タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

カテゴリ:ニュージーランド( 52 )

ブラジャー通り

今回のニュージーランドの一番の目的は、パラグライダーのライセンス取得。
(結構長くやってるのに、どこでも滞在期間が短くてライセンス取得まで至らずにきてしまった)

なので家のあるワナカからクィーンズタウンのスキー場のあるコロネットピークまで1時間かけて何度も通いました。

ホリデーだっつうのに、朝6時起きしてサンドウィッチ作って出発。
帰宅は夜7時とか。。。。
もうオバさん、ヘトヘトでした。

さて

クィーンズタウンに向かう途中で見かけた光景。

あれ?なんだ??? (フェンス左)と思って近づくと。。。。。
b0208620_18181447.jpg
ぶっ!

ブラジャー! だらけ。。
b0208620_18220341.jpg
あーあ、きっと誰かが冗談で始めたんだろうな。
明らかに観光名所を目指しているのがわかる。
みんな車止めて写真撮ってたからね。(私は止まってる時間ないので走る車の中から撮影)

昔は、違う場所に、たくさんの靴がこうやってフェンスにひっかけてあったけど、あそこも観光名所になって
100キロ制限の道なのに、観光バスが止まってカメラを持った人たちが道をノロノロと渡り、記念写真を撮ってたことがありました。

でも、さすがに危ないので、すべての靴が撤去されたんです。
(実は私の友人の旦那さんが朝暗い内に行って、すべての靴を回収しました。もちろん仕事としてね。)

ここは、一応直線の道なのでそれほどの危険はないと思うけど、どこまでいくんだろう? 
去年まではなかったので、たった1年弱の間にこれだけのブラが集まったってことだから、次回帰った時にはもっと増えてるに違いない。

それにしても。。。。

あのブラ。。。みんなわざわざ持っていくんだろうか?

それとも、  つけてるのを外して置いてくのか???   あはは。


実は、この反対側には男のパンツが10枚くらい並び始めてたんだけど、いつの間にか全部なくなってました!
やっぱり、男のパンツなんか見たくねーぞ!と言う、発起人(?)の行動かな。

一度、一人の男性が車を止めて、腰に手を当てじーっとこのブラを見つめているのを見かけました。
おっさん、、、いったい何を考えていたんだろう?037.gif


あと、同じように毎回とおる道脇にあったこの家↓↓
b0208620_18413860.jpg

あ〜〜〜、こうゆう家、好きだなあ〜!
ばあさんになったら、こんな可愛い小さな家で老後を過ごしたい。

、、、ってごん兵に言ったら、「信じられない」と言う顔されました。


読んでくれてありがとう



人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2014-03-25 18:50 | ニュージーランド
昨日の牛さんの話から変わって、今日は

犬!   。。。だよ。

ニュージーランドにいる間に、パラグライダーのライセンスを取ったんですが
その時のインストラクターたちのペットの犬たちが、まあそれはそれは良い味出してまして、毎日和ませてくれました。

テディ(犬):「オイ、そのチョコレートブラウニー、俺にくれない?」
ごん兵:「ダメ〜!」     。。。。の写真↓↓
b0208620_17270735.jpg
生徒の一人がシェフだったので、彼がラザニア、サラダ、ブラウニーをチャチャと作って来てくれたんだけど、犬たちはもう食べ物から目が離せない! 

でも、躾はちゃんとしていて、絶対に自分からは食べたりしないで、頂けるまでじーーーーーっと待ついい子。

「あ〜、、うまそうだ〜。どんな味すんのかな〜。 一口だけでもくんないかな〜」

b0208620_17293271.jpg
この目がなんとも言えません!
彼の気持ちがこの表情に全部表れてるぅ〜037.gif037.gif

このテディの必死な表情がもうみんなにウケて大笑いだったんだけど、笑われている本人(本犬?)はもう目の前にあるラザニアのことしか頭にない。脳内100%ラザニア!

この集中力ある意味凄いなーと思って私は笑いつつ感心しながら見てたんだけど、
これこそ、スピリチュアル世界で言うところの、「今に生きる」を軽く実践しているんじゃないかと思っちゃうね。 (違うか?)

未来も過去も関係ない。
今、目の前にあることに全力投球!  ってね。   

そして、

みんなが食べ終わり、ラザニアの皿にわずかに残り物があるのをちゃんとわかってるテディ。
自分の尻よりも遥かに小さな椅子に乗っかって。。。。。
b0208620_17333167.jpg
「あれ、、、、、食べたいんだけど〜、、、」 の意思表示。

このテディー(本名:テディーベア)には、バビーと言う兄弟がいるので、この巨大犬2匹の餌の量はかなりすごいそうです。
断然大人よりも食費かかるらしい。(特に肉代金)
そりゃあ、そうだろうな。

でも巨大犬にありがちで、とっても穏やかで従順な4歳犬たちはみんなの人気者でした。
でも、実は甘えん坊さんで50キロ近い身体で完全に寄りかかってきたりすると
「ちょっ。。。重たすぎ、、、!」となってしまうわけですね。 見てこのデカさ!↓
b0208620_18053130.jpg


あと、もう一つ

黒鳥のシンクロダンスを。。。

b0208620_18134652.jpg
ほらよっ! と〜 060.gif
b0208620_18153523.jpg
皆様良い週末を〜!
テディーベアに一票を!



人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2014-03-22 18:19 | ニュージーランド

キャンプに侵入者

この前、キャンプの話を書きましたけど、こんなことがありました。

朝、火を起こして朝食の準備をしていたら、遠くから

モォオ〜〜〜〜〜〜ッ!!!

と、言う牛の鳴き声が聞こえてきて、振り返ると親子がこっちに向かってノッシノッシと歩いてきました。

超でっかいので、私はちょっとビビリだったんだけど、ごん兵に

「乳牛は好奇心旺盛だけで、性格は穏やかだから大丈夫」

と、言われたので、さっさとお湯を沸かし目玉焼きなんかを作ったりしてたんだけど、ふっと気配を感じて振り返れば

私の背中から2メートルのところで、じーっと見つめる牛の親子が。。。。005.gif005.gif

ちょっ。。。。。。 牛さんよ、、、ちょっと近すぎだと思うんですが。。

確かにごん兵の言う通り、奴らは本当に興味深そうに私たちの行動を観察し、車のニオイを嗅ぎ、前の晩に捨てたちょっと悪くなったチンゲンサイを食べ、私たちを襲うわけでも脅かすわけでもなく、周りをウロウロしてるだけ。

そして、しばらくすると、どんどん仲間も集まり始め気がつけば20頭くらいの牛に囲まれてしまってました!

で、だんだん、奴らも調子に乗ってバターとか取ろうとしたり、熱いお湯の入った缶をひっくり返したり、あまりにも接近し過ぎて大変なことになっちった。
おちおち朝食食べていられるような状態じゃなくなったので、さっさと片付けて帰ることにしました。
紅茶なんて立って飲んでたからね、私。

b0208620_00111742.jpg
b0208620_23344033.jpg
スパゲティーの空き缶を脇に置いておいたら、なんとそれを口に入れちゃった牛がいてびっくり。
ゴリゴリなに食べてんだ???と思ったら缶だった!! 

すぐに吐き出してたけど、缶は見事にペチャンコ。
そして、その吐き出した缶を、違う牛が「なにそれ?オレも食ってみたいー」 とまだゴリゴリ。あ〜あ。。。

さすがに飲み込みはせず、味のしなくなった缶を吐き出してましたけどね。

帰る支度して火の始末をしたあとも、牛たちは何があるのかとにかく近づいてきて、火の周りにあった大きな石をクンクン、 
そして、まだカンカンに熱い石にペロッと口をくっつけちゃって、ブハッッ!!!!と慌ててたのはかなりウケました。(ホント)
好奇心旺盛にもほどがあるぜ。

あんなにでっかい牛を間近で見た事がなくかなり最初は腰が引けてた私も、帰る頃には好奇心旺盛でちょっとおバカさんのこの牛たちが
妙に可愛く感じちゃったよ。

でも、あんな風にきれいな水と新鮮な草のある広大な土地の中で一日ゆ〜らゆ〜らと生活している牛たち。
それ考えれば、彼らが出すミルク、そしてそれから作られる乳製品はそりゃあ美味いはずだ!と、納得。   

。。でしょ?


読んでくれてありがとう!
よかったらポチお願いします。


人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2014-03-22 00:27 | ニュージーランド

キャンプ

私たちが帰って来てから、毎日夕方になると雷とともに大雨が降ってます。

あれ? 私たちが留守の1ヶ月の間、一度しか雨降らなかった(それもほんのちょっと)とか言ってたのに。。。

あ〜、私ってやっぱり雨オンナなんだな、、、と勝手に思ってます。
(むかーし、私が参加するゴルフコンペの度に雨だったので、みんなから雨女って言われた 057.gif015.gif

ここでの雨は今まさしく恵みの雨なので、大歓迎なんだけどまだ貯水池がたっぷりになるにはほど遠いのか

”今日も断水!” 002.gif 

さて、、、

ニュージーランドで撮った写真を整理していて、ある写真を見てふっと思ったことがあります。

それはこれ

↓↓
b0208620_22184145.jpg
はい、見ればわかる通り、お外でご飯。バーベキューです。

「今日、キャンプ行くか?」 と急遽決めてものの1時間ほどで荷物とテント詰め込んで出かけたんです。
冷蔵庫にあった羊の骨つき肉と鶏肉と、チンゲンサイをパッパと詰め込んで、家の近くの国立公園の山の麓でキャンプ。

こんな光景は、別に珍しくないことだけど、

これが、ガーナだったら。。。。

これはキャンプとか言う楽しいアクティビティーではなく、ごくごく当たり前の ”日常” になるんだな〜〜 (こんな豪華に肉は食べられないだろうけど)

と改めて思ったわけです。

丸太や枝を毎日集め、火を起こし料理をする。

と言う、この行動は、ある国では『たまにやるワイルドなアクティビティー』 =『楽しいこと』になり、
ガーナのような国では『生きて行く為の手段』= 『大変な仕事』になる。
キャンプなんて、日本じゃわざわざ大金払って、テント、BBQセット、寝袋なんかを揃えて「キャンプすること」をあえて楽しいこととして選ぶ。

でも、誰に聞いても毎日は絶対やだ〜って言うはず。
たまにやるから、そして珍しいから楽しいんであって、これが毎日の生活だったらやってらんなーい!と日本のキャンプ大好きな家族のみなさんは思うんじゃないかな。私だって1泊でもうたくさん!って感じだったし。

そう思うと、人間って不思議なもんだなーと思います。

あえて、大変なこと、不便なことを選ぶことがあるってこと。

もしかして、人間の細胞の中にSMっけが入ってるんじゃねーの? とか思っちゃう。037.gif  。。え、思っちゃわない?

キャンプ大好きな男(ごん兵)だって、さすがに歳とったせいかたった1泊だったのに、帰ってきてシャワー浴びて自分たちのベッドに寝た途端
「あ〜、キャンプって楽しいけど、やっぱりベッドで寝るのがいいよな〜」とつくづく言ってました。

b0208620_22492936.jpg
b0208620_23081045.jpg
特に、ニュージーランドはこんな風に適当な場所で熊や蛇なんかを恐れる事なく、キャンプできるっていうとってもラッキーな国なんで、誰もいない山の中で寝ても大丈夫! おまけに運(あと腕)がよければ、そこの川からマスなんか釣ってディナーにできる。
そうなると、ますます楽しいアクティビティーになる。  でも、1泊でたくさん。037.gif

ちなみに、
ちょうど私たちがキャンプした晩は、空には月も雲もなく、ミルキーウェーがはっきりくっきり見えて、私の言語許容量内では表現できないほど素晴らしい満点の星空を見る事ができました。  でも、地べたに寝るのも1泊でいいや025.gif。。。(翌日二人とも身体のあちこちが痛くて大変だった〜)

と、キャンプすること、について、ちょっと違った側面から考えてみたってわけー。
だから、なんだ? って言われても困るんだけども。

ま、私の場合、そんな 風に比べたり、考えたりすることで、少しでもここでの不便な生活を楽しめるようになればな〜と思ったりしてるところがあります。

断水も楽しめ!汚い水で身体を洗うことも楽しめ!不便を楽しめ! 


。。。。。。。。。。。。077.gif (考え中)。。。。。。。


いや〜っダメだ。やっぱ楽しめなーい!! あはは。

私の頭がガーナ生活に戻るにはもうちょっと時間がかかりそうです。


訪問ありがとう!
よかったら押して行ってくださいまし。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2014-03-17 23:21 | ニュージーランド
ガーナにいると、おちゃけ(アルコールのこと〜006.gif)の選択はやっぱり限られてしまうのは言わなくてもわかると思います。

ガーナの地元ビールのスターっていうのも安く飲めるんだけど、私あれ2本以上飲むと頭痛がしてきます。きっと、いろんな怪しいケミカルが入っているんだろうな、、、と思うとあまり飲む気になりません。

なので、もっぱら輸入されたビールやワインを頂いているわけですが。。。


ニュージーランドに帰っていた時の私たちってば、、、、!!!

ここでの生活の反動でか、それはそれはよりどりみどり、多種のおちゃけが並ぶスーパーで毎回結構な時間(+お金)を使ってました。

私たちの家のあるワナカにもワイナリーがいくつかあって、ちょうど秋の収穫の時期でした。

b0208620_185305.jpg

b0208620_18541716.jpg



そんじゃあ、ワイナリーにでも言ってワインテイスティングでもしてこよう!ってんで、
家の近くのワイナリーに行ってみました。(車で3分もかからないという近さ!)

ワインテイスティングはただだからね!006.gif
b0208620_18552714.jpg


窓の向こうにはぶどう畑とワナカ湖
b0208620_18583992.jpg

b0208620_1901231.jpg



ここで、とっても話し上手なカウンターのお姉ちゃんとおしゃべりしながら、白ワインと赤ワインを数種類ずつ試飲。ついでに、デザートワインも最後に頂いちゃう〜。

ワインのソムリエは、ワインを口に含んだあと、ぐちゅぐちゅ口をうがいするみたいなことしてペッとせっかくのワインを吐き出しますが、私たちはそんなもったいないことはせず、ぜ〜んぶきれいに頂いてきました。

当然、いい具合にアルコールが入った私たちは程よくご機嫌になりますわな。。。

おまけに、話し上手で更に売り上手なカウンターのお姉ちゃんなんかが相手をしてくれたら、結果はだいたいわかると思います。

。。。。。。


はい、ワインお買い上げ〜〜!!!!


と、なるわけです。


実は、調子に乗って赤と白を1本ずつ買おうと、「じゃ、赤はこのピノ ノアール060.gif
とお願いしたら、

「はい、これは1本$56です」


へ?????  ご、ご、ごじゅう  って今おっしゃった???

と、確認の為もう一回聞いちゃった。
一瞬、酔いが醒める瞬間。


ワインなんか、スーパーで買えばもっと安いし、別にここのワイナリーにこだわっているわけじゃないんで、$56なんかとても出す気にはならず、その半額以下のワインを1本買って帰ってきました。


汗かいてぐは〜っと飲むビールもいいけど、いい景色見ながらのんびりするにはやっぱりワインがあうかな。これは我が家から見た夕方の景色。今年初めての雪が山に積もってきれいでした〜。
b0208620_19222548.jpg



読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-06-13 19:30 | ニュージーランド
さて、ニュージーランドの話へちょっと戻ります。

ニュージーランド釣り好きには天国だと言われていると、誰からに聞いたことがあります。
でも、私は釣りバカほどではなく、まあほどほどに楽しむ程度。

でも、ニュージーランドのような、透き通ったきれいな水で、更にそこを優雅に泳いでる魚が見えたりしたらやっぱり ”釣ってみたい!”気持ちになるのはみんな一緒だと思います。

で、いろんなアクティビティー計画が山積みにも関わらず、何度か釣りにも行きました。

ワナカはニュージーランドで2番目に高い山 マウント アスパイアリング(国立公園)の入り口なので、ちょいどドライブがてらそっち方面に向かって行ってみました。
b0208620_17255551.jpg


途中で、牛さんに通せんぼされた! 「なんだよ!?」って顔してる〜。
b0208620_1734239.jpg

車なんてどうでもいいんでしょう。なかなかどいてくれなかったよ。

「はいはい、羊さんも、ごめんなさいよ〜。通らせていただきます」
b0208620_17352190.jpg

羊は車が怖いんで、さっさとどきます。

こうゆうかわゆい小屋、結構好き。
b0208620_17374655.jpg

こんな家でも、サテライトディッシュがあるんだー。
やっぱりラグビーの試合見るのには衛星テレビは欠かせないのか?


この日、大きな魚がすいすい泳いでるのが見えて、私のルアーにも興味をちょっとだけ示してくれたんだけど、結局私は釣れず。。。。002.gif

でも、ごん兵が結構大きなマスを釣ったので、それで夕食となりました。

でも、毎回釣れるってわけじゃなく、違う場所に行った時にはまったく魚がいる気配がなく、流木を(暖炉用に)拾ってサンドフライ(ぶよ)に刺されまくって終わり〜っていう日もありました。
b0208620_17441693.jpg

b0208620_1757032.jpg

 
あ、ところで時期的なのか、あっちこっちにローズヒップの実がなってました。
それもものすごい数!
b0208620_17455665.jpg

b0208620_1745364.jpg


お土産屋さんとかでローズヒップのオイルとか売ってるのを見かけたけど、それ以外はあまり見かけない。あれだけあるんだから何かに使えばいいのにな〜と見るたびに摘みたくなって、でも摘んでも何もできないし。。と何度もあきらめました。

あれを使って誰か商売始めればいいのに、、と限りなくあるローズヒップを見ながら思ったんですけど、どうでしょう?興味のある人います?


読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-05-30 18:05 | ニュージーランド

カヤックは禅?

ニュージーランドと言う場所は、アウトドア大好きの人たちにはもうたまらない場所であると思いますが、特にクィーンズタウンなどは結構有名な場所。

で、私たちの家があるワナカは、クィーンズタウンから車で一時間のところにあるんですけど、世界中から集まったアウトドア大好きな若者が賑わうクィーンズタウンに比べると、ぐっと静かな場所で、店もこじんまりしてるし、どっちかと言うと地元の人(ニュージーランド人)に人気がある所かもしれません。

それでも、湖があり近くにはスキー場があり、あちこちにハイキングの山があり、にぎやかな(若者の)町には住めないけど自然を楽しみたい私たちにはもってこいの場所です。

今回、しばらく滞在して更に「ここに住む事を決めて良かった!」と二人とも何度も納得。
ご近所さんもみんないい人だし、なんたって静かだし〜。

で、そんなアウトドアスポーツで、ごん兵が一番愛して止まないのは、もう言う必要はないと思いますが、パラグライダー。

でも、車庫にはマウンテンバイク、釣り道具、シュノーケル、ダイビング道具(ごん兵の)、サーフィンボード2つ(ごん兵の)、ゴルフ道具(私の〜)なんかもゴロゴロしてるんですが、実は今回もう一つオモチャ。。。あ、違ったスポーツグッズが増えまして。。。


それもでっかいの〜!

ジャン060.gif060.gif
b0208620_1772141.jpg

シーカヤック(ダブル)
これもネットで買ったんだけど、いやいや思ったよりデカかかった!!!
車庫ぎりぎりだったよ〜!042.gif


このカヤックが着いた翌日、早速湖で試運転!
b0208620_16502517.jpg

もう夕方だっつうのに、「行く!」と聞かない男がいまして。。。。
30分くらいしたら日が沈んじゃって、帰る頃にはまん丸なお月さんまで出て来ちゃいました。

でも、その後3回ほどカヤックを楽しんだんだけど、あれです、カヤックは良いっす、かなり良い!
私はかなり好きっ!006.gif016.gif

こんな穏やかな日は更に良い!
b0208620_17133850.jpg

b0208620_1717276.jpg


釣り道具も持って。。。。 この日は釣れなかったけど。
b0208620_17195897.jpg


カヤックはもちろん腕を使うけど、その他にも腹筋、背筋を使うので2時間もワッセワッセと漕いだ日にはもう腕なんかカチンカチンになるし、私はまだへたっぴなんで、腰も結構痛くなるんだけど

あれなんですよ、

なんか、とっても気持ちいいんです。疲れて汗かくし腕も痛んだけど、なんか心地いい疲れがたまらない。精神的もかなりいいです(きっと)。

何も考えずせっせと漕ぐ、二人の呼吸を合わせて(って、後ろにいるごん兵が私に合わせるんだが)なるべくスムーズに進むように漕ぐ。
しばらくすると二人とも無言。。。。ひたすら漕ぐ!
聞こえるのはオールが水に入るピチャピチャする音と、止まって耳を済ませば鳥の大合唱。

気がつけばかなり遠くまで行き着いてて、3時間くらいあっという間に過ぎてます。

なんか瞑想に似てる! アウトドアの、、”禅”。。だな。004.gif(あくまで私個人の意見)

それにこんな景色が広がれば、そりゃあ、身体にも精神にもいいに決まってる〜! ねえ?
b0208620_17283647.jpg

b0208620_1731982.jpg


たまに、群れが豪快に一斉に飛び立つのが見たくて、わざわざ彼らのそばまでそっと近づき、静かに休んでいる鴨とかグースの邪魔して遊んだりもしました。040.gif
b0208620_17325688.jpg


私はこんな感じで穏やかな湖を優雅に漕いで、誰もいない島でピクニックとかしたり泳いだりするのが理想なんだけど、あの男は、「次は川だなっ!」 なんつってます。

私はもうしばらくはこんな”禅修行”を楽しみたいんだが。。。。

実は、大昔、まだ体力全開だった若い頃、
スキーの夏トレーニング合宿で、朝食前にボート漕ぎのトレーニングがあったんですが、もちろん競争でおまけにコーチが後ろからあおってくると言うしごきを受けたことがあります。朝っぱらそんなことして、日中のメインのトレーニングが始まる前にクタクタになってました。
そして、その後の朝食で手が震えて箸が持てなかった記憶が鮮明に残ってます。

あの時は「ボートなんで二度と漕ぎたくない!」とオールをぶん投げたくなったものです。
(そんな過去があり、未だに人に何かを(特にスポーツで)強制されるのは大嫌い。やり過ぎも考えもんです)

でも、もう誰にも強制されない、自分の好きな時に好きなペースでオールを漕げるのはホント楽しい。

そんなわけで、実はちょっとカヤックに目覚めてしまった私でした。


読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-05-28 18:06 | ニュージーランド
ニュージーランドでの写真が結構たまっているのでアップします。

と、ファイルを開いたら、まだニュージーランドにつく前に撮った写真があった!

これは離陸したすぐ後のドバイ上空。人口島が見えます。
b0208620_17332680.jpg

何となく自分が飛行機のてっぺんに乗っかってる気分になる?

このエアバスにはバーがあるって話を前にも書きましたが、自分の席にも数種類のドリンクバーが設置してあっていつでも飲めます。水、サイダー水、コーラ、レモネード、オレンジジューズ。。だったかな。
b0208620_17365489.jpg


このエアバス一つ一つの席を広く使う為に有効に設計されています。でも、ごん兵と話をするのにいちいち席を立ったり、料理を「ちょっとくれてみ〜」などと簡単にシェアできないのがちょっとだけ不便。。かな。
b0208620_17402340.jpg


早朝シドニーに到着。今回は短くてドバイ/シドニー間が12時間半。ちなみに今回帰ってくるときのシドニー/ドバイ間は14時間!!長っ!!!
b0208620_17474772.jpg

ニュージーランドももうすぐだ!
ここへ来てのニュージーランドまでの3時間の空路なんて、ガーナ/ドバイ8時間半、ドバイ/シドニー12時間の長旅と比べたら屁みたいなもん060.gif037.gif


クライストチャーチでは、2ヶ月前にした私のレーシック手術後のドクターチェックのアポイントメントがあったので、まずそれを済ませたり、友達と会ったりして、3日後にいよいよワナカへ向かいました。

約3年前にタンザニアに行く前に、すべての荷物を倉庫に預けてあったのでそれをトラックに積み込みいざワナカへ!
b0208620_17525211.jpg

400キロちょいの道のりを南下。トラック運転するごん兵を追います。

なんとか暗くなる前にワナカの我が家へ到着。
b0208620_18235410.jpg

とりあえずトラックの荷物を全部降ろして(その時点でクタクタ)、まずはベッドだけ用意したあとは、キャンプ用の椅子と寝袋を取り出して満天の星空を眺めながらビールとスナックで夕食。

寒かったんだけど、寝袋に包まったら気持ち良くて、星空眺めながら寝てしまった私たち。
いいね〜、蚊に刺されてマラリアになる心配しなくて夜外に出られるって。。。と、そんな些細なことが嬉しい。

2月に帰ったときに注文しておいたガーデン用のテーブルセットとバーベキューがまず届いたので組み立ててさっそく肉焼いてます。
b0208620_18322751.jpg

なんとバーベキューを組み立てるのに1時間!店にお願いすると組み立て費に$80とかかかるんだそうだけど、ごん兵曰く ”結構大変”な作業だそうで、納得してました。
私は椅子組み立て担当。嫌になってとりあえず2個だけ。残りは後で。。。

これから、他にも注文していた家具がどんどん届き忙しくなります。
倉庫の大量の段ボール。。。。一個ずつ開けて行く作業。。。。

「なんでこんなもんとっておいたんだ?」と言いたくなるようなもんが次々と出て来てびっくり。

荷造りした3年前は、アフリカの生活を知らなかった自分。
最低限の荷物で生活している今の自分とはだいぶ違っていたなー。

「あーこんなもんがあったねえー」とか言って見入ってしまったり、いちいち懐かしがって手を止めてしまいつつ、そして時々息苦しくなってしまって発狂しそうになると、「休憩にカフェ行くか?」とか言って現実(散らかりよう)から逃げたりしてました。

思い出の額もちゃんと飾って。。。
b0208620_18524396.jpg

これはマウントクックで働いていて、辞めてクライストチャーチに戻る時オーナーがプレゼントしてくれたもの。裏にはみんなの寄せ書きがしてあります。


まだまだ写真がいっぱいなのでもうちょっと続きます。

読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-05-27 18:56 | ニュージーランド

成長した私

昨日は一日片付けで、なんとか解いた荷物の整理も終了!

今回は何も壊れる事なく全部無事でした 006.gif
前回はホットチョコの粉が溢れてたからね。。。(ちゃんと学びました)

で、部屋の掃除や冷蔵庫の整理をしてゴミが出たので何度か外に出た時の話。

掃除のお姉ちゃんたちが、お帰りなさい、と声をかけてくれたんだけど、その中の一人に

「わあ、急に成長しましたねー (直訳:太りましたね)」

と言われちゃいました。

正確には英語で、You have grown up so fast! って言ったんだけど、彼女が言いたいのは単に「太りましたね」ってこと。

でも、彼女のその言葉って、よく大人がしばらく見なかった子供に向かって、

「まあ、しばらく見ない間に大きくなったわねー。まったく子供の成長は早いわね〜」

みたいな感じで使うんだと、、、私は理解してるんですけどおーーーー。ねえ?

大人が、(それも年上の女性に向かって)使う言葉じゃないよなあ。

太ってしまった人に、「まあ、急に成長した(=太った)わね」と、嫌みと皮肉とたっぷり込めて言うのならともかく。。。

まあ、彼女はそんな嫌みを言えるほど英語が達者じゃないので、嫌みで言ったつもりはないと思われますけどね。
でも、やっぱり言われた時にはおったまげちゃいました。同反応していいのか一瞬固まったもん。

で、あえて軽く明るく、「あー、太ったと思う?じゃ、運動して減らさなきゃね」 
と、そのお姉ちゃんに言ったら、

「ノーノー!太るってことは良い事です。もっと太って下さい!」

と言われちゃいました。
文化の違い? 美の感覚の違い?

まあね、ニュージーランドで好きなもんばっか食べて飲んでたから、太らないはずはないんだけど
それでも結構山登ったりマウンテンバイクしたりしてたからぎりぎりオッケーかなーなんて思ってました。

でも、ガーナでは食べられないから、今のうちに食べとかなきゃ!! と言う
醜い食い意地張っちゃって、腹一杯にも関わらずバンバン放り込んでました。

新しいバーベキューは何度も活躍してくれて、友達がくれば肉肉肉〜!みたいな感じで食べ過ぎ。
b0208620_18351918.jpg


大好きなサラダ野菜とマシュルームは必ず冷蔵庫に確保。
トウモロコシ大好き男はスーパーに行くたびに買ってた。
b0208620_18374479.jpg


ちょうど、オイスター(牡蠣)シーズンで、南島の更に南のブラフと言う場所で取れるブラフオイスター(そのまんま)が簡単に手に入ったので、値段は見ずにバンバン買っちゃって、その度に天ぷらにして食べてました。揚げたてをビールで頂くと。。。。。。。んもう〜〜 ダメ。。
b0208620_18362482.jpg

あ、上の魚は、魚釣りに言ってごん兵が釣ったもの。美味しく頂きました。
天ぷら粉が余ったので野菜も天ぷらにしてました。(ごん兵が)

その他にも、羊や豚の肉の固まりを買ってローストしたり(ごん兵担当)、いろんなワインを飲み比べてみたり、バーのお兄ちゃんにどのビールを飲むのか覚えられるほど通ったり。。。

友達と会えば、当然飲み過ぎ食べ過ぎだし。。

まあ、これで太らないはずはないわな、って言う食生活だったので、「成長したわね」って言われても無理はないんだけどもーーー。

で、もう食べないぞー!腹八分にするぞ〜! と ニュージーランドを出る前に誓ったんだけど

エミレーツのラウンジ(シドニー)で、大好きなクリームブリュレを発見!!
b0208620_18383439.jpg

ストリベリーの乗っかった美味しそうなタルトケーキも捨てがたく、ごん兵と二人で
「しばらく食べられないからねっ!いいよね」 とお互いを納得させて、機内食をさっき食べたばかりだと言うのに、ぺろりと頂いてしまいました。あ〜あ。

もちろん、機内食も腹一杯食べちゃったんだけどもね。
「デザートは3種類から選べますが、いかがですか?」としつこく勧められるので、断るのがとっても大変だった。で、なんとか「デザートは結構です。」とお断りするんだけど、紅茶と一緒にゴディバのチョコレートがもれなくついてくるので、毎食後そのチョコと対面することになるんです。


。。。。と言う、今ここガーナにいると、夢のような食生活でありました。


これからしばらくは、また ”苦い”野菜たちと仲良ししなきゃです。
慣れるんだな、これも。

読んでくれてありがとう!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-05-26 19:17 | ニュージーランド

ワナカ満喫中

昨日、ワナカに住む友人に久しぶりに会って、近くの山に登ってきました。
(片付けは終わったの?って言う質問は受け付けておりません・・・040.gif

b0208620_1152825.jpg


天気予報では雨だったのに、意外に天気が良くてびっくり。
でも、山の向こうでは怪しげな雲が・・・・。


そして、高いところに登れば ”飛びたい” 男も同行。

そりゃ当然、飛びますわな。
b0208620_1174356.jpg


他のハイカーたち、ごん兵がグライダーを広げていたら、「なんだ?なんだ!」とかなり興味津々で飛ぶのを見てました。

私たちは久しぶりに女同士で積もった話をしながら山を下ってきたんですけど、下に下りてもまだごん兵ふ~わふ~わ気持ち良さそうに飛んでました。
結局1時間くらい山の周りをソアリングして、友人の所有地の莫大な農場に着陸。
持つべきものは友人ですね。006.gif

ちなみに、”どこでも飛びたい男”は、既に登山してパラグライダーで飛んで降りるというのを、ここへきて3回。もちろん、全部違う場所。普通に山登りするところで、適当に空き地を見つけて飛べるなんて、ろくに木も家もないニュージーランドだからできることですね。

まあ、聞くところによると、間違って農場に降りたりすると、えらくおっかない農場主がいるらしいので、その辺を気をつければぜんぜんオッケー、らしい。
あと、たまに「動物を脅かさないように」と、パラグライダーで飛ぶ人用に注意書きがしてあったりして、そんなところはさすがニュージーランドだなって感じです。

b0208620_11164340.jpg

こんな感じでゲートの向こうには羊さんや牛さんがいっぱい。
「おじゃまします~」って感じで通過します。

羊はさすがに車がくると逃げるんだけど、牛はびくともしません。
b0208620_11195746.jpg

「何しにきたんだよっ」ってな感じで見つめられてちょっと恐縮しながらゆっくり走ります。


あ、そうそう

この前、ごん兵が1500メートルの山におっちら登って、飛んで帰ってくるって話を書きましたが
これは彼が登ってる途中で撮ったワナカ湖と町。
b0208620_1122065.jpg

家までは5キロちょっと。


で、無事に帰ってきたのか?って話ですが

予定通り、家のそばの空き地に下りて、「タダイマー!」とご機嫌で帰ってきました。
その前に家の真上を飛んで、「オクサーン!!」と叫んで。。。037.gif

私は声を聞いて外に出たときには既に離れていたんだけど、外で仕事をしていた近所の人が手を振ってくれたそうです。
恥ずかしくもなくそうゆうことができる大人って。。。。 ちょっと羨ましい。


あ、実は私たちスキーなんか買っちゃいました。
去年のモデルで半額だったんでね。 あ~あ、遊び道具ばっかりにお金使っちゃってます。

生まれて初めて自分のスキーを買ったごん兵、さっそく暖炉の前で練習037.gif
b0208620_11351592.jpg


っていうか、またガーナに戻ってしまうので、今シーズンスキーできるかどうかわかんないのに、買っちゃっていいの?って気もしますが、まあ、別に古いモデルでもなんでもいい私たちなので、スキーたちには家のガレージでじっくり休んでいてもらいます。

私も新しいスキー履くなんて、何十年ぶりだ?
今は女性用のブーツなんかあるんでびっくり。私の時代にはなかったし。。
スキーも ”へ?”って思うほど短いしね。 私の歴史博物館(タダの倉庫)にしまってある競技用の板なんて195cmだよ! 
なんか、いまどきのスキーヤーは楽してんじゃないか?とか思っちゃう。くるっくる回っちゃうしね。
あの頃(昔昔)鍛えて蓄えた太ももの筋肉はあの長ーいスキーを乗りこなすためだけだったんじゃないの?とさえ思う。今はもうほぼ脂肪だけど。


と、そんな感じで、ワナカ、満喫してます。(変なまとめ?)


今日のワナカは雨、雨、雨。 057.gif057.gif
寒いです。
でも、暖炉のおかげで家の中は25度! 火のありがたさを実感中。


たまの更新にも関わらず訪問してくれてありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2013-05-05 11:54 | ニュージーランド