タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

空港にて 

さて、タンザニアのビザ申請に関しては前回説明しましたが、実はパートナーのごん兵さんは1ヵ月半ほど前に一度タンザニアに入国していて、そのときにビザを申請したのでまだ有効だと思っていたらしく私だけ申請した訳です。ところが出国ゲートで彼だけ止められてしまい、もう一度ビザ申請しなければ駄目!と言われてしまいました。あーあ
(ちなみに、ここでは3ヶ月の入国ビザを受け取っても、入国は一回のみらしいです)

その場所から私たちの荷物がグルグル回っているのが見えたので、ごん兵さんは私に先に出て荷物を取るように言い、自分は書類を書きに奥へ戻って行きました。さっきより待っている人が増えている様子でかなり時間がかかりそう。ごん兵さん、かなり不機嫌な模様。

私は自分たちの荷物をまず取ろうと思い、グルグル回る機械(なんていう名前か知らない)の前で荷物が来るのを待っていると、蛍光の黄色いベストを着た空港の職員らしき若者が近寄ってきました。
「あ、来た。気をつけなければ」と瞬時に警戒心いっぱい。ガイドブックの注意事項読みすぎー。

若者は「お前はエメレッツで来たんだよな。だったら荷物はここじゃないよ、あっちだよ」みたいなことを言ってぜんぜん違う方向を指す。

何言ってんだ?私たちの荷物はそこへ見えてるのに・・。

私は自分たちのバックを指差し、「あれは私たちのバック!だからここでいいんだよ」と英語がわかるかどうかわからないけど、一応言ってみる。
第一、荷物の受け取り場所はそこ以外に見当たらない。。。怪しい。

若者はそれでもしつこく「俺はポーターなんだ。ほら、IDもある」みたいなことを言ってきたので、私は
「大丈夫。私にはパートナーがいるから。ほら、あそこに」
とごん兵さんのいる方を指差し、とりあえず自分が一人でないことをアピールし、「ほっといてちょうだい」オーラを目いっぱい出してみた。それでも、まだ彼は何か言ってくる。しつこい。
私はそんな彼を無視し、自分たちの4つの荷物を引っ張り降ろし、ごろごろと移動しました。

若者はあきらめた様子で、今度は違う人に声をかけていました。
もしかしたら実は純粋な親切心で私を助けようをしてくれたのかもしれないけど、着いて間もない私にはそれを見極める余裕はなしでした。ガードのごん兵さんも近くにいないし。

彼を待っている間、空港内を行きかう人間観察をさせていただくことにして、スーツケースの上に座ると、隣にいたアフリカ人らしき女性がじーっと私を見つめていました。
民族衣装のようなドレスを着たその女性の周りには、私たちの10倍はありそうな量の荷物が置いてありました。かなり裕福な家の方かと思われます。
彼女は何度も行ったり来たりしていて、私の前を通る度にじーっと遠慮なしで私を見つめていました。
見かけないアジア人女が一人でこんなに荷物持ってて何しているのかしら・・・。みたいなことを思っていたのかもしれません。

空港内は蒸し暑く私の背中は汗でびっしょり。
そこで待つこと30分。やっとごん兵さんが出てきました。彼も汗びっしょり。
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2010-09-10 18:41 | タンザニア出来事