タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

ガーナの民芸品

昨日のお昼からインターネットが使えなかったんですが、やっと復旧した模様。(今午後2時)



さて、私たちは5月中旬に3週間ちょっと日本に帰ります。
ニュージーランドに帰るか日本に帰るか迷ったんですが、ニュージーランド(クライストチャーチ)は冬に近づいててこの時期雨が多くて寒いので、暖かくなっている日本に決定しました。

ニュージーランドに帰っても住む家がないし・・・。(家を貸し出し中)


で、今回帰るときに持って帰るものがあります。


それはこの方々。
b0208620_2253169.jpg

b0208620_22544811.jpg

みんな仲良く手を取り合って~060.gif  なんてダンスでもしてるんでしょうか?

ところで、この5人の内、女性は一人。  ・・・・ なんでだ??

ちなみにコレは1本の木から彫られていて、この上に皿を置く人たちもいたり、このまま飾っている人もいるようで、前にここのマネージャーの家に行ったら、この倍は軽くあるものの上に木彫りの皿が乗っかってたり、いくつかの小さな物はテーブルの下でガラスのテーブルを頭で支えてました。
基本は頭で物を支える(運ぶ)国だからね・・・。

持ち運ぶときにはこの人たちがぐしゃっと一緒になってまとまるけど、やっぱり大きなものなのでどうやって持って帰るか検討中。


他にもこんなのも買いました。(壁掛け)
b0208620_232122.jpg

これは、男と女・・・・=イコール Love(愛)のお守りなんだそうです。 
ちょっとおっかない顔してるけど・・。

ちなみにどっちが男か女かわかります?
私は言われるまでわからなかった・・・。


それと、もう一個はこの方。
子供を背負って、荷物は頭の上・・。ここでよく見る光景。
b0208620_2352728.jpg

実はこの女性には名前があって、”リタ” と言います。

名付け親はゴン兵。

理由は掃除のおねえちゃんの、リタにそっくりだからだそうで・・・・・。037.gif




と、言うわけで、今回の荷物はこの方々でかなりかさばる予定。


で、日本から帰ってくるときは、出来る限りの食糧(カレー粉とかマヨネーズとか醤油とか、い~ろいろ!)と、あとは学校の子供たちへのお土産でスーツケース満タンで戻ってこようと思います。


ところで、この民芸品ですが、お店に行って買ったのではなく、このキャンプに売りにくる青年から買ったもの。そして、すべて彼のお父さんが彫ってるそうです。

町の観光客相手に高く値段をつけて売ってるものよりも、いい品物のような気がする。安いし。


で、実は私は既に、次のものを発注してあります。

それは  ”キリン”

タンザニアにいる時もに、でーっかいキリンの彫り物が欲しかったんだけど、その後にアメリカ旅行が待っていたので買えずじまいで泣く泣くあきらめました。

こんなのが欲しかった!!!(In タンザニア)
b0208620_23314865.jpg

だけど、どうやって持って帰れと?


まあ、あんな大きなもんは置く場所もないし、持って帰れないので、もっと小さいのを注文。
個人注文だけあって、私の希望(背丈、色、模様)も全部聞き入れてくれて、その青年のお父さんが1ヶ月くらいで彫ってくれることになってます。

しかも ”親子キリン” で~060.gif



読んでくれてありがとう!
よかったらここんとこ押してください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2012-04-24 23:43 | ガーナ出来事