タンザニアの次はガーナでゴールド掘ってます。


by mikiume-nz-africa

到着

ニュージーランドを出発し、オーストラリア、ドバイを経由しての長旅の末、とうとうアフリカ・タンザニアに到着。

首都のダル・エス・サラームの空港近辺を空から見るとこんな感じ。
b0208620_15353243.jpg


意外にも綺麗な海。あー、これはインド洋なんだなー。
そんな綺麗な海とは対照的な町の様子はまだその時点ではわからず、自分が今からアフリカに降り立とうとしている事実を不思議に感じてしまう。
アフリカの広大な大地の神様にここに来させてもらえたことに感謝し、これからの生活の安全を祈る。(一応礼儀としてね。いつもの儀式)

飛行機を降りるとむわっと熱気が身体を包み、馴染みのない匂いが漂いますます異国に来た感が強くなって行く。

降りた人たちのほぼ9割は現地のアフリカ人と思われる肌の色をした人たちで、アジア人と思われる人は私の他に二人ほど見かけただけ。
まずは狭い通路を経て入国検査を受ける場所に移動し、白衣を着たおじさんにイエローカード(予防接種証明書)を見せる。
(この予防注射に関してはまた後日書きます。)

そしてビザを申請。
この国ではビザはUS$50で観光ビザを申請することができ、それも1枚のシンプルな申請用紙に記載するだけで簡単に取得できます。
記入し終わると、制服をきたおじさんが近寄ってきて、パスポート、申請書、そしてUSドル$100を持っていきました。おじさんの手には既に5冊くらいのパスポートがあり、おじさんは更に他の人からパスポートと申請一式を集め、どさっと目の前のカウンターに持って行き、また他の人たちから集めてカウンターに持っていくということを繰り返していました。
目の前に山積みにされたパスポート、誰でも盗もうと思えば簡単に持っていけてしまう状態・・・。いいのか?
そこで待つこと20分くらい。名前を呼ばれ、「あなたは$100私に渡したかね?」と聞かれたのでそうだと答えると、「あ、そう、じゃ$50のおつりね」と$50とパスポートを無事もらうことができました。簡単・・・・。

さ、ビザも取得できたので出国ゲート(と言っても人が二人立っているだけ)に向かいましょう。

ところが・・・ごん兵さんの勘違いで彼だけ入国できず結局さらに待つ羽目になってしまいます・・・。

つづく
[PR]
by mikiume-nz-africa | 2010-09-10 16:11 | タンザニア出来事