タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

逮捕?

昨日、ここに住む奥様知人とまた、マーケットに買い物に行くって話をしましたよね。

で、また同じようにクサい迷路のようなマーケットであれこれそれなりに楽しんできたんですけども、、、、。

実は、その後非常に不愉快な事がありました。

知人が運転する車でいつもの道を走っていたら、道の角で交通整理の制服を着たオッサンが

「こっち、こっち〜!こっち行け〜!」   

と、いつも行くまっすぐ道には行くな。こっちに曲がれと一方通行の道に曲がれと言う。

止められてそっちに行けと、それも一丁前に制服着て帽子なんかかぶった人に言われれば、そりゃ従うよね?

私も知人も、「こっち一方通行だよねー。あっちの道何かあって通行止めになってんのかなー」と呑気に言いながら
言われた通りに走って行って、メインの道にでた途端。。。。

。。。。。

あ〜、私たちうっかり忘れてました。ここが一般常識やマナーのレベルが完全にずれているガーナだってことを。。。。。

メインの道でそれこそ待っていました!とばかりに待ち構えていた3人のおじさん、、、嫌、オヤジと呼ぼう。

さっき、「あっち行け」と行ったオヤジと同じ制服着たオヤジたちが、どどーっと近寄ってきて車を止めろと叫んでるんです。

あ〜〜っ!完全にハメられた!!!

オヤジたちはもう何故か頭に血が上っていて、交通違反だ!と叫び車から降りろと言う。

オヤジたちは運転していた知人にそれはそれはたまげるほどの勢いで叫んで、交通違反は ”逮捕” だ! とまで言ってるし。
私はその興奮してるオヤジの腕をつかんで

「オッサンよ(とは言わなかったけど)、何故そんなに興奮して叫ぶ?私たちは普通に話せば聞こえるし、大人だからもっと落ちついて話そうぜ。そこまで怒鳴る必要がどこにある?」

と言ってやった。
すると、オヤジは「これが俺たちガーナ人の会話の仕方なんだ!!!!文句あるか!」 と真っ赤になって叫んだので、

「いや、それは違う。あなたはもっと落ちついて話せるはず。ほれ、深呼吸をしてみろ」 と言ったら、ちょいと恥ずかしくなったようで、

「わかった、わかった」 とちょっと落ち着き、「オフィスのコマンダー(司令官か?)のところへ行くぞ」と司令官とやらの部屋に連れらていきました。  


実は、こんなのは本当によくある出来事。
オブローニを狙って、金を踏んだ来るのが目的。
ここに住むオブローニのほとんどの人が同じような経験をしてて、よ〜〜〜〜〜く聞く話。

一方通行を逆走したのは私たちが悪い。
だけど、それは私たちたちは承知していたのに警備員に誘導されたから。

私たちを誘導したオヤジと、メインの道で待ち構えていたオヤジは確実に ”仲間”。
携帯電話で、「今、オブローニをそっちに送ったよ〜」 と通達したんだろうな。
だって、待ってたもん。それも3人も。

で、私たちがどんなに説明したって、所詮オブローニの言うことなんて信用しないし、ここで金を踏んだ来るのが目的だから、攻撃的な口調と身体のデカさを精一杯主張してなんとか ”勝とう”とするガーナ人。


さあ、この後私たちはどうなったでしょう?

続きは明日。


人気ブログランキングへ
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2014-02-01 01:01 | ガーナ出来事