タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

カテゴリ:アフリカ出発準備( 2 )

予防注射その2

今日のタンザニアは朝くもり。10時ごろ雷が遠くでゴロゴロ
日中はかなり暑く、あちこちでいろんな虫が鳴いています。

いつもは朝明るくなってから朝食に行くのだけど(だいたい7時前後)、今朝は5時半の時点でかなり空腹だったので6時まで待ってから朝食を食べました。それでもまた星が出ていた。
ちなみに今朝はごん兵と二人で4時には起きていました。(ごん兵、朝目が覚めたら寝てられない人、そして人も起こす人)



さて、昨日の続き


予防注射は思いのほか後が痛く、その日の夕方には右腕が完全に上げられない状態で、ちょっと触っただけでも悲鳴を上げるほどの痛さ。横になって寝るのも痛く、夜中に何度も目が覚めるほどだったのでした。


で、それから1週間後に4本、次は2週間あけて更に4本、合計12本の注射を終え、更に2週間後には
菌が働いているかどうか調べるために血液検査にも行きました。
あ、一番最初に結核になったことがあるかどうかを調べるためにも、血液検査を受けたんだった。

ってことで、短い間に結構な数の針を刺されました。


最後にドクターに行きすべての予防接種を終えたあとは、イエローカードと呼ばれる予防接種証明書が渡されます。それには接種済みのすべての種類と免疫期間が書かれていました


こんな感じ
b0208620_20233756.jpg



1年とか10年、そして中には ”Life(一生)免疫あり”のもありびっくり。
ちなみに私が受けたのは下記の通り

狂犬病、黄熱病、A、C型肝炎、破傷風、チフス&ジフテリア、髄膜炎、ポリオ (+真冬だったのでドクターの薦めでインフルエンザ&鳥インフルエンザの予防注射も同時に受けた) 


ナースはどれが痛くてどれが副作用が強いんだか説明してくれたけど覚えてない。
とにかくこの予防注射を受けたあとは、腕は痛いし、身体は妙にだるく、寝汗をかいたりしてしばらくは身体が抵抗していました。
さすがにこれだけの菌を一気に入れるんだから、そりゃ身体も反応するというもの。



・・・とまあ、こんな感じで身体はまず「アフリカ行き」態勢整ったのでした。
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2010-09-21 20:49 | アフリカ出発準備

予防注射

このキャンプで生活している限りの話だけど、時々ここがアフリカなんだということを忘れてしまう。
前回書いたように水だって安全だって言われるし、多少にごった水を飲んだって今のところ腹の調子も良好。たくましくなりつつあるのかもしれません。

ただ、やっぱりここはアフリカ。油断は禁物。
特にこれから雨が多くなり湿気が多くなると、マラリアに注意しなければなりません。



さて、アフリカ行きが決まった時、まずしなければならなかったことは

予防注射 

まずクライストチャーチの病院に電話をし、どこで予防注射を受けられるか調べると「トラベルドクター」というのがあるというのがわかりました。
長くクライストチャーチに住んでいたのにも関わらず、そしてそこが私が働いていたオフィスから歩いて5分の所にあり、オフィスの駐車場の隣にあったので何十回も通りかかっていたにも関わらず
まったく知りませんでしたー!(どこを見て歩いていたのか??お恥ずかしい)

とりあえずごん兵さんと二人で予約をし出かけました。

ごん兵さんは特別に会社からの健康診断を受けるように言われていたこともあり、1時間半くらいかけて診察を受け、その後二人でまず1回目の予防注射を受けました。

ドクターは女医さんでもう慣れた感じで、どのくらいの期間アフリカ行くのか、どこのエリアに行くのかを聞くと、

「あー、じゃあ、これとあれとこれと・・」と用紙にチェックしてそれをナースに渡しました。

な、なんかすごい数をチェックしていたんですけど・・・(汗)。



まあ、予防することに越したことはないので、ここまで来たら打った方がいいというものはバンバン打って頂きましょう、とナースに着いて行きました。

ちなみに同じアフリカでも、また滞在する期間によっても接種の種類とか数は変わってくるのだと思います。危険の度合いがエリアによって変わってくるから。


ナースは私を見て

「あなたは小さいから、両腕に分けて打ちましょう」

というので、「何本打つんですか?」と聞いたら、「たったの4本よ、(オンリーフォー!)」

注射なんて別に怖くはないので、さっさと打ってもらおうと思い、まず右腕を出したらそのナースさん

「あら、意外に立派な腕しているのね。じゃ、一気に4本打っちゃいましょっ」

と、たった今言った言葉を撤回し、昔鍛えた名残のある私の右腕にブスブスと一気に打ちました。

最初の3本はたいしたことなかったんだけど、最後の1本はなんかすごく奥まで針を刺し、ナースさんは
「あー、これは痛いやつねえー。・・・・ほらねえー」
と実況中継してくれながら打ってくれました。 

・・・かなり痛かった・・


無事予防接種を終え(ごん兵、5本接種!)受付に行くと、さっきの気さくなナースさんが来て

「後2回来てね。あと8本残っているから。後、注射の後は熱が出たり風邪の症状が出たりするけど、もしそうなったらパナドール飲んで仕事休んで寝ててねー」

出た、パナドール!

(注)パナドール:ニュージーランドでは医者に行くとなんでもこれ。風邪引いても、頭が痛くても、怪我しても。普通にスーパーで買える安くて手軽な薬。ちなみに私の頭痛常備薬。


そして、ナースさんは更に

「注射打った後はまれに具合が悪くなって倒れたりするから、念の為あと10分ここにいてね。道の真ん中で倒れちゃったら助けに行けないからさ。あはは」


と、実に気さくなアドバイスをしてくれ、10分経過して何事もなかった私たちは無事帰ることができました。

あと8本。

予防注射ってすぐ済むものかと思っていましたが、実は何回かに分けて少しずつ菌を身体に入れていかなければならないものがあるらしく、結局4週間の期間中に3回、合計12本を打っていただきました。



予防注射の話だけでこんなに長くなってしまった。
続きはまた明日書きます。

写真がないとカラフルじゃないので、なんか写真を一枚

b0208620_202445.jpg

カラフルなトカゲ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2010-09-20 20:23 | アフリカ出発準備