警察の制帽は真っ赤だと書きましたが、この帽子とっても目立ちます。

真っ黒な顔の上に乗っかっているから余計に目立ちます。(昨日のボヤけた映像参照願います)


で、実は前にこんな光景を見たんです。
b0208620_15545272.jpg


これ誰だかわかりますか?

みんな赤い帽子被っているけど、おまわりではありません。

実は彼らは、「侵入者」=「ドロボウ」013.gif


林の中に隠れている彼らを遠くからズームで撮りました。
だいぶ前に鉱山予定の敷地に行ったら100人くらいの侵入者が居たって話を書きましたが、そのときに林に隠れた人たちを撮ったもの。

そのときに一緒について来てくれたタンザニア人のスタッフが教えてくれたことなんですが、彼らの赤い帽子にはちゃんとした意味があるそうで、なんと、自分たちが警察だと間違えられるようにカムフラージュとして赤い帽子かぶっているんだそうです。

本当か??

たかが帽子で地元警察に間違えられるのか??? 

あまりにも単純でアホらしい企みに、思わず笑ってしまったけど、彼らはいたって真剣なんだなーきっと。

まあ、確かに下のカーキ色のシャツ着て赤い帽子かぶっている彼、一瞬遠くからみたら警察に見えなくもない。。。。
b0208620_166197.jpg


・・・・けどさあー・・・・


それでどれだけメリットがあるんだろう?
ここで働く人たちがそれで誤魔化せると思っているんだろうか?

あ、いや、もしかしたらここで働く警備員(タンザニア人)はだませるかもなあ。警察だと思って、鉱山内を歩かせたりしてしまう可能性・・・・大!

いやね、ここの警備員、とても一生懸命働いていると思いますよ、ええ。・・・彼らなりにね。


私が見る時はいつも彼ら日陰に座って昼寝してます。
(まあ、外は暑いからね・・・って、コラッ!サボってるんじゃない!)
ごん兵と車で何度か鉱山の敷地内を走りましたが、車の音が聞こえると慌てて木陰から出てきたり、草むらで寝転がっていて慌てて突然現れる警備員を毎回目撃してますんで、彼らがどれだけ自分達の仕事をエンジョイしているかわかるんですよね。

一度、木陰で休んでおしゃべりをしている警備員の後ろを侵入者が5,6人通り過ぎたのを見たことがあるんですが、彼ら気づきもせずにおしゃべりしてました。あ~あ。

ごん兵は何度か彼らに注意したらしく、一度聞いてみたそうです。

「もし、侵入者がお前達の前を通って鉱山に入り込もうとしたらどうするんだ?」と。


そしたら彼ら少し考えて答えたそうです。

「えーと・・・、オフィスに伝えます。でも今無線持ってません。(忘れちゃったんだってさ)」034.gif


おーーーーーーーーーーい!
そうじゃなくてー。

ごん兵は呆れつつも、言ったそうですよ。
「まあ、確かにオフィスに伝えることも大事だ。だけど、その前に君たちは彼らを追い出さなければならない。」

彼ら真剣に聞いていたそうですが、更に真剣に答えたそうです。

「でも、入ってきちゃうんです・・・」 


ぎゃー!!、そう来る?そう言っちゃうか??

ごん兵 033.gif033.gif033.gif 

私 041.gif041.gif041.gif 

怒りと呆れでそれを語るごん兵には申し訳なかったけど、私大笑いしてしまったね。


実は一事が万事、すべてがこんな感じです、ここ。


ここでタンザニア人を指導し働いている人たち(白人)の苛立ち、無力感、怒りは、耳にタコができるほど聞いてます。
私は働いていないから、神経を逆撫でされるような出来事はないけど、聞いているだけだと本当に信じられない言動があるようです。

でも最近私、思いますよ。

”これがここの文化・習慣なんだ” と。 (そう思った方が楽だしね)


私、勝手にタンザニア人の怠惰さを書いてしまってますが、よく考えてみると、実はここから学べることってあるんじゃないかと・・・・。

確かに「勤勉」「勤労」はすばらしいことだし、そうすることが ”良いこと”であり、出世、成功には欠かせないことって教わってきたし、実際そうなんだと思う。

でも、仕事終わったら眉間に皺を寄せビール飲んで仕事の愚痴をこぼす白人と、その隣で楽しそうに声を上げバレーボールに熱中するタンザニア人たちを比べると・・・・・・ん~なんだかな~。


・・・・・・・幸せなのは どっちだ?・・・・・・・・


と複雑に思う、無職の私なのでありますよ。


動物からリラックスすること学ぶことも多いしね・・・・
クリックありがとうございます!
人気ブログランキングへ








  
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-24 16:54 | タンザニア出来事
はい、正義の味方である警察官さま様を軽々しく ”おまわり”と呼び捨てしてます、私。
もちろん、本人達の前じゃなくて、影でこっそりと・・・。


さて、今回の事件でやってきた”おまわり”達、総勢30人は超えていたでしょうか。
トラックの荷台に乗っかってやってくるっていうのが、とってもローカルっぽくてよろしいではありませんか。ねえ。(棒読み)

彼らの制服はカーキ色。そして頭には真っ赤な帽子がトレードマーク。
そして肩には大きな銃を常にぶら下げています。そう、”常に”です。
噂では寝るときにも抱いて寝ると聞きます(笑)

制服脱いで、ここの食堂で夕食を食べるときでも銃は絶対に離さない。常に彼らと一緒。(当然と言えば当然ですがね)


で、彼らの銃を持った姿を写真に撮りたいと前々から思っていたのですが、なかなか露骨にカメラは向けられないわけです。
でもこの前の夕方、食堂で彼らを見たので、食事を終えて戻ってくるのを待って尾行しました。004.gif
もちろん、あからさまに銃を持った彼らを撮るのは気が引けるので、遠目からそして後ろから撮りました。

でも歩いているし、ちょっと暗くてピントが合わない・・!早くしないとどんどん離れて行っちゃう!何とか目いっぱいのズームで!と、焦りながら撮った写真がこれ。
b0208620_15111115.jpg

もうボケボケです025.gif
b0208620_15121319.jpg

これが精一杯の写真・・・・・。あ~あ Lumixの本来の性能の良さ発揮できてません。。。


「う~~!!」とか焦りの声を出しながら撮っていた私。

すると、突然後ろから耳元で 「何しているの?」(英語)と言う女性の声。 ギョッ!!!!

びっくりして振り返ると、そこにはタンザニア人の女性がカメラを覗きこんで立っていました。
で、よく見ると彼女の肩には・・・・・”銃!!”

ひえっ~!彼女おまわりだよ。(私服に着替えてた)
まずいっ。 隠し撮り見つかっちゃったよ!

「はい、優秀なおまわりの写真を是非記念に、と思って撮らせていただきましたっ!(敬礼!)」


なんて言う言葉は咄嗟には出ず、
「あー、ちょっとカメラのズームの調子をチェックしてたんです、ええ。(汗)」 

人間、とっさな場面では情けない反応をしてしまうものです・・・・。

彼女は、私がおまわりを狙って撮ってたのを後ろからこっそり見ていたはず。
こりゃ、怒られるかな。。。と冷や冷やしながら彼女の肩の銃をちらっ。


するとそこへ、同じく私服の男性おまわりがやってきて一言
「彼女は一番のボスなんだよ。強いよー!」 だってさ。

よりによってボスに見つかってしまった私、どうする?????

その女性ボスのおまわりさん(”さん”づけに変更)、とてもシリアスな顔つきで私のカメラをジロジロ見るので、こりゃ、撮った写真を消せってことだな、と内心考えていました。

すると彼女、私の耳元でこう囁いたんです。


「これ、いくらで売ってくれる?」


えっ ????


そうなんです、このボスさん、私のカメラが欲しいんだそうですよ。

なーんだ、私が撮ったあなたの部下の写真はどうでもよかったんだねっ。とホッとした私。

だけど、このカメラを売るわけには行きません。貴重な記録を残しておくものだからね、と彼女に丁寧にお断り申し上げました。

しかし

彼女引きません。

USドルでいくらか、どのくらいならば売るのかとしつこく迫ってきて、顔もだんだん真剣に。。。
そして、背中に隠れていた銃が心なしか前に移動している気がしないでもないけど、銃で脅かされてもお金を積まれても、そんなに簡単に売れませんってば。

「じゃ、代わりに写真撮ってあげるよ。」と意味のない取引をしあきらめてもらいました。

一枚目は視線をカメラに向けず無表情(タンザニア人にありがち)だったので、「スマ~イル!!笑って~」とおだてて撮った写真がこれ。
b0208620_15465647.jpg

銃は彼女の右肩の後ろに上手く隠れちゃってます(残念)


ちなみにこの、ボスおまわりさん、名前は「花子さん」 (日本語に訳すとね) 
珍しく英語の名前で ”フラワー”だそうです。056.gif 可愛いじゃん、花子さん!




いろんな噂を耳にするタンザニアの警察、おまわりさん。
確かにあんな大きな銃をいつも抱えてたら、みんな恐くて言うこと聞くんだろうけど、そうゆう ”脅かして言うこと聞かす”方法じゃなくて、もっと大事なことがあるんじゃないかなーと私個人的には思いますね。
まず、変な噂(泥棒とお友達協定とか、賄賂とか)を抹消すべく、自らの仕事にプライドと威厳を持って真摯に仕事に取り組む姿を是非見せて欲しいと思います!(部外者である外人(私のこと)の勝手な意見ですが・・・)


花子さん!是非ボスとして先頭に立って頑張ってくださいまし。よろしくっ!!



人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-23 16:36 | タンザニア出来事

事件簿

さて数日前の事件簿のつづきです。

ここまでトラックの荷台にぎゅうぎゅう詰めに乗ってやってきた、地元おまわりさん達。
ここで腹いっぱい食べて、昨日早朝またトラックの荷台に乗ってお帰りになりました。

犯人の手がかりもまったくつかめず(もともと”つかむ気”があったかどうか不明)、事件発生から1ミリも進んでいないようですが、彼らは十分満喫して帰ったと思われます。
クーラーの効いた部屋で寝られ、熱いシャワーも浴びられ、バッフェスタイルの3食の食事・・・・ん~~~彼らにとっては絶対おいしい勤務だ。

・・・・”また来たいから事件起きないかなあー” とか思ってないことを願う!!


さて、話を事件の発生時に戻します。

事件発生の夜。緊急招集がかかったのが11時半ごろ。(最初の爆発が10時半ごろだったそう)
ドンドンドン!と言うドアを強く叩く音で、尋常ではない事態だと一瞬にしてわかったごん兵、慌ててパンツ一丁でドア開けてました! 
でもすぐに服を来て(当然だ)出て行きました。 

ちょうど私達の部屋の隣が警備の人たちの部屋で、そこの部屋の前に10人近くのスタッフが集まっていて、全員各部署の責任者。(みんな寝ているところを起こされ眠そうだった・・)
警備、捜査官、採石場、鉱山現場、メインオフィスなどの責任者に加え、ドクターも起こされて待機させられていました。(ドクター、パジャマ姿だった・・)

ごん兵は鉱山の地下で緊急避難している人たちを救助へ向かい、他の人たちもみんなそれぞれ深刻な表情で、電話してたり会議してました。

そして、私は夜中2時にみんなにコーヒー入れる係り001.gif (何かの役に立ったか?)

コーヒー入れた後は、部屋に戻って休めといわれたけど、眠れるわけもなくテレビをつけアメリカ版 ”料理の鉄人”を「懐かしい~」と独り言言いながらを観て過ごしました。(私、いたってお気楽。何故か緊張感なし024.gif


翌朝、明るくなったと同時に、近くの鉱山に会議で出かけていたマネージャーと、捜査員、そして心理カウンセラーがヘリコプターで到着。
やる満々の(?)地元警察も7時ごろには30人くらい到着してました。


私たちの部屋から外を覗くと、警備員たち、準備万端!
b0208620_1563117.jpg

テーブルの上にはでっかい銃が・・・。

もう既に犯人達は林の奥の方に逃げてしまっているので、それほどの危険はないようでしたが万が一どこかの部屋に隠れているかもしれないとのことで、装備万全で各部屋をチェックしたらしいです。


で、優秀な(すごい嫌味)地元警察はと言うと・・・
b0208620_15191955.jpg

ランチタイムまでおしゃべり060.gif
(遠くからズームいっぱいで撮影。一応銃持ってるからおっかないしね)


ところで、ヘリコプターで到着した中に心理カウンセラーもいたと書きましたが、会社専属のカウンセラーで、こういう事故とか事件で精神的なダメージを受けた人たちの為に駆けつけます。
特に今回人質に取られたのが女性の警備員だったので、彼女の精神的ダメージはかなりのものと思われ、今彼女は ”ストレス休暇”と言う名のホリデーを取っているそうです。もちろん会社がホテルを用意!さすがだね、こうゆう配慮は。


今現在は、警察もいなくなり、いつもどおり仕事も再開され、静かになったキャンプ内です。
ただ、念の為「キャンプ内から出るな」とごん兵から言われているので、行動範囲が半径50mくらいになってしまった私・・・・002.gif
警備の人から、警備犬を貸してあげると言われているので、落ち着いたらワンコ連れて歩きます。
(タンザニア人、犬大嫌いなのでね)


さて、事件に関しての報告はこれで終わりにしますが、ちょっと地元 ”おまわり”(既に呼び捨て)とのやり取りがあったのでもう少し話は続きます。



読んだついでにクリックお願いします!ありがとう
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-22 16:09 | タンザニア出来事

事件 その後

おかげさまで昨日の晩は緊急電話もなく、誰に起こされることもなく朝まで寝ることができました。

もしかしたらごん兵の電話は鳴っていたのかもしれないけど・・・・。
実はヤツ(ごん兵)、自分の携帯電話をうっかりオフィスに忘れてきたんだそうです。

んー、クサイ・・・臭いぞ!

と思って問い詰めて聞いてみたところ、白状しました。

「はい、携帯電話、故意に事務所に忘れてきました・・・037.gif」  と。


それは「置いてきた」って言うんだよ~。034.gif
まあでも、3日間も続けて夜中に起こされて眠れなかったわけだから気持ちはよくわかる。忘れてきて良し!(私も起こされずに眠れるし!)
正直昨日は、もう携帯電話の姿すら見たくなかったんだと思います。
ま、本当に緊急ならば部屋の電話もあるし、部屋まで直接来ればいい話だしね。


さてさて、事件の続報です! 


昨日仕事に行ったごん兵経由の情報と、夕食時に捜査官から聞いた話からですが、


”いっこうに捜査は進んでいない模様”  ・・・・・・・だそうです(苦笑) 


そんなことだろう、とは思いましたよ。


実は前にもちょっとした事件があったんだけど、そのときも結局犯人は林に逃げちゃって(とても原始的)、地元警察はここで数日、3食美味しい食事を頂いて帰っただけなんだもの。
(あ、美味しいと言うのは、彼らにとってはご馳走だってことです)

今回も彼ら、駐車場近辺で銃を持って立ち話をずーっとしているし、夜も誰よりも先に食堂に来て皿山盛りの食事をしています。で、今日気づいたんだけど、彼らと一緒に子供がいるってどうゆうことだ??
マネージャーも「なんで子供がいるんだ?」って言ってたけど、意味わかりません。
警察が自分の子供をつれてきて食事させているんなんて考えたくないけど、食堂なんて近辺にないからここでのご馳走を是非食べさせたいっていう親心なんでしょうか。(よくわからん・・)


ところで、事件の様子を少し聞いたのでちょっとお話します。


侵入者はおそらく7名くらい。
彼らはまず、メインオフィスの周りに爆弾を投げたらしい。
(よくアクション映画で使う、何か紐引っ張って、ひょいっと投げて爆発させるやつ)
そして、銃を乱射し、事務所で夜勤していた一人を人質に取る。

他の侵入者は金の保管室(小屋)のドアの前に爆弾を仕掛けドアを壊した。


そして! そこには黄金に輝く”例のブツ”が!!!!!!! クククッ!037.gif 


・・・・・と言う設定だったと思われます。しかし現実はどうだったかというと・・・


壊したドアの向こうにはなんと、もう一個ドアが立ちはだかっていたわけですよ。それも更に頑丈なやつが!


てっきりドアを開ければ金の延べ棒が目の前にどっさり!!065.gif065.gif065.gif 
「これでオイラは億万長者さっ!」

 
なとど想像していたんでしょう。だけど彼らの夢はそこで終わり。
どうやら彼らは最初のドアにすべての爆弾を使い果たしてしまって、次のドアは開けられなかったわけです!!

そして、どうしたかと言うと、人質をそのままオフィスに残し退散、逃亡! 


んーーーーなんか、笑っちゃいけないけど、彼らの愚かさにおもわず吹き出してしまった。
きっとろくに下調べもせずに来たんでしょうね。
彼らの頭の中では、とってもシンプルな構造が出来上がっていて、「これでバッチリ!」と言うことで決行したんだと思います。
どのくらいの期間計画を練っていたのか知ったこっちゃないけど、この国で銃や爆弾を使っての犯行はやっぱりそれなりのプロだと言える。
だけど、結局彼らはドア一個、窓ガラス数枚を壊しただけで、彼らの大計画は失敗に終わったわけです。

金目の物、何一つ取ることなく・・・・。



まあ、こうして皮肉ってこれを書いていられるのは、誰も負傷せず無事だったからで、これで誰かが命に関わるようなことになっていたら、私達は間違いなく即効にここを脱出しています。


林に逃げ込んだ泥棒達、これからまた別な計画立てるのか、別なところに行くのか知りませんが、ここの警備は更に厳しくなることは間違いないので、是非ここを攻撃するのはあきらめて欲しいと思います。
(っていうか、ちゃんとした仕事に就け!って話047.gif


そして、腹いっぱい飯食ってる地元警察の方々に是非お願いしたい。

「そんなにすぐにあきらめず、プロ根性で犯人捕まえてほしい!犯人を意地でも見つける意欲と責任感を見せてほしい!」(この国に”プロ根性”と言う言葉があるのか不明だけど)

噂では警察の中には、あちこちの泥棒たちと ”お友達協定” を結んでいるけしからんヤツが何人もいるらしいので、もし今回来た警察官の中に、そんな奴がいたとしたら・・・

「お前プロとして、人間として恥ずかしくないのかあー!オラ~ッ!」と一発ぶん殴って047.gif

私が・・・タイホする004.gif


この事件簿、もう少し続きます。

駐車場でおしゃべりする地元警察たち。
b0208620_21145960.jpg




読んでくれてありがと!クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-20 21:24 | タンザニア出来事

事件発生

と、いきなり深刻なお題を書いてしまいましたが、私は大丈夫なのでそれは前置きしておきます。

実は昨日の夜、ここの採石場に侵入者が乱入し、銃を乱射し人質を取り、金の保管場所の入り口を爆破すると言う事件が起きました。

幸いにも怪我人はゼロ、人質に取られた人も無事開放されましたが、緊急事態と言うことで鉱山は閉鎖されています。

キャンプ内には朝から地元の警察がいっぱい。トラックに乗ってやって来た!(みんな荷台に乗っかって・・)
会社専属の捜査官もヘリコプターで到着し、ちょっと緊張感が漂うキャンプ。
(そんな中でも、「うわ~っ」と興奮気味にこっそり写真を撮る私。。。004.gif


午前中はすべての回線(電話、インターネット)が遮断されたのですが、やっと夕方になってつながるようになりました。


実は事件発生直後(11時半ごろ)ごん兵は召集をかけられたので、私も結局朝まで一睡もせずに過ごしちょっと疲れ気味。
だけど、警備の人や上の人たちはそれこそ寝ずに今も捜査に携わっているので、部屋でのんびりとテレビを見てられる私が眠いなんて言っちゃいけないね。
ごん兵も朝2時間くらい仮眠を取ってまた仕事に行ったし。


それにしても、よりによって泥棒の話を書いた翌日に、こんな大事件が起きるなんて思っても見なかったよ。なんか今回の出来事はちょっとした ”こそ泥” なんていう可愛いもんじゃなくて、銃や爆弾まで出てきちゃって「大ばか者!」とか言ってる場合じゃないぞおー。


こんな陸の孤島での事件だけど、CNNニュースとかに出るかも・・・と誰かが言ってたけど、こんな所まで取材に来れないでしょー?!  と思うんだけどね。どうなのかな。


ちなみに、工場を襲った侵入者達は林に逃げてしまったそうです。


・・・・狙ったゴールドは結局取れずに。



と、言うわけで取り急ぎ緊急報告しておきます。
私はぜーんぜん大丈夫なのでくれぐれも心配しませんように。(家族友人の皆さん)

続報はまた明日お知らせしまーす。


今晩こそはゆっくり寝られることを願う!頼む、寝かせてくれ。
クリックありがとう!
人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2011-01-19 23:57 | タンザニア出来事